花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
野の花山の花
  • ナガボノワレモコウ

  • クリックすると大きくなります。

    コバナとナガボの区別、実物をみたらわかるかな?と思っていたのですが・・・
    ナガボノワレモコウのほうが存在感がありますか?

    ナガボノワレモコウ

    「花穂の太さが6mmを超えて太長いものはナガボノワレモコウ」ということなので
    花穂について確認してみました。

    サイズを測ってみました。

    特別長くもなく、太くもないような中間的な花穂のサイズをのせてみます。

    クリックすると大きくなります。 クリックすると大きくなります。

    花穂の太さは、おしべを除いた直径といってもよくわからないので
    蕾の部分を測ってみました。個体によっては細いものもありますが、6mmを超えていました。
    長さ2-8cm。

    草丈

    身長160cmの花友さんにスケールになってもらったので、
    一段下の湿地から考えると高いものは草丈180cmくらい。

    クリックすると大きくなります。

    根生葉、小葉は長い楕円形。

    花の終わり頃

    花が終わったものは、花穂の太さは7mmを超えています。

    果実

    果実ができていました。

    拡大

    水色のラインは1mm幅なので、果実の径2mm(翼はのぞく)
    4枚の翼があり、中に1.5×1.8mmの種子が1個入っていました。

    花

    おしべの葯は乾くと暗紫色、花糸は4-5mm。

    花の終わり頃

    花弁の長さ2mmくらい(乾燥状態で)

    他の畦に咲いたもの

    田んぼの畦に咲くものは草丈もひくく小ぶり、花穂の径も蕾の部分で5mmと細いのですが、
    草刈された後に出てきたためだろうと思います。

    今年はコバナノワレモコウを見に行く機会がなく、とりあえずナガボノワレモコウをまとめてみました。

    ---------------------------------------
    ナガホノワレモコウ
    別名  ナガボノシロワレモコウ  ナガボノアカワレモコウ
    分類  バラ科 ワレモコウ属
    分布  北海道~本州(東北・関東)※平凡社の図鑑より
    撮影  山口

    田の畦、休耕田、付近の湿った畑などにはえていました。
    花色は赤も白も出るそうですが、今年は白いものばかりでした。

    クリックすると大きくなります。 まだ熟していないようです。

    クリックすると大きくなります。 托葉


    コバナノワレモコウ
    web拍手 by FC2

    2 Comments

    多摩NTの住人 says..."こんにちは"
    ナガホノワレモコウは知りませんでした。何だかオオイヌタデのような姿ですね。
    2015.12.13 17:15 | URL | #rId1tC1Q [edit]
    panda says..."★多摩さんへ★"
    多摩さん、おはようございます。
    ほんとだ・・・遠くから見たら、オオイヌタデですね ^m^
    2015.12.14 07:39 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2166-03b0d2e2
    該当の記事は見つかりませんでした。