花の日記

 山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録

ミヤマフユイチゴ

ミヤマフユイチゴ

長崎にもミヤマフユイチゴはあるのですが、フユイチゴと混生していることが多く
アイフユとの区別をつけることが出来ずにいました。
高尾山で見たミヤマフユイチゴです。

葉

丸っぽいフユイチゴと比べると、葉の形は卵形~広卵形
葉先はとがり、鋸歯があらいようです。

毛

ガクの外面は目で見ては無毛ですが、拡大した写真では少し短毛がみえますね
内面と縁には短毛がはっきりわかります。
果柄や花序軸にも短毛が生えています。

茎

茎もマクロで写すと少し毛を感じますが、目で見て無毛。

葉裏

葉柄や脈上に短毛が少しはえ、葉面の主脈上にも刺がありました。

ミヤマフユイチゴ

長崎のミヤマフユイチゴと思っているものには、果実があまりつきません。
シマバライチゴみたいに房状についている果実にびっくり ^m^
一つくらいいいよね と、すっぱくないか確認してみたくなるほどです。
味のほうは・・・すっぱくも甘くもなくという感じ。

可愛い

こんなのもありました。

ミヤマフユイチゴ

フユイチゴとくらべると、茎がスーッと伸びてこれがミヤマなんだなと思いました。
他県にいくと、長崎で比べても分からなかったことがわかり、すっきりすることがあります。

-----------------------------------------------------
ミヤマフユイチゴ
分類  バラ科  キイチゴ属
分布  本州(関東以西)~九州

フユイチゴ オオフユイチゴ  ホウロクイチゴ ミヤマフユイチゴ
web拍手 by FC2

Comment

2015.11.27 Fri 15:09  

こちらでもフユイチゴとミヤマフユイチゴは混生していて花で苦労するからもう実の頃はどうでもいいやと思ってしまうヾ(^^;)
ミヤマの方が粒々の数が少ないこともあるかなとも思うけどそんなのばかりじゃないしね。
交雑種のアイノコフユイチゴもあるようで両者の性質のどれか1組でも持っていればアイノコと言ってもいいそうだけどそれもよくわからん(^^;)
以前は見かければ必ず試食していたけどもう普通に見かけるし寒くなる時期だからあまり食欲がわきませんね。

2015.11.28 Sat 00:48  ★平家蟹さんへ★

平家蟹さん。こんばんは
こちらの低山では、ホウロクイチゴとフユイチゴの間をうめるようにオオフユイチゴでいっぱいです。オオフユは果実もよくつくので雑種とは思えないくらい。
少し高い山に行くと、オオフユ→フユ→アイフユ→ミヤマとあるのですが、どれも混生地があります。アイフユと思われるものは、どうも果実のつきが悪いみたいで・・・ミヤマと思っても果実がつかなかったり、どれもアイフユなのかな?と決めることができなかったのです。
最近、もうどうでもいいやと思うようになった頃だったので、高尾のミヤマフユイチゴは新鮮でした。長崎のミヤマの葉は丸っこいです。
イチゴはクサイチゴが一番好きです。
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit

2015.11.29 Sun 16:27  こんにちは

高尾山レポートですね。実は私はまだ見たことがなく、しっかり勉強させていただきました。温泉施設もできたことだし、何とかまた行きたいと思っています。
  • #rId1tC1Q
  • 多摩NTの住人
  • URL
  • Edit

2015.11.30 Mon 00:05  ★多摩さんへ★

多摩さん、こんばんは
急に寒くなって、一気に冬ですね。
高尾山へ登ったときは、まだ暑いくらいでした。ミヤマフユイチゴはけっこう目につきました。花の頃もいいかもしれませんね。近くだと、人の多い高尾山よりもっと他のところを歩かれるのでしょうか? これからも、東京がよいは続くと思いますので、私も多摩さんのところで勉強中です。
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2163-481fc077

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

最近であった花

memoφ(。・・。 )memo

長崎県の絶滅危惧種展 クリックすると大きくなります。
ボタニカルアート展は2月28日まで
絶滅危惧種展、写真展は3月31日まで延長になりました。

コメントありがと!

TBありがと!

ブログ内検索

最近うまく拾ってくれません<(_ _)>

<< Archives >>

お気に入りの散歩道

カテゴリー

参考文献

Panda

Author:Panda
花の分類・内容については
平凡社
 日本の野生植物草本1-3
 日本の野生植物木本1-2
 日本の野生植物シダ 
 日本の帰化植物
日本帰化植物写真図鑑(全農教)
日本のシダ植物図鑑1-8
     (東大出版)
しだの図鑑(保育社)
日本のスゲ(勝山輝男)
カヤツリグサ科入門図鑑(全農教)
イネ科ハンドブック(文一総合)
日本の水草(文一総合)
日本のテンナンショウ(北隆館)
増補改訂新版日本のきのこ(山溪)
検索入門きのこ図鑑(保育社)
長崎県植物誌(中西弘樹)
長崎県植物誌(外山三郎)
長崎県シダ植物誌(松林文作)
対馬の花ⅠⅡ(邑上益朗)
九州の野の花 春夏秋
日本の野菊(山溪)
樹に咲く花1~3(山溪)

Flora of japan
その他
から引用しています

参考にしているサイト
撮れたてドットコム
大阪南部の自然シダ植物
日本のシダ植物
西宮の湿生・水生植物

「虫えい同好会」の掲示板


ブログ中の風景画像は自生地保護のため、一部修正してあります。

あしあと数

2007.12.19 統計開始

リンク


アマゾンさんから本の画像を借用させて頂いていますので、広告を載せています。

只今修行中φ(。・・。 )

まだ駆け出しの植物好きです。間違いも多々あるかと思います。その際はご指摘いただけると幸いです。どうぞよろしくお願い致します。また、個人的なメールも下記より送信してください。

メールフォーム

画像が「not found」になる場合

拡大する画像が 「not found」や「404エラー」の場合。再読み込みしても表示されない場合
http://blog-imgs-42-origin.fc2.com/n/a/n/nannjyamonnjya/IMG_0084.jpgの中の-originを抜いたURLだと表示されることがあります。 ネット上には画像があるのですが…

Top