花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
シダ・コケ
  • オンガタイノデ

  • ツヤナシイノデ × サイゴクイノデ

    クリックすると大きくなります。

    ツヤナシイノデの群生の中に、鱗片が黒いものをみつけました

    ツヤナシじゃないことはわかる。

    ツヤナシイノデではないことはわかります。

    葉柄基部の鱗片

    葉柄の上部まで幅広の鱗片がついているので、片親はツヤナシイノデで、
    相手はサイゴク、アスカ、アイアスカのどれかなんだけど・・・

    最下羽片

    最下羽辺のソーラスが、小羽片の耳片の両側から優先してついているので
    ツヤナシイノデ×サイゴクイノデのオンガタイノデのようです。

    葉面中部

    ソーラスは辺縁よりだし

    拡大

    鱗片の縁に不斉な突起があります。

    オンガタイノデ

    でも、周りを見渡してみると・・・鱗片に濃褐色の縞が入ったものがいっぱい!
    あれも、これも・・・どうなってるんだ?という感じ 
    とりあえず、これはオンガタイノデでどうでしょうか?

    -------------------------------------------------------------
    オンガタイノデ
    分類  オシダ科 イノデ属
    分布  本州(関東以西)~九州
    web拍手 by FC2

    4 Comments

    光田 重幸 says..."はいはい…次行こ?"
     わかってしまえば、それまで。子供のかくれんぼと同じ?
     オンガタイノデやアカメイノデ(ツヤナシ×カタイノデ)は、イノデ類の雑種の中でもっとも初期に記載されたもので、ミツイシイノデ(サイゴク×カタイノデ)とともにイノデの雑種入門御三家です。オンガタイノデはアカメイノデによく似ていますが、上から4枚目の写真にある最下羽片でのソーラスの着き方が決め手。アカメではまったくソーラスがないか、羽片先端部に着くだけです。もちろん葉柄基部の鱗片の縞の色の濃さや、ソーラスがアカメでは中間生である点も違いますが。
     次行こ?
    2015.11.20 18:46 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda says..."★みっちゃん先生へ★"
    こんばんは、みっちゃん先生。
    オンガタイノデはなんとなくわかったのですが、他の二つは雑種じゃないかもしれないと思ったり、なかなか定まりません。没にしようかと思ったり・・・でも、だめもとでアップしてみます。
    もしかしたら、アカメイノデのヒントを書いて下さったのかな?なんて思いながら、コメントを読ませてもらいました。
    オンガタイノデのお墨付きありがとうございました。
    2015.11.20 21:46 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    こまつな says...""
     pandaちゃん、頑張っていますね。
    私はもう、忘れそうというか、忘れてしまっているかも。
    もう一度勉強させて下さい。今の季節でも葉が綺麗なんですね。雪が降るまでなら常緑、冬緑性なら成長した姿が観察できそうで、機会があれば行きたいです。でも今年はさすがにおわりかな。所で、すみれの返り咲きとかも見ました?
    2015.11.20 22:37 | URL | #YPF4kFnU [edit]
    panda says..."★こまさんへ★"
    こまさん、こんばんは。
    性懲りも無く6号から登って、日影沢に下りてきました。こまさん、来年一緒に行こう、もっと奥のほうに面白いところがあるみたい。夏緑性のシダを今度は見てみたいんだ。
    高尾ってイノデの種類も多いけど、雑種もたくさん出来るのね。長崎もイノデは4種類くらいあるけど、まだ雑種だ!と思うものに出会いません。わからないだけかもしれない。長崎のも、この冬に確認してみるね。
    2015.11.20 23:08 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2159-6f5e7944
    該当の記事は見つかりませんでした。