花の日記

 山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録

タカオイノデ

ツヤナシイノデ×アイアスカイノデ

クリックすると大きくなります。

6月の雨上がりに、イノデに似ているのに葉柄基部の鱗片に縞が入っていたので
雑種かもとめぼしをつけて、今回はその確認です。

葉先

大きすぎて1枚の写真に納まらないので、部分的に写してきました。
葉先はなだらかに細くなります。

葉柄基部の鱗片

これが6月に写した鱗片です。

拡大

鱗片は披針形で褐色の縞模様が入り、ほとんど全縁。

葉面下部の鱗片

最下羽片付近の鱗片は幅が広く、辺縁は不規則な突起がありました。

細くなる

葉先にいくほど鱗片は狭くなり、最上部では毛状。

ソーラス

ソーラスは中間

拡大

11月になっても包膜が残り、胞子嚢ははじけていません。

ということで、ドリョウイノデではないかと思います。
タカオイノデと教えていただきました。理由は下記のコメントに詳しく書いていただきました。

--------------------------------------------------
タカオイノデ
分類  オシダ科 イノデ属
分布  本州(関東以西)

ツヤナシイノデとアイアスカイノデの雑種と推定される。
web拍手 by FC2

Comment

2015.11.19 Thu 06:02  判定は…タカオイノデ

 結論をいえば、ドウリョウイノデとするには疑問点が多すぎます。アイアスカとツヤナシの雑種のタカオイノデだと思います。
 以下、ドウリョウではおかしいという疑問点です。
 1 鱗片が白っぽすぎます。ドウリョウではイノデの影響を受け、赤褐色を帯びます。ツヤナシやサカゲでは鱗片は白っぽいため、タカオやホクリクでも白っぽいです。
 2 葉柄上部(最下羽片あたり)の鱗片が丸すぎます。上から5枚目の写真に、卵形のものが混じっています。これはドウリョウではありえないでしょう。
 3 葉柄基部の鱗片の縞が明瞭すぎます。ドウリョウでは縞の境界付近が、もっとぼやけるものです。
 4 ソーラスが不稔に終わっている。ドウリョウでは胞子は不定形を交えながら大量に形成されます。ところがタカオやホクリクでは、胞子はほとんど作られず、胞子嚢は弾けないのが普通です。

 写真では葉質や葉色がいま一つはっきりしないことも多いのですが、それ以外の点でドウリョウとするには矛盾が多く、タカオイノデとすると矛盾がなくなります。ソーラスの位置はタカオではやや辺縁寄りのこともあるのですが、ツヤナシが中間生ですから、中間につくこともあります。
  • #UPCNk2uw
  • 光田 重幸
  • URL
  • Edit

2015.11.19 Thu 07:40  ★みっちゃん先生へ★

おはようございます。
夕べは鱗片の色と、葉の色が気になってずいぶん悩んだのですが、アイアスカの鱗片の色が白っぽいし・・・と、妥協してしまいました。確かに周辺にはツヤナシ、アスカ、アイアスカがありましたし、どちらかというとイノデに気がつかなかった。それと、タカオイノデを考えていませんでした。
 みっちゃん先生のコメントどおり、相手をツヤナシと考えると葉の形が広めなのも色が明るいのもしっくりします。そして鱗片が丸いことも胞子嚢が弾けないこともですね。
あと、2つ雑種かな?と思うもがあるので今日のことを参考にして考えてみます。ありがとうございました。
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit

2015.11.19 Thu 08:15  こんにちは

写真展はお疲れ様でした。大成功だったようですね。おめでとうございます。かえで☆さんのところでご尊顔を拝すことができました。
  • #rId1tC1Q
  • 多摩NTの住人
  • URL
  • Edit

2015.11.19 Thu 16:32  ★多摩さんへ★

多摩さん、こんにちは
雨が上がって、スカッと爽やかな一日でした。かえでさんのところで見られてしまいましたか・・・とほほ。こうなれば・・・拍手のページにもう少し美人に写ってますので、そっちも見てください(^◇^;;
今日は間違っていたけれど、高尾に登って、タカオイノデに出会えてうれしかったです。
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2158-b13d5a29

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

最近であった花

memoφ(。・・。 )memo

リュウキュウイチゴを食べた!
美味しかった
リュウキュウイチゴとリュウキュウバライチゴを食べ比べ、どちらが美味しいか?好みは2分されそうなくらい甲乙つけがたかった・・・

コメントありがと!

TBありがと!

ブログ内検索

最近うまく拾ってくれません<(_ _)>

<< Archives >>

お気に入りの散歩道

カテゴリー

参考文献

Panda

Author:Panda
花の分類・内容については
平凡社
 日本の野生植物草本1-3
 日本の野生植物木本1-2
 日本の野生植物シダ 
 日本の帰化植物
日本帰化植物写真図鑑(全農教)
日本のシダ植物図鑑1-8
     (東大出版)
しだの図鑑(保育社)
日本のスゲ(勝山輝男)
カヤツリグサ科入門図鑑(全農教)
イネ科ハンドブック(文一総合)
日本の水草(文一総合)
日本のテンナンショウ(北隆館)
増補改訂新版日本のきのこ(山溪)
検索入門きのこ図鑑(保育社)
長崎県植物誌(中西弘樹)
長崎県植物誌(外山三郎)
長崎県シダ植物誌(松林文作)
対馬の花ⅠⅡ(邑上益朗)
九州の野の花 春夏秋
日本の野菊(山溪)
樹に咲く花1~3(山溪)

Flora of japan
その他
から引用しています

参考にしているサイト
撮れたてドットコム
大阪南部の自然シダ植物
日本のシダ植物
西宮の湿生・水生植物

「虫えい同好会」の掲示板


ブログ中の風景画像は自生地保護のため、一部修正してあります。

あしあと数

2007.12.19 統計開始

リンク


アマゾンさんから本の画像を借用させて頂いていますので、広告を載せています。

只今修行中φ(。・・。 )

まだ駆け出しの植物好きです。間違いも多々あるかと思います。その際はご指摘いただけると幸いです。どうぞよろしくお願い致します。また、個人的なメールも下記より送信してください。

メールフォーム

画像が「not found」になる場合

拡大する画像が 「not found」や「404エラー」の場合。再読み込みしても表示されない場合
http://blog-imgs-42-origin.fc2.com/n/a/n/nannjyamonnjya/IMG_0084.jpgの中の-originを抜いたURLだと表示されることがあります。 ネット上には画像があるのですが…

Top