花の日記

 山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録

オヒシバ

オヒシバ

畑の草取りシリーズ見わけ第二弾はオヒシバ

花序

メヒシバ、コメヒシバなどと、名前は似ているけれど属が違いオヒシバ属。
小穂の形が違うからわかりやすい。

小穂

小穂を含めた幅は4mmくらい、小穂には4-5個の小花がある。

茎葉

葉は線形でやや内折、まばらに長毛がはえている。

葉舌

株立ちしたものがありました。

オヒシバ

花序は2-6個、掌状。

こまつなさんのところに、よく似たものにタツノツメガヤがありました。
沖縄小笠原に帰化しているということで、こちらのほうでもまれにあるらしく
いつか、出会ってみたいものです。

---------------------------------------------------
オヒシバ
分類  イネ科 オヒシバ属 
分布  本州~沖縄
web拍手 by FC2

Comment

2015.11.08 Sun 09:12  

オヒシバもメヒシバもいたる所で普通に見られるから撮ったことは一度もないな、
一度くらいはと思って過去の記録を見てもやはり一度も撮ってなかった(^^;)
分かりにくいイネ科の中では比較的分かりやすいと思ったけどよく似たタツノツメガヤなんてのがあるんですか
だからイネ科はきれ~だヾ(^^;)

小さい頃オヒシバを使って遊んだ記憶があリます。
小穂を結んで引っ張り合ってどちらが切れずに残るか勝負したような
pandaさんはそのような遊びはどうでしたか。

2015.11.08 Sun 15:00  こいも、救荒植物?

 救荒植物について昔いろいろ調べていたら、スズメノヤリと並んでオヒシバも出ていたように思います。たしかに乾燥に強く、あるところにはたくさんありますね。何より栽培植物のシコクビエ(四石稗)がオヒシバからできたといわれるくらいですから、まずいものではないのでしょう。
 チカラシバと並んで、抜きにくい雑草の代表格。近年ではチカラシバを畑で見ることはまれで、うちの畑ではやっかいな雑草の代表格です。
 来年はシコクビエを栽培してみようかな。でも穀粒だけ分離するのが面倒らしく、情報を集めてから決めようとおもいます。シコクビエの粉は。菓子用などに売られているようですし…
  • #UPCNk2uw
  • 光田 重幸
  • URL
  • Edit

2015.11.08 Sun 18:41  ★平家蟹さんへ★

平家蟹さん、こんばんは。
オヒシバもメヒシバもコメヒシバもわかると思っていたのですが、これが調べてみると思っていたのと違っていたりして、やっぱり一度確認するべきだと思いました。でも、私の場合いい雑草か、てこずる雑草かその辺の区別がつけばいいかなと。イネ科じゃなくても似たのはあるから嫌わないで~ヾ(^^;)

オヒシバを使って遊ぶのですか?うーん、スミレやカタバミでは引っ張り合ってどちらが切れずに残るか勝負しました。それと、いろんなものを食べましたね、ツルソバとかも。
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit

2015.11.08 Sun 19:00  ★みっちゃん先生へ★

こんばんは。シコクビエが食べられると図鑑に書いてあったので、頴果はどのくらいの大きさなのだろうと気になっています。アワくらいかな?そしてシナモンの味がするとか・・・これは粉にして皮を作り、あんこを巻いたら、おたべみたいで美味しいかもと思いました。
でも、栽培するところから始めようとするみっちゃん先生は、やはり畑の達人なのですね。私の場合だと、粉を買ってみようかな?くらいで・・・
オヒシバは小穂から勝手に種がこぼれていましたが、シコクビエは分離するのが面倒なのですか?やはり、作物なのですね。

チカラシバは現在我が畑には侵入していませんので、頑張って除草します。
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit

2015.11.09 Mon 11:51  オヒシバはわかります!

イネ科はいつも難しくて歯が立ちませんが、オヒシバはわかります!
でもこの画像はおとなしいオヒシバですね。
今のところ、私の庭にはあまり侵入していませんが、すぐ前のあぜ道には横綱級の強者も生えていつも警戒状態です。
もっと株立ちが多く地面に倒れ、葉も濃い緑色でたくましく、抜去困難。
雨上がりに、倒れている茎も全部掌中に収めてから、一気に抜くのがこつ。
でももう腰痛でそれもできなくなりました。

2015.11.09 Mon 23:46  ★夕菅さんへ★

夕菅さん、こんばんは。
オヒシバはわかりやすいと分かった私です。これも一回調べてみないと漠然としていていますから、これでシコクビエとタツノツメガヤは見わけられそうですよね。

オヒシバはいつも抜いているので弱々しいのだと思います。でもコメヒシバは伸びすぎないように適当に刈られながら最後までヒメノボタンと共存させています。だから、コメヒシバがいっぱい。一昨年はニワホコリがいっぱいだった・・・何時入れ替わったのだろう?

私も草とりをしていると、腰が痛くなります。固まってしまうんです (┯_┯)ああ、こんな話になるのがやるせない・・・^m^
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2153-b43a3048

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

最近であった花

memoφ(。・・。 )memo

春のムクノキ 雄花
ムクノキの雄花を確認・・・

コメントありがと!

TBありがと!

ブログ内検索

最近うまく拾ってくれません<(_ _)>

<< Archives >>

お気に入りの散歩道

カテゴリー

参考文献

Panda

Author:Panda
花の分類・内容については
平凡社
 日本の野生植物草本1-3
 日本の野生植物木本1-2
 日本の野生植物シダ 
 日本の帰化植物
日本帰化植物写真図鑑(全農教)
日本のシダ植物図鑑1-8
     (東大出版)
しだの図鑑(保育社)
日本のスゲ(勝山輝男)
カヤツリグサ科入門図鑑(全農教)
イネ科ハンドブック(文一総合)
日本の水草(文一総合)
日本のテンナンショウ(北隆館)
増補改訂新版日本のきのこ(山溪)
検索入門きのこ図鑑(保育社)
長崎県植物誌(中西弘樹)
長崎県植物誌(外山三郎)
長崎県シダ植物誌(松林文作)
対馬の花ⅠⅡ(邑上益朗)
九州の野の花 春夏秋
日本の野菊(山溪)
樹に咲く花1~3(山溪)

Flora of japan
その他
から引用しています

参考にしているサイト
撮れたてドットコム
大阪南部の自然シダ植物
日本のシダ植物
西宮の湿生・水生植物

「虫えい同好会」の掲示板


ブログ中の風景画像は自生地保護のため、一部修正してあります。

あしあと数

2007.12.19 統計開始

リンク


アマゾンさんから本の画像を借用させて頂いていますので、広告を載せています。

只今修行中φ(。・・。 )

まだ駆け出しの植物好きです。間違いも多々あるかと思います。その際はご指摘いただけると幸いです。どうぞよろしくお願い致します。また、個人的なメールも下記より送信してください。

メールフォーム

画像が「not found」になる場合

拡大する画像が 「not found」や「404エラー」の場合。再読み込みしても表示されない場合
http://blog-imgs-42-origin.fc2.com/n/a/n/nannjyamonnjya/IMG_0084.jpgの中の-originを抜いたURLだと表示されることがあります。 ネット上には画像があるのですが…

Top