花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
…イネ科イグサ科
  • ササガヤ

  • ササガヤ

    畑の草取りシリーズ見わけ第一弾はササガヤ

    総

    小穂に長い芒があり、ゆるく付いています。
    花序は開出して、総は3-6個。

    小穂

    長柄小穂と短柄小穂が対になって節についているのが特徴。
    図鑑では小穂の基部に短い毛束があることになっているけれど、見当たらない。

    葉

    葉身は短く、基部が一番広くなってます。
    節に毛はなく、葉鞘の口部に長毛と短い葉耳。

    クリックすると大きくなります。

    ずるずると引っ張り出した姿。

    基部

    基部は節から発根して這い、枝を分けています。

    クリックすると大きくなります。

    全体としては密集して、メヒシバやコメヒシバにも似ているけれど
    それより華奢でやさしい感じがします。葉も小さくて可愛い。

    名前の由来は葉が笹の葉に似ていることから。
    (ササの葉に似たササクサってひっつき虫と、名前を取り違えないようにしなくちゃ)

    ---------------------------------------------------
    ササガヤ
    分類  イネ科  アシボソ属
    分布  北海道~九州


    ※分類体系は平凡社「日本の野生植物Ⅰ-Ⅲ」に従っています。
     現在は ミヤマササガヤ属
    web拍手 by FC2

    2 Comments

    平家蟹 says...""
    多分見てる、ササクサは間違いなく見てる撮ってもいる、でもアップしたことはない(^^;)
    イネ科は蕊が出てないと撮る気がしないんだよね
    それ以前に名前が分からないことが多いけどさ(^^;)
    2015.11.06 09:11 | URL | #VD0bvtlU [edit]
    panda says..."★平家蟹さんへ★"
    平家蟹さん、おはようございます。
    私もイネ科カヤツリグサ科は同じように見えて敬遠していたのですが、そろそろ二つあわせて200種くらいになろうとしています。ここまでがまんすると、なんとなく「あの科じゃないかな?」と予想がつくようになってきました。それと、私もイネ科の花は特に好き。でも花では同定できなくて果実が必要なことが多いのです。そうなると、花期のカヤツリさんたちは、果期と全然ベツモノにみえたりして笑ってしまいます。
    平家蟹さん、スミレもキクも攻略したみたいだから、一緒にカヤツリさん達しましょう? 絶対キノコよりわかりやすいと思います。なんて口説いています^m^ キノコなんて一人じゃできないし・・・水草も難しそう・・・
    でも、なにより間違っているとき教えてもらえることが一番のやりがいかもしれません。<(_ _)> イネ科カヤツリグサ科をすると植物の世界が3割くらい広がるかも。やろうやろう、と言ってもそろそろシーズンオフです。
    2015.11.06 09:21 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2152-1156f43f
    該当の記事は見つかりませんでした。