花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
…イネ科イグサ科
  • ハイヌメリ ヌメリグサ 

  • ハイヌメリ

    図鑑を読むと、ハイヌメリとヌメリグサは中間型が多いということなので
    出会うたびに、どっちかな?と悩んでいました。

    花序

    これは花序の長さが4cm前後で幅4mmくらい。

    毛

    小穂には毛があるタイプと無毛のタイプがあるようです。

    小穂

    小穂の長さは約3mm、第1苞穎は小さく、第2苞穎は基部がふくれて

    基部

    茎の基部は分岐して横に這い、各節から発根していました。

    節

    葉は厚いけれど柔らかく、線形。

    ハイヌメリ

    花序は緑色なので、ハイヌメリとしてもよいと思いました。


    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
    ヌメリグサ

    何かわからず撮ってきたのですが、検索表をたどるとヌメリグサでした。
    今まで見たハイヌメリと比べると、花序は長く太く紫色を帯び、茎も太くしっかりしています。

    花序

    花序は長さ6cm~、幅5mm前後

    小穂

    小穂は長卵形で約3mm、第1苞穎は小さく、第2苞穎は小穂と同じ長さで毛がはえています。

    小穂

    ハイヌメリより、小穂が丸いようです。

    節

    葉鞘や節は、ハリヌメリと同じく無毛。

    茎の基部

    ヌメリグサは茎は這わずに直立するのですが、ここでは基部が1節這い立ち上がっていました。

    ヌメリグサ

    葉を揉むとぬめりがでるから「ヌメリグサ」なのですが、揉んでもよくわかりませんでした。
    ハイヌメリはよく見かけるのですが、これがヌメリグサとしてもいいものでしょうか。

    マツモムシさんからのコメントより
    「ヌメリグサは休耕田での生育条件が良いと、ハイヌメリに較べてかなり大きな草体となります。最後の姿はそのような条件に近いもので、最後から2番目の画像は元の基点から新たに出たシュートの節から発根したものです。ヌメリグサの場合、茎が分岐するのは、常に一つの基点から始まりますが、ハイヌメリは節が根を下ろした場所が、次の新たな基点となります。」と教えていただきました。写真をみながら、なるほどと納得 v(^^*) いつも、ありがとうございます。

    -----------------------------------------------
    ハイヌメリ
    分類  イネ科  ヌメリグサ属
    分布  本州~沖縄

    ヌメリグサ
    分類  イネ科  ヌメリグサ属
    分布  本州~沖縄

    ハイヌメリの変種
    web拍手 by FC2

    5 Comments

    多摩NTの住人 says..."こんにちは"
    同定を頑張っていらっしゃいますね。私も以前ハイヌメリを撮った記憶がありますが、それっきりです。もう一度勉強しなおさなければいけません。
    2015.10.30 08:07 | URL | #rId1tC1Q [edit]
    panda says..."★多摩さんへ★"
    多摩さん、おはようございます。
    イネ科もカヤツリグサ科も行きつ戻りつ何度も同じものを調べては「同じじゃん」と思っているんですが、もしかしたら違うものだったかもと、もう一度調べにいったり・・・始めのころは、なんでもアップできたけど今は半分以上ボツの状況です。でも、詳しい人が見たらザルみたいな目なんだろうなぁ・・・
    そのうち、判るようになるかしら・・・
    2015.10.30 08:16 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    マツモムシ says..."バッチリです"
     ヌメリグサは株立ちして同心円状に広がっていき、晩秋に近づくと赤紫色を帯びることが特徴。一方、ハイヌメリグサ(ハイヌメリ)は好みの場所に匍匐茎を伸ばして広がっていき、小穂はスマート、遅くまで緑色を保ち、小穂が落ちる頃に有花茎はわら色となって枯れていきます。
     例えば用水路脇ではハイヌメリは先ずは水際に帯状に領地を広げていきますが、ヌメリグサはあくまで株立ちで点在しています。株立ちのまま生育するヌメリグサは、休耕田での生育条件が良いと、ハイヌメリに較べてかなり大きな草体となります。最後の姿はそのような条件に近いもので、最後から2番目の画像は元の基点から新たに出たシュートの節から発根したものです。ヌメリグサの場合、茎が分岐するのは、常に一つの基点から始まりますが、ハイヌメリは節が根を下ろした場所が、次の新たな基点となります。
    2015.10.31 02:57 | URL | #OrGwuqHU [edit]
    マツモムシ says..."続き"
     先述の理由から、頻繁に撹乱を受け、かつ水分条件も人為的に変化する水田ではハイヌメリに有利であり、ヌメリグサは生き辛く、休耕田で見る機会が断然多くなります。ここからは妄想ですが、ヌメリグサは高茎草本が侵入してくるとなすすべもなく消えていきますが、これは氾濫原で年1回程度の氾濫による撹乱に適応したもので、ハイヌメリは度重なる氾濫に適応したタイプではないかと考えています。降雨があれば水をかぶるような場所に生育するフサナキリスゲが、ナキリスゲやコゴメスゲ、オオナキリスゲに較べて長い果胞を持つように、ハイヌメリも長くスマートな小穂を持つに至ったのではないかと・・・
     以上、妄想にお付き合い頂き、ありがとうございます。
    2015.10.31 03:20 | URL | #7qQ58teA [edit]
    panda says..."★マツモムシさんへ★"
    マツモムシさん、いつもありがとうございます。
    バッチリですか?よかったです。ハイヌメリをあれこれ考えているときはヌメリグサがうまくつかめませんでした。でも、大株になったものがヌメリグサとわかったので、中間型というのがわかるようになりそうです。それから、マツモムシさんのコメントの一部を本文の中にまとめてみました。

    ハイヌメリの小穂が長いというのは、私も感じました。それでフサナキリスゲがどんな感じなのか検索してみたら珪素鳥さんのページに色っぽいのがありました。ちょっと笑ってしまいました。私も渓流沿いで探してきます。ナキリスゲの仲間はまだ目でみては判別できないので今年はもう一つくらいわかるようになりたいです。
    2015.10.31 10:59 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2148-70fcaeb8
    該当の記事は見つかりませんでした。