花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
キノコ
  • 10月のきのこ

  • キラキラ

    若いうちは雲母のような細かい鱗片がキラキラしているキララタケ
    メルヘンチックで忘れられない名前ですよね

    ベンチの下

    最近晴れが続き乾燥気味なので、ベンチの下で傘を寄せ合っていました。
    図鑑には食べられるけど、アルコールと一緒にはダメなどと書いてあります。

    だんだん黒くなる

    傘の内側はだんだん黒くなり、

    キララタケ

    やがて溶けていきます。

    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
    マツオウジ

    マツの匂いがするマツオウジ、切り株から生えていました。
    白~黄白色のキノコということですが、今日のは白っぽかったです。

    横から見たところ

    柄は褐色のささくれがあり、上部はひだにつづく線があり
    これは、もうかなり古いみたで硬くなっていました。

    マツオウジ

    でも若いマツオウジも少し柔らかいくらいで、しっかりしています。
    木からはずすのに一苦労

    ノコギリ

    ひだはノコギリの歯のようにギザギザです。
    生で食べるのは厳禁で、必ず茹でこぼすなどの下処理が必要なのだそうです。
    見た目も、香りも、手触りもとても美味しそうなキノコです。

    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
    ヌメリイグチ

    ヌメリイグチはこの乾燥の中でも、傘の表面は濡れたようにぬめっていました。
    さすがヌメリイグチ ^m^

    裏

    管孔は淡黄色ですがのち帯褐色黄色となるようで、孔口は小さめ
    マツの木の下に出ていました。これは食べられるキノコのようです、食べてもいいのかな?
    図鑑を見ると似たのが多くて、きちんと同定できるか不安・・・(~_~;A

    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
    ヤマイグチ

    ヤマイグチ、イグチの仲間も種類が多いです。
    美味しいキノコがあるのに、まだまだ見わけることができません。

    柄

    ヤマイグチの柄は白地に灰~黒色の細かい鱗片をつけて

    断面

    切ってもほとんど色は変わりませんでした。
    ヤマイグチは生食は中毒の可能性があると書いてありました。


    さて、今日のキノコはどれも食べられそうなのですが・・・私はどれを食べたでしょう?

    どれがキノコかな?

    ---------------------------------------------------
    キララタケ
    分類  ナヨタケ科 キララタケ属


    マツオウジ
    分類  キカイガラタケ科 マツオウジ属

    針葉樹の切り株、用材、木ち立にでる。
    ※ツバがあるものをツバマツオウジ、高地に多い。

    ヌメリイグチ
    分類  ヌメリイグチ科 ヌメリイグチ属


    ヤマイグチ
    分類  イグチ科 ヤマイグチ属
    web拍手 by FC2

    4 Comments

    マツモムシ says..."ヌメリイグチOK"
     pandaさん、こんばんは。
     マツオウジ、ヌメリイグチ、ヤマイグチ・・・どれも美味しいキノコですね。ヌメリイグチはチチアワタケと似てますが、柄に傘の縁が離れた痕の「輪っか」があるので、そこで区別できます。松に菌輪をつくるのでまとまって収穫できるし、毎年どこかで見かけるキノコでよく頂いています。キララタケはよく見ますが酒飲みなので食べたことがありません。
     それにしてもいろいろ出てきて羨ましい。こちらは乾燥しきってて、キノコの観察会では何も無くて往生していると聞きます。
    2015.10.22 01:00 | URL | #7qQ58teA [edit]
    panda says..."★マツモムシさんへ★"
    マツモムシさん、おはようございます。
    チチアワタケには先に出会いました。乾燥していたのでかさの表面はぬめっていなかったのですが、とてもよく似ています。どこで見わけるのかなぁと未だにわかりません、写真で見ると孔口の形が違うかもと思うのですが、比べてみたわけではないので現物で違いがわかるかなと思っています。そんな感じでヤマイグチもまだ見わけられそうにありません。マツオウジだけはマツの匂いがするのでわかるかも。歯ごたえがありとても美味しいきのこでした。栽培品にこんな歯ごたえは無いですよね。

    ここのところ長崎も乾燥しすぎでキノコはお休み中です。ここも、ほんとは70種類くらい出るところなのに、30種くらい(それも普通種を入れて)でした。雨が降ったらまた観察してみたいです。キノコに憑かれてしまったかもですね。
    2015.10.22 09:06 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    光田 重幸 says..."偶然?"
     美味しいキノコが並んでいますけど、偶然?(いえ、けっして非難というわけではありません)。
     マツオウジは時に苦みがあるものがありますが、私は茹でこぼさずに食べます。中毒する系統があるというのは、昔から無視しています。なったらなったで、考えます。けっこう楽しいキノコですね。朽ちかけた松の切り株などにも生え、見分けやすいキノコです。
     シイタケは現在ツキヨタケ科(ホウライタケ科とも。ツキヨタケ科はホウライタケ科に吸収されるという見解が有力)。マツオウジはヒラタケ科です。昔はシイタケやマツオウジはむしろサルノコシカケ類という見解もあったようですが、DNA分析の結果、そう単純なものではなくなったみたいです。
     キララタケは小さすぎますが、同じ仲間のヒトヨタケは蕾のうちなら歯ごたえもあり、何より味が濃厚です。炒め物にも向きます。ヌメリイグチは、コロコロした幼菌を湯がいて大根おろしと醤油で食べると最高(前にも書きました?)。お楽しみください。
     それにしてもこの異常乾燥、何とかならないかなぁ。こういうときは乾燥の影響をうけにくいハタケシメジなどの地下菌や、厚い腐葉土層から出てくるショウゲンジなどを狙うのですが。畑がカラカラで井戸も干上がり始めました。水やりだけで毎朝二時間近くかかってしまいます。キノコ狩りをする余裕がありません。
    2015.10.22 15:59 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda says..."★みっちゃん先生へ★"
    みっちゃん先生、こんにちは
    美味しいキノコが並んでますか?ここでムラサキヤマドリタケを見つけてキノコの美味しさに目覚めました。もっといろんなキノコが出てくるのですが、乾燥していてさみしい観察会でした。マツオウジは刻んでゆがき捨てました。それでも口触りのよいキノコでした。台所をあずかる主婦としては、やはりみんなの健康管理が第一で・・・^m^ まだ恐る恐る少し食べてみる、もうちょっと食べてみる段階です。
    この中でヌメリイグチは食べてみたいなと思いました。幼菌を湯がいて大根おろしと醤油で食べるのですねφ(・・。)ゞ メモメモ
    水やりだけで毎朝二時間ですか?たくさんの植物が「水くれ~♪」って、あちこちから叫んでいるのでしょう?我が家の庭も水道代が上がってしまいます。
    2015.10.22 17:44 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2145-de5237fc
    該当の記事は見つかりませんでした。