花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
海辺の植物
  • ハマトラノオ

  • ハマトラノオ

    昨年見に行ったときは終わっていたので、今年は3週間早く行きました。
    でも、ずいぶん咲き進んでいて、もう少し早くてもよかったですね。

    植物園で

    これは植物園で8月に咲いてたもの
    ○○トラノオという名がつく植物はいろんな科にあるけれど、
    ハマトラノオはオオバコ科、ルリトラノオ属

    アップで

    おしべが2個、めしべ1個

    ひとつの花

    葯がかわいい

    果実

    果実もかわいい、ハート形

    葉

    葉は鮮やかな緑色で、光沢があり、ツバキの葉のようにかたい。

    小さな芽

    でも、小さな葉には毛がはえている。

    一面に・・・

    ハマトラノオは南方系の植物ですが、この島には自然がいっぱいで群生していました。
    花が見やすいように、歩きやすいようにと下草が刈られていて
    この島の人たちに、大切に守られているようです。

    ---------------------------------------------------
    ハマトラノオ
    分類   ゴマノハグサ科  ルリトラノオ属
    分布   九州南部~沖縄


    ※分類体系は平凡社「日本の野生植物Ⅰ-Ⅲ」に従っています。
       現在はオオバコ科 ルリトラノオ属
    web拍手 by FC2

    2 Comments

    平家蟹 says...""
    浜にもトラがいるのか、しかもオオバコ科なのね。
    これをオオバコ科と言われると違和感を感じるけど同じオオバコ科に移動したオオイヌノフグリに似てないこともないと思うと納得。
    APG分類は見かけだけでは断定できないけどやはり素人にとっては見かけが大事(笑)
    雄しべの葯は私的には矢尻型だな。
    2015.10.06 09:48 | URL | #VD0bvtlU [edit]
    panda says..."★平家蟹さんへ★"
    平家蟹さん、こんばんは
    浜にもトラがいましたよ。
    それにしても、オオバコ科って不思議ですね。昔のゴマノハグサ科が一番わかりにくいです。平家蟹さんがいうように、イヌノフグリの仲間と果実の形が似ているので一緒かと思うけれど、オオバコもあんな形なんだろうか?オオバコはまだ手をつけていないから、果実の観察してみようかな^m^

    雄しべの矢尻型は、適切な表現だと思いますm(_ _;)m
    2015.10.07 00:18 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2139-eb92b765
    該当の記事は見つかりませんでした。