花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
…カヤツリグサ科
  • イトテンツキ

  • イトテンツキ

    前回のイトハナビテンツキの近くにはえていました。

    小穂か黒い

    イトハナビテンツキに似ているのですが、花序に枝がないのでイトテンツキかしら?

    全体

    イトハナビテンツキより小さく、数もイトハナビテンツキほど多くはありませんでした。

    そう果

    花被はなく、そう果の表面には横皺があります。

    小穂

    鱗片は反曲せず濃渇色、芒なし。

    根

    下部の葉には縁毛ありました。イトテンツキでいいでしょうか?

    串だんご?

    花序がショボい串団子のように段重ね・・・こんな感じかな。


    -----------------------------------------------------
    イトテンツキ
    別名  クロハタガヤ
    分類  カヤツリグサ科 ハタガヤ属
    分布  本州(福島以西)~沖縄
    撮影地 熊本

    イトハナビテンツキの変種
    web拍手 by FC2

    6 Comments

    光田 重幸 says..."串団子"
     「ショボい串団子」というのは、頭状花序が串団子のようになるのです。タマコウガイゼキショウのように。でも、ここまで花穂が頭花状に集まるのでしたら、イトテンツキの可能性がたかいといえそうですね。
     機会があれば、串団子状になるものがないかどうか、探してみてください。
     農作業の手伝いに、3日ほど実家に帰ります。
    2015.08.27 03:01 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda says..."★みっちゃん先生へ★"
    おはようございます。
    しょぼい串だんごは、もっと小穂の数が多いのですね。元画像を拡大して小穂の数を確認してみたのですが、20本のうち2つが10、3つが6、一つが4でした。それと、1本枝の出ているものがありましたから、中間型とも考えられるのでしょうか。
    それから、イトハナビテンツキの中にも、まばらに頭花があつまっているものが混じっていました。それと、イトハナビテンツキもここのは1-3個しか小穂が出ていないので、やせ地なのだと思います。またどこかで出会えるといいなと思います。
    農作業のお手伝い、日中はまだ暑いので大変ですね。行ってらっしゃ~い
    2015.08.27 07:44 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    多摩NTの住人 says..."こんにちは"
    カヤツリグサの仲間がどんどん出てきますね。先日、クロテンツキとテンツキの比較で悩んだところでした。
    2015.08.28 08:12 | URL | #rId1tC1Q [edit]
    panda says..."★多摩さんへ★"
    多摩さん、こんばんは
    クロテンツキとテンツキ、去年私もなやみました。今年も悩んでいます。何回も同じことをくりかえしながら、オボエテ・・・マス・・・カシラ?
    違うと思ったのに、今日もイソヤマテンツキとイソテンツキだったし  r(^^;
    頑張りましょうね、多摩さん。よろしくです。
    2015.08.28 22:33 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    マツモムシ says..."ちょっと難解かな"
     イトテンツキはイトハナビテンツキに混じって出てくるので、なかなか紛らわしいですよね。痩果にはほとんど違いがないので、なかなか厄介でもあります。でも、この例の場合は花序の小穂の数が、しょぼいイトハナビテンツキよりも明らかに多いので、イトテンツキの範疇に入るものだと思います。イトテンツキは周囲にあるイトハナビテンツキよりも草丈は低く、有花茎がより密に多数出ている印象を与える点も区別の目安になります。とりあえずは、おめでとうございます!
     こちらではイトハナビテンツキよりも開花結実が2週間程度遅いのですが、これは地域によって開きがあるかもしれません。こちらではイトテンツキは未だ開花期で、まだ結実していませんが、イトハナビテンツキは結実しはじめているものもあります。
     イトテンツキのある場所はかなり自然度の高い場所なので、周囲にはいろいろと面白いものが生えているのでしょうね。差し支えなければ後学のために、どんなものが生えているか教えて頂けたらと思います。ちなみに、こちらでは溶結凝灰岩のハゲ山地帯の粘土質土壌上にトウカイコモウセンゴケ、イシモチソウ、アイナエ、ウシクサ、イガクサ、イトイヌノハナヒゲ、イヌノハナヒゲ、ノテンツキなどとともに生え、周囲の草地ではオオアブラススキ、ウンヌケ、キキョウ、オミナエシ、コガンピなどが見られます。
    2015.09.04 02:53 | URL | #7qQ58teA [edit]
    panda says..."★マツモムシさんへ★"
    マツモムシさん、お忙しいところをありがとうございます。
    イトテンツキの範疇に入っていいですか?また新しく出た「長崎県植物誌2015」を見ると、イトテンツキも長崎にあるの出会えるといいなと思います。

    それから、イトテンツキの環境ですが日当たりのいい峠道で、岩が多くやせています。でも、水はけがよくないのかヒメオトギリやコケオトギリ、スズメノヒエ?ツクシゼリもありました。草地にはヤマジソ、マツムシソウ、ムカゴソウ、ワレモコウ・・・あと2つ、絶滅危惧種を書くと場所が特定されてしまうので自然度は高いと思います。
    2015.09.04 09:14 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2126-b2b52f60
    該当の記事は見つかりませんでした。