花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
…カヤツリグサ科
  • イトハナビテンツキ

  • 糸のようなテンツキ!

    糸のように細いテンツキ・・・そういえば去年会いたくて探したんだった・・・
    もしかして、イトハナビテンツキ? 線香花火みたいかな??

    近づいてみる

    うーん、小さすぎてよくわかりません。

    しょぼい・・・

    とりあえず、連れて帰ろうっと

    全体

    調べてみると、イトハナビテンツキは海岸の砂地や湿地に生育するらしいのですが
    ここは山頂、粘土質で湿り気はあるらしい。
    マツムシソウ、アリノトウグサ、サワヒヨドリ、コケオトギリ、ヒメオトギリなどが咲いていました。

    そう果

    花被なしで柱基が残るからハタガヤ属、花序に枝があるからイトハナビテンツキかな。
    そう果の表面には横皺があります。

    小穂

    鱗片は芒なし

    根

    根茎はなく、茎は直立して平滑。葉は長さ5~10㎝で細く、下部の葉には縁毛ありました。

    ということで、イトハナビテンツキでよさそうですが、
    会いたいな、見たいなと思うときはチョンボするんですよね・・・

    -----------------------------------------------------------
    イトハナビテンツキ
    分類  カヤツリグサ科 ハタガヤ属
    分布  全国
    撮影地 熊本
    web拍手 by FC2

    2 Comments

    光田 重幸 says..."豪華だな~"
     採点完了!(いえ、こちらのことで)
     イトハナビテンツキでも珍品なのに、イトテンツキと同時にアップするなんて…
     とりあえず、イトハナビテンツキは正解。同属のハタガヤと比べて、輝くような渋い光沢(日本語おかしい? でも、探し求めている人には、そう見えるんですよね)。
     このイトハナビテンツキに混在するイトテンツキ型には、要注意です。生育の悪いイトハナビテンツキが、イトテンツキに似ることがあるからです。ほんもののイトテンツキなら、生育の良いものは花序がショボい串団子のように段重ねになります。一段だけなら、決め手に欠けるのです。そのようなものがないかどうか、現場で確認してください。
    2015.08.26 21:58 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda says..."★みっちゃん先生へ★"
    みっちゃん先生、お仕事お疲れさまでした。
    去年イトハナビテンツキを教えていただいて、私もみつけたいと思っていたのでした。すっかり忘れていて、でも、糸みたいに細いと思ったとき思い出しましたよ♪ でも、どこを見たらいいのか忘れていて、少しもって帰りました。輝くような渋い光沢でしょう♪

    イトテンツキは、私もイトハナビテンツキの成長の悪いのかしらと思いました。でも、混ざってはえているわけでなく、その一画は頭花があつまっていました。3つ串に刺さったのをアップしてみますね。でも、1個も2個も3個もありました。
    2015.08.26 22:35 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2125-b1680543
    該当の記事は見つかりませんでした。