花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
シダ・コケ
  • ミドリヒメワラビ

  • クリックすると大きくなります。

    2週間前、これは小羽片が羽軸に直角についてるからミドリヒメワラビかもしれない・・・

    クリックすると大きくなります。

    今日確認に行くと、見つけたときより成長して特徴がわかりやすくなっていました。
    下部の小羽片には短い柄があるし、基部の形はヒメワラビより幅が広い三角形です。

    クリックすると大きくなります。

    ヒメワラビより乾燥してても大丈夫なのかな?
    県道沿いの日当たりのよい林縁に、10mくらいにわたってでていました。

    ソーラス

    「形態的にはミドリヒメワラビとしてよいでしょう」と教えていただいたので
    今日は胞子の確認。

    胞子嚢

    この黒い胞子嚢をピンセットでつまんで、顕微鏡でみるわけでして
    写真では大きく見えるけれど、ルーペで見ても私には見分けられません。
    しかたないので、ぶちっとまとめてガラス板の上でグルグル ^m^

    胞子

    大きさがそろっているので、雑種ではなさそうです。

    鱗片

    新しい葉なので、基部には毛が目立ちますが

    茎

    毛は早落性のようです。もらってきた羽片の色は乾燥して暗緑色になりました。

    ミドリヒメワラビの特徴
    ミドリヒメワラビは検索表では小羽片の柄の長さが強調されることが多いですが、実際には、
    a.小羽片は羽片の軸に直角に近くつくこと。裂片の中肋も、かなり直角に近い角度で立ちあがります。
    b.標本にすると、ヒメワラビは淡緑色なのに対し深緑色になること 
    c.小羽片の基部は広がりますから、全体として長三角形になること 
    という違いがあると教えていただきました。



    じつはこの奥にワルナスビがあったのです。果実ができていないか行くときに発見!
    日ごろの行いがいいから、お土産までみつけたのでしょうか?
    でも、ワルナスビには出会えませんでした、すみません<(_ _)>
    それから、「胞子の形態や鱗片の分析で違いを見つける」のには、まだまだかかりそうです。
    頑張ります 

    ------------------------------------------------------------
    ミドリヒメワラビ
    分類  ヒメシダ科 ヒメシダ属
    分布  東北中部~九州

    よく似たヒメワラビ、長崎のは小羽片に柄があるので紛らわしいです。
    http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/blog-entry-1608.html
    web拍手 by FC2

    6 Comments

    こまつな says...""
    pandaちゃん、こんにちは。
    ミドリヒメワラビ、繊細で綺麗ですね、特徴を載せて下さったのでとても参考になります。
    胞子の写真、綺麗に撮れていますね。私も1個の胞子嚢を取り出す事が上手く出来なくて半分諦めていましたが、こうやってまとめつぶして、数はともかく胞子の様子が分かるだけでもいいね。私も がんばろ~。q(^o^)b
    2015.08.12 14:27 | URL | #YPF4kFnU [edit]
    panda says..."★こまさんへ★"
    こまさん、こんばんは
    刈り取られたあとにはえてきたミドリヒメワラビなので、まだ若くてきれいですね。ちょっと小ぶりだったのも写真にしやすかったのかもしれません。
    胞子嚢を取り出すのはむずかしいですね。私はルーペつきのスタンドに度のつよい老眼鏡(100円ショップの)をかけて作業をしているのですが、それでも見えません。それで、ある程度つまみ上げて水滴の中でぐるぐるかき混ぜて^m^ あとはカバーグラスでつぶしています。つぶし方で胞子が散らばらず数も数えることができます。でも、乾燥した胞子のほうが形や表面などわかりやすいです。胞子を見るのはけっこうしんどいけど、マツモムシさんのお陰で世界はかなり広がったような気がしますよね。
    おやすみなさ~い
    2015.08.13 00:13 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    マツモムシ says..."老眼だと細部は裸眼で"
     日向に出てきているヒメワラビとミドリヒメワラビの区別は厄介ですね。「紛らわしいわいっ!」と叫んでスルーしたくなります。ミドリヒメワラビのほうが日向で出て来がちで、そんな場所では草刈りに遭ったりしていよいよ見るのが面倒になります。日向のものは必ず葉縁が巻くので見難いったらない。
     ところで、私は極度の近眼+老眼なのですが、小さなものを観察するときはルーペで観察する前に、まずメガネを外して裸眼で対象を焦点が合うまで近づけて観察します。ルーペよりも視野も広がり、ルーペが必要ないこともしばしばです。へたな深度合成画像よりも、特徴がよく掴めたりします。勿論、極小の胞子の粒を見ることはできませんが、胞子嚢が不稔かどうか、シダの鱗片の様子、カヤツリグサ科の刺針状花披片の小刺の様子などは解る様になってきました。
    2015.08.14 02:47 | URL | #7qQ58teA [edit]
    panda says..."★マツモムシさんへ★"
    マツモムシさん、おはようございます。
    長崎は今日も爽やかな朝です。でもお昼からは気温が上がりそうです。
    日向に出てきているヒメワラビはミドリヒメに似てきますか?長崎のヒメワラビは深裂すると柄がでてくるのか、大きなものはたいてい柄があります。でも、これは刈られた後に出てきているので小ぶりで、それでも柄があるしなんて思うのですが・・・やっぱり、胞子の形や鱗片に違いを見つけ出したほうがよさそうですね。
    もうしばらくすると、乾燥した胞子も見ることができると思うのでその時に頑張ります。ここはオオフトイへの通り道なのでもう一回見てきますね。

    それから、私は遠視の老眼で今自信を持って見える!といえるのは星空くらいです。でも、もしかしたら若い頃より見える星の数は減っているかも。それで、半径3m以内に私の焦点のあう場所はないみたいなので、めがねをはずしてみている友達が羨ましいです。野外でもめがねのかけかえをしています (┯_┯)悲しい話題・・・
    2015.08.14 08:25 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    ブリ says...""
    pandaさん、おはようございます。
    ワラビよりも繊細なようすの美しいシダがあるのは、
    気づいていたのですが、
    この子なのですね。
    昨日のお散歩でまた見かけました。
    似ている子がいるようですのでわかりませんが、
    小羽片と羽軸の角度が直角に近いので、
    そうだとおもいます。
    少しずつもつれた糸がほどけてくる感じで
    楽しみです。
    まだどっさりもつれていますが^^

    星空、きれいに見えていいですね。
    わたしは最近星が見えなくなって・・。
    「きれいな星空ですね」とこのまえ言われて、
    私が見えてないことに気が付きました。
    空が汚れてきたせいだと思っていた・・・
    オリオンのベルトのヒモまで見えたのになぁ
    2015.08.16 07:36 | URL | #- [edit]
    panda says..."★ブリさんへ★"
    ブリさん、おはようございます。
    夜は寒いくらいの長崎です。ブリさんのところも関西とはいえ涼しいのではないですか?
    ブリさんのところのワラビより繊細な子は誰なのでしょうね。きっと「ヒメ」はついていそうですね ^m^ いえ、まだ私の知らない世界があるので軽々しくお返事してはいけないかも。(ミドリワラビというのもあるみたいで)
    どっさりもつれているって・・・どんなのかなぁ と空想しています。

    いつか星空も見えなくなるときが来るのかなぁ、今楽しんでおかなくちゃならないですね。
    2015.08.16 07:55 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2120-4c037cbd
    該当の記事は見つかりませんでした。