花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
キノコ
  • イグチの仲間1

  • ムラサキヤマドリタケ

    一目見て、「この前頂いたムラサキヤマドリタケだ!」と大よろこび
    網タイツがよく似合う、ステキなキノコです。マツの根元に出ていました。
    もしかして、マツの木ってキノコがでやすいのかな?

    ムラサキヤマドリタケ

    順光で細部まではっきり撮ってみました。
    大きさはこの半分の小さめ、傘が開いたところを見てみたいなぁ
    梅雨時とお彼岸あたりに出るということなので、もう一回狙ってみよう!

    スープ

    紫色がとてもきれいだし、味も舌触りもよかったです。
    野生のキノコではじめて食べた、記念のキノコなのです

    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
    ヤマドリタケモドキ

    ヤマドリタケモドキも美味しいキノコだそうです。
    ヤマドリタケはヨーロッパでは最高級のキノコだそうですが、
    これはモドキで、ヤマドリタケよりモドキだけど、味はAランク。

    上から見たところ

    大きいキノコなので、一つ見つかれば十分楽しめそうです。

    足

    老菌なので網目模様はあまりはっきりしていないですね。
    マツとクヌギの落ち葉が写っていたので、そんな環境にはえていました。

    ヤマドリタケモドキの区別は、変異が大きく私にはまだ少し難しいです。

    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
    キニガイグチ

    美味しそうなパンケーキの色だけど、キニガイグチ
    形のいいものがなくて、雰囲気だけ。

    キニガイグチ

    柄も同じ色でつやがあって、一応食べられるということだけど美味しいのかな?
    ニガイグチとつくけど・・・ r(^^; 苦くないという情報もありました。
    (真偽のほどはわかりません。)

    菌輪

    菌輪を作るほどに大発生していました。

    キニガイグチ

    ひとつ齧ってみました、ほんとに苦くなかったです。

    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
    ミドリニガイグチ

    傘の色は黄色っぽいオリーブ色で、ミドリニガイグチ

    傘

    傘の径は4.5~6cmです。

    柄

    柄は淡黄色、すこし粉をふいたようなかんじで網目は・・・あるのか無いのかという感じ

    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
    キクバナイグチかも

    キクバナイグチかなと思っています。
    ここからは私が図鑑をみながら名前を決めたので、間違えていたらよろしくお願いします。
    大きな木の根元からでていた、ワイン色のイグチの仲間です。

    被膜

    管孔はまだ被膜に覆われた幼菌。柄は暗いワイン色。
    それと、傘の表面はワイン色の大きな鱗片に覆われるとかいてありますが
    まだ幼菌なので、鱗片が小さいのかな。
    キノコは初めてなので、そのへんの変異がよくわかりません。

    大きい!

    キクバナイグチの手の平サイズ、こんなに大きくなるんですね。

    裏

    キズがつくと青くなり、やがてこんな色になります。

    キクバナイグチ


    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
    アワタケ?

    いろいろ迷ったのですが、アワタケの仲間かなと思います。

    裏

    傘はフェルト状で、
    管孔は黄色、管孔は角形で大きめ、触ったところがやや青変しています。

    柄

    柄は淡黄色で網目模様がありませんでした。
    これも、味はAランク・・・はやく見分けられるようになりたいなぁ・・・
    たくさん出ていたのに。

    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
    ヤシャイグチ

    シイ、カシ林に発生する、ヤシャイグチ
    足場の悪い崖地に生えていたので、場所を移して撮影。
    カサの径は3cm前後ととこぶり、足は長く粗い網目もようですこしべたついています。

    裏

    管孔はうすいピンク色でした。

    ムラサキヤマドリタケ

    というわけで、他にも不明のイグチの仲間があったのですが
    もっと勉強してわかるようになりたいと思います。

    ------------------------------------------------
    ムラサキヤマドリタケ
    分類 イグチ科

    傘の色は暗紫色で、しばしば黄色、オリーブ、褐色などの色が混ざる。

    ヤマドリタケモドキ
    分類  イグチ科


    キニガイグチ
    分類  イグチ科

    クリックすると大きくなります。

    けっこう数が多くて、皆さんが持ち寄ったサンプル。なんとなく形がわかります。


    ミドリニガイグチ
    分類  イグチ科

    クリックすると大きくなります。


    キクバナイグチ
    分類  イグチ科


    アワタケの仲間
    分類  イグチ科

    クリックすると大きくなります。 クリックすると大きくなります。

    ヤシャイグチ
    分類  イグチ科
    分布  全国

    クリックすると大きくなります。
    web拍手 by FC2

    4 Comments

    マツモムシ says..."アワタケ属はむつかしい"
     ムラサキヤマドリタケが最初の野生キノコとは・・・そして次はヤマドリタケモドキかな~?高級キノコばっかりですぜ(笑)
     私は最初はヌメリイグチでしたね。中学時代でした。今でも見つけたら食べています。よくまとまって生えているので鉄板キノコです。

     アワタケ属は種類が多くて、見分けは一苦労ですね。
     キクバナイグチは多分合っていると思います。
    2015.08.04 02:10 | URL | #7qQ58teA [edit]
    panda says..."★マツモムシさんへ★"
    実家の裏を垂直に800mほどあがると、イグチの仲間がたくさん生えていました。ヤマイグチみたいなのやヒロハチチタケ、ウスタケもでていましたよ。場所はしっかりマークしたので来年は梅雨の晴れ間にのぞいてみることにします。
    ヌメリイグチの仲間はナメタケみたいなぬめりなのかしら。ムラサキヤマドリタケが美味しかったので、イグチの仲間は食べてみたいのです。でも・・・まだまだ見わけることができません。アワタケのところは「アワタケの仲間」くらいに曖昧に書き直しました。ありがとうございます。
    2015.08.04 08:34 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    光田 重幸 says..."雑感"
     ムラサキヤマドリが最初に食べた野生キノコだと? ゆ、許せん。スシ屋でまずマグロの大トロから食べはじめるようなものではないですか!
     ヌメリイグチやアミタケのごく若いツボミをゆがいて、大根おろしと醤油で食べる。これも絶品ですね。ヌメリイグチとチチアワタケを間違えないようにご注意。
    2015.08.04 22:13 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda says..."★みっちゃん先生へ★"
    お帰りなさい、みっちゃん先生
    ムラサキヤマドリタケを食べて、がぜんイグチの仲間に興味が出てきました。図鑑を開いてみると、イグチの仲間って多いんですね。写真を見ているだけではどれがそうなのかサッパリわかりません。実物と一つ一つ照らし合わせていくのですが、それでも初めて見るものばかりなので自信がありません。チチアワタケは見たことがあるのですが、図鑑でヌメリイグチと比べてみると、ツバがあるところが違うだけでよく似ています。わからないものは食べませんから心配しないでくださいね。
    今のところ、食べるつもりなのはムラサキヤマドリタケだけです。これはみわけられそうなのです。
    2015.08.05 06:48 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2117-8f53056d
    該当の記事は見つかりませんでした。