花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
シダ・コケ
  • イブスキイノモトソウ

  • イブスキイノモトソウ

    大隅半島までくると、リュウキュウイノモトソウがあるのねなんて
    かわいいイノモトソウをながめていると
    これほんとに?リュウキュウ??? 

    変?

    リュウキュウに、こんな葉あったっけ?イブスキかも 
    と、帰ってすぐ調べてみました。

    翼

    羽片の基部が中軸に流れて、中途半端な翼をつくったりしています。
    イノモトソウの小さいのもこんな感じになりそうなどと
    あんまり身近にあるので、イノモトソウについて細部を観察したことがありませんでした。
    今回はちゃんと復習して・・・

    イノモトソウ
    リュウキュウイノモトソウ
    葉は2形 胞子葉の葉柄は葉面と同長くらい~大きい葉では葉面より短い葉は2形 胞子葉の葉柄は葉面よりはるかに長い
    葉柄はわら色、下部は多少暗色葉柄はわら色~帯褐色、下部はやや光沢のある褐色で基部は暗色
    胞子葉の羽片の幅は5mm
    最下の1-2対の側羽片は小羽片を1-2個つける
    羽片は基部が中軸に流れ、中軸最下部を除いて翼になる
    胞子葉の羽片の幅は3-5mm
    側羽片は1-2対。最下の羽片は分岐することもある
    頂羽片は側羽片の倍以上の長さになる
    栄養葉は羽片の幅が1cm
    中軸の翼は顕著となる
    栄養葉は羽片の幅が1-1.5cm(相対的にイノモトソウより広い)
    長さは胞子葉の半分くらい。側羽片は1対のことが多く、分岐することもある


















    クリックすると大きくなります。

    葉柄が短く、羽片は基部が中軸に流れ翼をつくっているところはイノモトソウに似て
    葉柄の色が褐色で頂羽片が長いことろはリュウキュウイノモトソウに似ています。

    ということで、イブスキイノモトソウでよいと教えていただきました。 

    ----------------------------------------------------
    イブスキイノモトソウ
    分類  イノモトソウ科 イノモトソウ属
    分布  鹿児島県 沖縄県
    撮影  鹿児島県

    イノモトソウ×リュウキュウイノモトソウ
    web拍手 by FC2

    2 Comments

    こまつな says..."おめでとう!"
    pandaちゃん、こんにちは。
    bbsの方でも拝見していました。私は大分以前から捜していますが、いまだに見つけられません。沖縄にはほとんどリュウキュウイノモトソウしかなくて、イノモトソウはほんとに少ないです。それで見つかるのは少ないかも知れませんが、今回pandaちゃんのを見せて頂いたのでこれを目安にさせて下さいね。
    2015.07.15 14:41 | URL | #YPF4kFnU [edit]
    panda says..."★こまさんへ★"
    こまさん、こんばんは
    暑かったですね、でも日本の中では暑くないほうみたいなので頑張らなくちゃですね。鹿児島の南部ではリュウキュウイノモトソウも何度か見ましたので、イブスキは沖縄よりできやすいのでしょうね。指宿とつくくらいだものね^m^
    でも、純粋のリュウキュウイノモトソウってあるのかな?と思ったり^m^今回も、他にもイノモトソウに似たものまでありました。どの程度でイブスキと呼んでいいのかな?と、困りました。

    写真を載せてみましょうか?bbsのほうにのせるね。
    2015.07.15 20:20 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2107-1a5039e1
    該当の記事は見つかりませんでした。