花の日記

 山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録

ヒゴクサ エナシヒゴクサ

ヒゴクサ

今年の梅雨はゲリラ的で、小雨ならちょっと散策も楽しいのですが・・・
ストックの中から名前を見つけてみることにしました。
これは6月上旬のヒゴクサ。
ヒメシラスゲはもっと背が低かったし、ヤワラスゲでもないし・・・と
とりあえず撮ってみたスゲ、まだまだ、スゲの道のりは長いです。

小穂

頂小穂は雄性、側小穂は雌性で1-3個ついています。

小穂

細部の写真も撮ったはずなのに、なくしてしまいました。
雌鱗片は淡緑色で鋭頭、果胞より短く、
果胞は嘴が長く、無毛、柱頭は3岐。

根茎

根茎は細長い匐枝を出して、まばらにはえ
基部の鞘は淡色。葉幅2-4mm。

ヒゴクサには小穂に長い柄があり点頭しているけれど
柄がないものを エナシヒゴクサという。

2015/07/05
エナシヒゴクサ

まとめると頭に入るのか、エナシヒゴクサがすぐわかりました。
ヒゴクサと比べて柄が短いだけでなく、雌小穂の長さが短くころっと可愛いです。

柄がない

夕飯の準備に遅れそうでゆっくり写真を撮っている間がなく一株持ち帰り

小穂

各部の検証 ^m^
雌鱗片は淡緑色で鋭頭、果胞より短く、
果胞は嘴は短く、無毛、柱頭は3岐。

果胞

花柱は落ちやすかったので、一部分だけはがして写真にしました。

根茎

根茎は細長い匐枝を出して、まばらにはえ
基部の鞘は淡色。葉色は粉白を帯びず緑色で葉幅2-4mm。

--------------------------------------------------------
ヒゴクサ
分類   カヤツリグサ科 スゲ属 ヒメシラスゲ節
分布   北海道~九州

シイ・カシ帯~ブナ帯の樹林内や草地にはえる。

クリックすると大きくなります。  果胞
クリックすると大きくなります。 包は無鞘

エナシヒゴクサ
分類   カヤツリグサ科 スゲ属 ヒメシラスゲ節
分布   北海道~九州

シイ・カシ帯~ブナ帯の樹林内や草地にはえる。

クリックすると大きくなります。 包は無鞘
web拍手 by FC2

Comment

2015.07.10 Fri 19:59  普通にあるのですか?

 そういえば、エナシヒゴクサがレッドデータブックに載っている都道府県は、鹿児島県と京都府だけ。しかも、両方とも絶滅寸前種。他の都道府県と落差がありすぎるのが気になっています。長崎県にはエナシヒゴクサが普通にあるのでしょうか。
 もっとも、京都府の絶滅寸前種指定は、現在ではすこし割り引いて考える必要があるかもしれません。この十年で、府南部にかなりの個体数があることがわかってきましたから。それは河川の氾濫原で、そこを除くと極めてまれな植物ではあります。
 不思議なことは、氾濫原以外では石灰岩系の植物と一緒に出る傾向が強いこと。他の都道府県ではそういうことを聞きませんから、あまり人に言ったことはありません。長崎では、たとえば石灰岩好きの植物が多い多良岳に出てくるなんてことはありませんか?
  • #UPCNk2uw
  • 光田 重幸
  • URL
  • Edit

2015.07.11 Sat 00:15  ★みっちゃん先生へ★

こんばんは。やっと気温が下がってきました。
エナシヒゴクサが普通にあるのかどうか、私にはまだよくわかりません。たまたまツヤナシイノデとイノデが混生しているところにはえていました。外山先生の「長崎県植物誌」には対馬が記録されています。もしかしたら、少ないのかしら?地質は雲仙市です。ほかにはハグロソウとかミツバツチグリがありました。シダではクマワラビだったかな?オクマワラビだったかな・・・記憶に残っているのはそのくらいです。ちょっと湿った林縁という感じです。間違っていないですよね?ほんもののエナシヒゴクサかしら??とちょっと不安になったりしています。

明日から日曜の夜まで鹿児島です。雨だけど・・・おやすみなさい。
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit

2015.07.12 Sun 20:49  お疲れさまでした

 鹿児島は雨で大変でしたね。でも、今日はましでしたか(暑かったけど)。シダには雨が似合うとはいえ、やっぱり降られるとね…
 エナシヒゴクサ、もちろん合っていますよ。「地質は雲仙市です」には爆笑。麓のほうなら火砕流堆積物、中腹以上なら苦鉄質火山岩でしょうね。挙がっている植物の中でクマワラビだけは石灰質のところに良く出るものですが、それ以外のところにも出るので、なんともいえません。
  • #UPCNk2uw
  • 光田 重幸
  • URL
  • Edit

2015.07.12 Sun 22:33  ★みっちゃん先生へ★

こんばんは、帰って来ました。
鹿児島は一日目台風のような雨風の中の沢歩きで、ブヨにかまれてパンダ顔になりました。息子曰く「若返った?」らしい。でも、本人は顔全体が熱をもっているので笑い事ではありません。それは、それで時間がたてばもとにもどるとして・・・

地質が何なのかわからなかったので、雲仙市と書けばみっちゃん先生にわかると思ったんです。あたりでしたね ^m^ 

  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2106-70ae2d5d

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

最近であった花

memoφ(。・・。 )memo

マルバグミが食べごろです マルバグミ
大きいので、味を楽しめますよ~!でもよく熟したものがおすすめ

コメントありがと!

TBありがと!

ブログ内検索

最近うまく拾ってくれません<(_ _)>

<< Archives >>

お気に入りの散歩道

カテゴリー

参考文献

Panda

Author:Panda
花の分類・内容については
平凡社
 日本の野生植物草本1-3
 日本の野生植物木本1-2
 日本の野生植物シダ 
 日本の帰化植物
日本帰化植物写真図鑑(全農教)
日本のシダ植物図鑑1-8
     (東大出版)
しだの図鑑(保育社)
日本のスゲ(勝山輝男)
カヤツリグサ科入門図鑑(全農教)
イネ科ハンドブック(文一総合)
日本の水草(文一総合)
日本のテンナンショウ(北隆館)
増補改訂新版日本のきのこ(山溪)
検索入門きのこ図鑑(保育社)
長崎県植物誌(中西弘樹)
長崎県植物誌(外山三郎)
長崎県シダ植物誌(松林文作)
対馬の花ⅠⅡ(邑上益朗)
九州の野の花 春夏秋
日本の野菊(山溪)
樹に咲く花1~3(山溪)

Flora of japan
その他
から引用しています

参考にしているサイト
撮れたてドットコム
大阪南部の自然シダ植物
日本のシダ植物
西宮の湿生・水生植物

「虫えい同好会」の掲示板


ブログ中の風景画像は自生地保護のため、一部修正してあります。

あしあと数

2007.12.19 統計開始

リンク


アマゾンさんから本の画像を借用させて頂いていますので、広告を載せています。

只今修行中φ(。・・。 )

まだ駆け出しの植物好きです。間違いも多々あるかと思います。その際はご指摘いただけると幸いです。どうぞよろしくお願い致します。また、個人的なメールも下記より送信してください。

メールフォーム

画像が「not found」になる場合

拡大する画像が 「not found」や「404エラー」の場合。再読み込みしても表示されない場合
http://blog-imgs-42-origin.fc2.com/n/a/n/nannjyamonnjya/IMG_0084.jpgの中の-originを抜いたURLだと表示されることがあります。 ネット上には画像があるのですが…

Top