花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
シダ・コケ
  • アイアスカイノデ

  • アイアスカイノデ

    アイアスカイノデの葉は直立気味で展開し、
    今の葉色は明るいけれど、昨年の葉は濃緑色です。

    鱗片

    葉柄基部の鱗片は濃褐色の縞状で披針形、
    ということで、これがアイアスカイノデ第一候補です。

    葉柄上部

    葉柄上部の鱗片は、 線状披針形で尾状に伸び縁にはまばらに毛状突起があります。

    鱗片

    ピントが甘いのですが、葉柄基部鱗片はほぼ全縁。

    ソーラス

    ソーラスは辺縁寄り

    葉

    葉面にはツヤがあり、小羽片は浅裂~全縁。

    アイアスカイノデ

    すらりと伸びた立ち姿はとてもきれいだと思いました。


    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
    クリックすると大きくなります。

    この日は登山口でサイゴクイノデをみて、渓流沿いにのぼり始めると
    イノデ、カタイノデ、イノデモドキと現れ、中ほどになるとツヤナシイノデ、アイアスカイノデ・・・
    らしきイノデがたくさん!!! 1度目じゃわからないと2度目の挑戦をしたけれど
    ますます混乱・・・これも、アイアスカイノデでしょうか?
    上のアイアスカイノデと比べて、倍くらい葉が叢生しています。

    古い葉と並べて

    光が当たって葉色がわからないので
    古い葉を起こして、展開したばかりの葉と比べてみました。

    葉表

    葉にはツヤがあり、鱗片は上のほうに向けて細くなります。

    葉裏

    これは中軸下部裏面の鱗片。

    ソーラス

    ソーラスは辺縁寄り

    クリックすると大きくなります。

    葉柄基部の鱗片は濃褐色の縞状

    クリックすると大きくなります。 クリックすると大きくなります。
    クリックすると大きくなります。 クリックすると大きくなります。

    葉柄基部~中軸あたりの鱗片の拡大写真です。
    アイアスカは葉柄基部鱗片は披針形でほぼ全縁ですが、辺縁がギザギザしてます。

    クリックすると大きくなります。 昨年のソーラスは弾けていない。
     クリックすると大きくなります。 下部羽片のソーラスのつき方。

    ※2番目のものは、イノデモドキとの雑種ハタジュクイノデかもしれませんね。

    ---------------------------------------------------------
    アイアスカイノデ
    分類  オシダ科 イノデ属
    分布  本州(岩手県以南)~九州

    低山地の疎林の林床や山麓にはえる。

    アイアスカイノデを片親とする雑種に、下記のものがあります。
    アイカタイノデ カタイノデとの雑種。
    ハコネイノデ サイゴクイノデとの雑種。
    ハタジュクイノデ イノデモドキとの雑種。
    ドウリョウイノデ イノデとの雑種。
    スヤマイノデ チャボイノデとの雑種。
    ホクリクイノデ サカゲイノデとの雑種。
    タカオイノデ ツヤナシイノデとの雑種。
    どこかで出会ったときわかるようになりたいです。
    web拍手 by FC2

    15 Comments

    光田 重幸 says..."晴れのち曇り"
     最初のものはもんくなしのアイアスカ。葉に平板感があるし、光沢が強いし、鱗片は細いし、直立気味に葉が展開するし、縞はきれいだし、…。お手本。晴れ。
     二番目のものはたぶんアイアスカだと思いますが、ハタジュクイノデ(アイアスカ×イノデモドキ)の可能性を捨てきれません。古い葉には平板感がないし、ソーラスはアイアスカよりやや辺縁寄りだし、葉柄基部に広めの鱗片が見えるし、中軸下部の鱗片も広めだし、…。曇り。
     でも私がハタジュクを見たのは、もう40年以上昔(それ以来、あまり熱心に探していません)。写真でハタジュクを鑑定することは難しく、中軸下部の鱗片をシャープに大写ししていただかないとお答えに窮します。ハタジュクなら、イノデモドキににて鱗片が細かく裂けるため、辺縁が白っぽく見えます。
    2015.06.25 20:50 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda says..."★みっちゃん先生へ★"
    みっちゃん先生、ありがとうございます。
    1番目のがアイアスカイノデということで、頭の中を整理しました。
    2番目のが雑種なのか、アイアスカの変異の範囲なのかが知りたかったのです。元の画像で古い葉を表から見るとソーラスついている場所に凸が出ています。鱗片についてはもう少しよく写っていないか探してみたのですが、アップしているのが精一杯で、鱗片のモジャモジャ感はモドキほどではありません。イノデモドキの気配を少し感じますが、今回は雑種の可能性があるということでとめておきます。でも、11月にまた行きますのでその時にハタジュクイノデに出会えれば次はわかると思います。ありがとうございました。
    2015.06.25 21:54 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    マツモムシ says..."アイアスカ、ハタジュク"
     pandaさん、こんばんは。
     イノデ類のオンパレードの開始ですね!楽しみです。
     西宮市ではカタイノデ、サカゲイノデが見つかっていないので、どこかにあるはずと藪に潜りこみますがなかなか見つかりません。

     イノデ類がいっぱいの場所で雑種を探すのは楽しいものです。2番目のものは確かにイノデモドキっぽいところがありますね。撮ってきた画像のうちに、ソーラスが耳朶から優先してついているものはありませんでしたか?あれば、それが決め手になると思いますが。
    2015.06.26 23:55 | URL | #7qQ58teA [edit]
    panda says..."★マツモムシさんへ★"
    マツモムシさん、こんばんは。
    イノデモドキのソーラスは耳朶から優先してつくのでしたね。最下羽片にソーラスがついていたので、元画像を見てわかりやすいように印をいれて、最後に写真を追加してみました。耳朶から優先してついているとも言えそうな気もするのですが・・・もっと幅広く写していれば特徴がわかりやすかったと思います。

    カタイノデやアイアスカイノデを見るのは初めてでした。カタイノデは谷沿いの崖に普通にありました。4月に登ったとき、カタイノデに似てるのに葉の展開の時期に差があるので同じものなのか気になっていました。6月にもう一度登るとみんな同じに見えました。2ヶ月で谷の雰囲気は全然違って、前に見たものがどれだったのかさえわからない状況で、やっぱり、地元のイノデで雑種をもう少し勉強してからでないと難しいです。でも、ハタジュクイノデはみわけられそうですよ、ありがとうございます。
    2015.06.27 03:30 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    光田 重幸 says..."ふむう"
     「イノデモドキのソーラスは耳朶から優先してつく」という表現は、微妙です。人によっては、「それは違うよ」というでしょう。この言葉が使われるのは、普通はサイコクイノデに対してです。
     つまり、サイコクイノデでは、各耳朶(耳垂)の羽軸側から優先して着きはじめるのに対して、イノデモドキではこの傾向ははっきりしません。二番目のものについて私が「ハコネイノデではない」と判断したのは、葉面が平板でないことと、このソーラスのつきかたにサイコクの影響が感じられなかったからです。たしかに、もっと幅広く写しておくとよかったですね。
     追加された最後の写真を見て、ハタジュクイノデの可能性が高まりました。鱗片の辺縁がかなり白っぽくみえますから。
    2015.06.27 08:03 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda says..."★みっちゃん先生へ★"
    みっちゃん先生、ありがとうございます。
    イノデモドキとサイコクイノデのソーラスのつき方について、
    イノデモドキ「ソーラスは小羽片の辺縁よりにつき、葉の下部中央から外に向かってつくが、数が少ないときは小羽片の耳片の上端に1個だけつく」
    サイコクイノデ「ソーラスは小羽片の辺縁よりにつき、葉の下部では小羽片の耳片の先端付近の両端にまずつき、葉の下部中央から外に向かってつく」
    図鑑に記述されている内容を読み比べながら、ネット上の画像を比べてみました。サイコクイノデについては「耳片の先端付近の両端にまずつき」はピッタリ当てはまりました。モドキのほうも「数が少ないときは、小羽片の耳片の上端に一個」ついていました。同じようで違うんですね。勉強になりました。

    サイゴクイノデとの雑種を見わけるときのポイントになりますね。
    2015.06.27 16:25 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    多摩NTの住人 says..."こんにちは"
    夏になると、やはりアイスが良いですよね。
    うん、やっぱりアイスが良いで!
    えっ?? お呼びでない? こりゃまた失礼いたしました!!
    アイアスカイノデって、どんな字ですか?
    2015.06.28 19:53 | URL | #rId1tC1Q [edit]
    光田 重幸 says..."なつかしい~"
     多摩NTの住人さんへ

     ♪「帰りに買った福神漬けで ひとりさびしく冷や飯食えば 古い虫歯がまたまたうずく 愚痴は言うまいこぼすまい これが男の生きる道!」
     失礼しました、ついなつかしくて。間飛鳥猪手の意味です。アスカイノデとイノデの中間のように見えるから(ほんとは見えない)。
    2015.06.28 20:48 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda says..."★多摩さんへ★"
    多摩さん、こんばんは
    私もアイアスカって「アイス」を連想しました。でもどこにもアイスなんて書いてないのにね。植木等さんは子どもの頃まねしましたか?ほんとになつかしいですね。多摩さんとは同級生なので、すぐわかりますよ^m^
    2015.06.29 00:06 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    panda says..."★みっちゃん先生へ★"
    みっちゃん先生、こんばんは
    アスカイノデとイノデの中間のように見えるからアイアスカなのですか?私も名前の由来を知りたかったので、ありがとうございます。
    不明のイノデがあるのですが、アスカイノデに似てるかもなんて思ったのですが画像が足りなくて名前を決めることができません。また次回の課題にしようと思います。

    クレージーキャッツはよく見ました。
    2015.06.29 00:18 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    マツモムシ says..."ソーラスの位置"
     あっ、そうでした!ソーラスの付き始める位置がサイゴクとイノデモドキでこんがらがっていました。チャボイノデの特徴を覚えこんだときに、脳内シナプスを誤って切り替えしてしまったみたい。歳は取りたくないもんです・・・
    2015.06.29 00:18 | URL | #7qQ58teA [edit]
    panda says..."★マツモムシさんへ★"
    マツモムシさん、おはようございます。
    マツモムシさんから歳は取りたくないなんていわれると困ってしまいます。
    チャボイノデも高尾にあることになっているので気にかけていたのですが、イノデモドキもたくさんあるし、イノデの小さいのも多いし、みんなひっくり返してソーラスをみるなんて・・・もっとイノデのことがわかるまで待った!状態です。何しろわかりやすいカタイノデでこの数日止まっているのです。
    2015.06.29 08:13 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    panda says..."ハタジュクイノデ"
    偶然、和歌山のOさんから連絡があり、イノデの雑種の見わけ方を教えていただきました。ソーラスの位置や鱗片の色などでイノデの雑種はみわけやすいから頑張ってと励ましてもらいました。
    まず、雑種強勢で親よりも大きかったり、葉の数が多かったりするということです。それとソーラスがもりあがって不稔で固まっていることでめぼしをつけてみてください。ということでした。それで考えるとみっちゃん先生にもコメントしていただいたように、2番目のはハタジュクイノデのような気がしてきました。
    2015.06.29 23:22 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    ☆ほし says..."チャボイノデ"
    ご無沙汰しております。
    本日、高尾山の北方にある山へ行ってきました。ここにはチャボイノデが豊産しており、じっくりと観察できます。高尾山でもチャボイノデは見られますが、個体数は少なく、場所を知らないと見つけられないかもしれません。もし来られることがございましたら、次回は必ずご案内します。
    時間にゆとりがあるようでしたら、P. shimuraeの場所にもご案内しますよ(高尾山ではありませんが)。
    2017.06.02 22:46 | URL | #FEaC.YPY [edit]
    panda says..."☆ほしさんへ☆"
    ほしさん、こんばんは。
    最近は地元のシダも忘れがちです。記憶力がぱったり・・・ある年突然脳の機能が止まった感じです。
    7月から東京暮らしです。お天気のよい週末は山歩きしたいなと思っています。もし、山でばったり出会ったらよろしくお願いします。楽しみにしていますね。
    2017.06.03 02:10 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2103-dee52c89
    該当の記事は見つかりませんでした。