花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
外来植物
  • アメリカオニアザミ

  • ロゼット

    アメリカオニアザミは要注意外来生物ですが、
    九州では見たことがなく、一度みてみたいアザミの一つでした。
    春に東京を歩いたときは、いたるところにロゼットをみかけたのに

    フェンスの中

    すっかり除草されていました。
    これはフェンスの中で手が届かなかったため生き残っていました。
    でも、3日もいればどこかで生き延びたのに出会えそうと思って探すのですが

    全体

    入ることのできないところしか残っていません (ToT)
    「バンザーイ!抜けるものなら抜いてみろ」と、喜んでいるようなアメリカオニアザミ
    茎の高さは0.5-1.5m。これからまだ成長するもよう・・・

    花

    しょうがないので、身を乗り出して写してきました。

    総包

    総包片の先にも鋭い刺があります。

    翼

    茎にも翼があり、全体がトゲだらけ
    ロゼットの時に抜かないと、これではうかつに手がだせないですね。

    イノデの総復習しています(ToT)
    時間が足りなくて、今日はアメリカオニアザミをアップしました。
    あまり調べていないので、間違いがあるかもしれません。

    --------------------------------------------------------
    アメリカオニアザミ
    別名  セイヨウオニアザミ
    分類  キク科 アザミ属
    原産地 ヨーロッパ

    和名にアメリカとついていますが、ヨーロッパ原産で「セイヨウオニアザミ」とも呼ばれる。
    web拍手 by FC2

    14 Comments

    かえで☆ says..."良かったね~★"
    アメリカオニアザミが、pandaさんを
    フェンスの向こうで待っててくれたのね♪
    こんなに待たれちゃ…
    アザミもさぞ嬉しかろう~と思います。
    お孫ちゃんもずっしり重くなったでしょうネ。 
    (*⌒。⌒*)v
    2015.06.23 10:24 | URL | #mn6gys/M [edit]
    こまつな says...""
    お帰りなさい。イノデ、今頃はいい時期だったでしょうね。
    私も復習しなくっちゃぁ。。
    2015.06.23 10:24 | URL | #YPF4kFnU [edit]
    平家蟹 says...""
    繁殖力の強い外来種は一度は見てみたいけど近所に来なくてもいいよと思う(^^;)
    出先で見られればそれに越したことはない、そういう意味では良いチャンスでしたね。
    フェンスの向こうのアメリカか(どこかで聞いたフレーズw)
    もし私だったら周りを見て可能だったらフェンスを飛び越えるかもヾ(^^;)
    (古墳ではたま~~~にやってます(汗)
    2015.06.23 15:41 | URL | #VD0bvtlU [edit]
    ha-chan says...""
    こんばんは^^
    アメリカオニアザミはいたるところで見られますが、
    花が咲くころには茎をへし折られていることも多いです。
    抜き取られないでそのままになっているのですが、花が咲ききらないまま種を付けていることもあり、死んだふりしているみたいです。
    アメリカオニアザミの意地を見た気がしています。
    2015.06.24 00:04 | URL | #f4O6ifVo [edit]
    panda says..."★かえでさんへ★"
    かえでさん、元気ですか?
    アメリカオニアザミは関西でも見たのですが、高速道路通行中だったり、夜だったりとなかなか写真に撮ることができませんでした。このたび、めでたくお会いすることができて満足しました。
    まごっちは重くて重くて、腕も腰も痛くなります。でも可愛いですね^m^
    2015.06.24 00:44 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    panda says..."★こまさんへ★"
    こまさん、こんばんは。
    長崎のイノデは種類が少ないので、あんまり悩んだことがないのです。それに、まだよくわからない頃にまとめているので、もう一回初めからやりなおしです。同じものでも長崎と関東では姿が違うかもしれないから、もう一回まとめてみようかなぁ・・・そうしないと、雑種がみわけられそうにありません (┯_┯)
    春に見た6号路と今の6号路は草木の茂り方が違って、春にはどのイノデを見たんだっけ?とまったくわからない状況にありました。
    こまさんのまとめたの見せてもらってるよ、ありがとう!
    2015.06.24 00:58 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    panda says..."★平家蟹さんへ★"
    平家蟹さん、こんばんは
    アメリカオニアザミは山口まできていますか?関門海峡を渡ってこなくてもいいよ、と言いたくなるくらい繁盛していました。
    フェンスの向こうはアメリカ・・・基地の中には入っていけません^m^

    最近はなかなか散策に行けないので、行きたくてウズウズしています。
    2015.06.24 01:05 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    panda says..."★ha-chanへ★"
    ha-chan、こんばんは
    アメリカオニアザミの意地? ^m^
    花が咲ききらないまま種?自家受粉してるのかなぁ、そりゃ増えるよね。ここのフェンスの中のものが種を飛ばすから減らないのだと思うんだけど・・・どうにかできないものかしら?

    今回も春のロゼットを確認したり、道端の花でも、楽しめましたよ。
    2015.06.24 01:11 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    マツモムシ says..."アメリカオニアザミはヤバイ"
     アメリカオニアザミ、かなりヤバイです。水田の畦なんかに進入すると瞬く間に繁殖します。とにかく繁殖力が強くて、ノアザミの比ではありません。アメリカオニアザミやヒメヒレアザミは里山に進入し次第根際から刈り取っています。開花時期に根際から刈り取るのが最善の策です。植物に罪はありませんが、在来種を守るためには仕方ありません。コバンソウくらいな比較的おとなしいニッチ植物とは訳が違います。
     イネ科のオニウシノケグサも特定外来に指定されていませんが、これがの生える草地も結実前に草刈りするようにしています。
    2015.06.24 05:21 | URL | #7qQ58teA [edit]
    多摩NTの住人 says..."こんにちは"
    アメリカオニアザミはそちらでは見られない花なんですね。当方ではあちこちの道端で見掛けます。花は綺麗ですが、トゲがすごくて抜くのは大変ですね。
    2015.06.24 08:29 | URL | #- [edit]
    panda says..."★マツモムシさんへ★"
    マツモムシさん、おはようございます。
    関西の法面でみたのはヒメヒレアザミだったのかもしれません。近くで見ることができなかったので、アメリカオニアザミと思っていたのですが、見た時期が5月の連休後でした。(花がたくさん咲いていたので、花期が少しはやいのでアメリカじゃないかも?)

    ニッチ植物というのも初めて聞きました。ニッチという言葉、面白いですね。どんな使い方をするのか考えてみました。マメカミツレやニワゼキショウ、オオイヌノフグリみたいな在来種とも空間を共存できるものが、おとなしいニッチ植物なのかしら。
    2015.06.24 08:33 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    panda says..."★多摩さんへ★"
    多摩さん、こんにちは
    私も多摩川周辺ではよく見かけました。ほんとに、花はきれいなんですけどね。道路沿いのは刈られてしまっていましたが、どこかに群生しているところがあるのかしら?大きなアザミなので存在感がありますよね。
    東京で見たかった、ヤセウツボとアメリカオニアザミゲットしました ^m^
    2015.06.24 16:26 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    かえで☆ says..."初見です~☆"
    pandaさん ヾ(^O^*)オハヨウサン♪
    私も初撮りしましたぁ~~♪
    アメリカオニアザミを~get!
    6/28n画像です~d(´▽`*))))⌒☆
    花はとても綺麗~フォルムも良しだわね。
    2015.06.30 08:39 | URL | #mn6gys/M [edit]
    panda says..."★かえでさんへ★"
    かえでさん、こんばんは
    かえでさんのアメリカオニアザミを見てきました。もうあんなに大きくなっているんですね。見違えるようでした ^m^
    もう一つみたいアザミがあるんです、ゴロツキアザミ^m^
    2015.06.30 22:53 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2102-24e45bfd
    該当の記事は見つかりませんでした。