花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
野の花山の花
  • ヤマカシュウ

  • ヤマカシュウ

    今年はヤマカシュウによく出会いました。
    それが、花も実もあるすぐれもの ^m^ 初めて見てからかれこれ8年
    けっこう少ないモノなのか? 地味なので気がつかないのか?

    雄花

    シオデにも似ているけれど、鋭い刺があるのですぐわかります。
    (でも、トゲナシヤマカシュウというのもあるらしい)
    これは雄花。

    雌花

    こちらは雌花

    果実

    干からびているけれど昨年の果実。熟すと黒紫色。

    赤い

    赤い色のものが種子

    花

    巻きひげで伸び上がって

    一年枝

    一年枝の刺はこんなに鋭い

    2年枝

    昨年の枝は硬く、稜があります。

    ヤマカシュウ

    食べられないようトゲトゲになって身を守っているはずなのに
    葉っぱは虫食いだらけ、美味しい葉っぱなのかな?

    日曜まで留守します。まごっちに会いに行きます v(^^*)

    -------------------------------------------------------------
    ヤマカシュウ
    別名  ヤマガシュウ
    分類  ユリ科 シオデ属
    分布  本州~九州

    蛇紋岩地や石灰岩地に多い。
    カシュウはタデ科のツルドクダミのこと。その葉に似ていて山にあるのでヤマカシュウ。
    web拍手 by FC2

    8 Comments

    多摩NTの住人 says..."こんにちは"
    これは見たことがありません。シオデの仲間なんですね。ツルドクダミは先日記事にして「何首烏(カシュウ)」の名前にも触れましたが、ツルドクダミとは無関係なんですね。
    2015.06.19 08:06 | URL | #rId1tC1Q [edit]
    平家蟹 says...""
    そちらでは多いですか、こちらは少ないようで今年初めて見ました。
    昨年教えてもらったけどその時は既に終わり、今年期待していたら
    その方からあの場所のは枯れてしまったと言われてがっかりしていましたが
    諦めきれず行ってみたら咲いていいました\(^o^)/
    秋吉台ではそこを含めて2ヶ所だけみたいだけどどちらも雌株
    でも実が生るようでどこかに雄株があるのかな。
    ヤマガシュウでもヤマカシュウでもどちらでもいいんだ。
    2015.06.19 09:34 | URL | #- [edit]
    マツモムシ says..."虫喰いの葉っぱ"
    pandaさん、こんにちは。
     ヤマカシュウは局所的に沢山あったりしますね。こちらでは緑色岩地に多いです。トゲトゲだけどこの手のものを好む昆虫類は多くて、ルリタテハの幼虫が付いているのをよく見かけます。これにつくハムシは赤くて綺麗なものが多いので、ヤマカシュウやシオデを見つけたらゆっくり観察するようにしています。
     これを読まれる頃は東京でしょうか?シダの観察適期になってきましたね。
    2015.06.19 15:14 | URL | #7qQ58teA [edit]
    panda says..."★多摩さんへ★"
    多摩さん、おはようございます。
    ツルドクダミは長崎も雑草のように繁盛しています。もしかしたらツルドクダミって長崎から野生化したの?と聞いたことがあるけど確かめていないのでよくわかりません。ヤマノイモの仲間にもニガカシュウ、カシュウイモなんてカシュウという名がつくものがあるけれど、葉の形が似てるのかな?
    今八王寺です、
    2015.06.20 06:08 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    光田 重幸 says..."こいもシンクロニシティ"
     えーん、pandaちゃんが東京へ行って八王寺の尼さんになっちゃったよぉ(んなわけあるか。八王子の変換ミスだ、バーロ)。
     お騒がせいたしました。
     先日実家の裏山に登ったとき、私もヤマカシュウを見てきました。葉に優雅な淡い模様があること、刺が細くて枝に直角に出ることで、すぐに見わけられますね。京都では緑色岩地にやや普通にでます。でも地元の人たちには「痛くて抜けない草」として嫌われています。
     実家の裏山は安山岩なのですが、好石灰岩植物がたくさんあります。ナツノハナワラビも胞子を散らしているところでした。裏山の続きには同じく安山岩の採石場である「槙の川」があり、かつてはピンクの砂糖菓子のようなボトリオ石や魚眼石、スコレス沸石の美晶などで全国の鉱物ファンに知られていました。私が高校生のころまでが全盛期で、それを見ながら育ったようなものです。ボトリオ石はカルシウムとホウ素の珪酸塩鉱物ですから、このあたりの安山岩にはけっこうカルシウム分が含まれているのでしょう。
    2015.06.20 18:56 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda says..."★平家蟹さんへ★"
    平家蟹さん、こんばんは
    遅くなってしまいました。
    秋吉台には少ないですか?これも石灰岩質の山でも見かけました。ここでは雄株のほうが多くて、雌株が少なかったです。秋吉台にもきっとどこかに雄株があるのかな、こういうのは雄花のほうが可愛いですよね。
    2015.06.22 01:47 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    panda says..."★マツモムシさんへ★"
    ルリタテハの幼虫は好きです。面白いですよね、トゲトゲ。
    蝶になっても閉じているときは目立たないのによく見ると黒いレースみたいで豪華なんです。それを開いたとき、なんてきれいなのだろうと一目ぼれでした。
    東京では雨ばかりで、高尾はシダ散策ができたのですが一人ではちんぷんかんぷん。今日シダの観察会で要点を聴いてみようを思っていたのですが雨で中止になって、やっぱり一人で仕分けるしかないと覚悟しています。マツモムシさん、見てくださいね。なにしろ、イノデの仲間が混在しているんです。
    2015.06.22 01:57 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    panda says..."★みっちゃん先生へ★"
    みっちゃん先生、ただいまです。
    なれないパソコンで打つと文字の変換が変でしたね ^m^
    あちこち修正しましたが「八王寺」はそのままにしてます ^m^

    ボトリオ石や魚眼石、スコレス沸石を検索して思い出しました。私が小学生の頃「科学」という雑誌を月に一回学校で買っていました。それについてくる付録が楽しみだったんです。いろんな石のときもありました。ずいぶん長い間「宝物」として実家においていたのですが、母が私の娘たちにあげたらしく、それから行方不明です。トラの目のような石もありました。雲母や石英も好きでした。実家の裏は石切り場でその石の中に石英があるのを見つけたときはびっくりしました。友達と小さな水晶を探して遊びました。なつかしいです。
    2015.06.22 02:20 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2101-3ed35b8a
    該当の記事は見つかりませんでした。