花の日記

 山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録

オオクグ

オオクグ

まだまだ名前調べに時間のかかるスゲですが
上の小穂の2-3個は雄性、下に雌小穂がついています。
包は葉身が長く上部のものは無鞘、下方のものは短鞘。

雌小穂

雌小穂の長さは3-6cm。

小穂

雌鱗片は果胞より短く、これは淡褐色。
触るとふわふわしてコルク質。果胞の長さ6-7mm。

そう果

シイナが多いのですが、中にいくつか未熟なそう果ができたものがありました。
三稜形で花柱基部が湾曲しています。

葉幅

葉幅は5-10mm

クリックすると大きくなります。

根茎は這って群生しそうなのですが、アンペライに阻まれて個体数は少なく。
小穂の数も少ないのに、シイナが多くて・・・アンペライを刈ったほうがいいかも。

-------------------------------------------------
オオクグ
分類  カヤツリグサ科 スゲ属 シオクグ節
分布  北海道 本州 九州(北部)

クリックすると大きくなります。 下方のものは短鞘


※似たものにシオクグ、ワンドスゲがあり
シオクグ→葉幅は4mm以下、雌小穂の長さ1-3cm
ワンドスゲ→葉幅が4-6mm、著しい糸網を生じる。
web拍手 by FC2

Comment

2015.06.06 Sat 04:11  オオクグ

 pandaさんへ
 シイナではない果胞を見つけましたね!くねくねと曲がっているのは付属体というよりは花柱基部としたほうが良いかな。でもオオクグからしたらそんなことなど微妙な差で、どうでもいいことなのでしょうが。
 光田先生に案内していただいたビロードスゲは1集団で採集した標本や小穂が全てシイナでした。複数の集団を案内して頂いたのですが、今思うと全ての集団の花序や小穂だけでも採集しておくべきでした。分布域が狭いスゲはなかなか結実しないものが多いのかもしれませんねえ。でもカサスゲやミヤマシラスゲもシイナが多かったりして、一概には言えないのかもしれません。アンペライはこちらでは稀少種ですが、そちらでは雑草のごとく生えているので、多少駆除したほうが、オオクグにとってはいいかもしれませんね。

2015.06.06 Sat 23:41  

pandaちゃん、こんばんは。
 雌小穂が長いですね。こちらもシオクグと同じ様な所に生えているんですか。
  • #YPF4kFnU
  • こまつな
  • URL
  • Edit

2015.06.07 Sun 06:28  ★マツモムシさんへ★

マツモムシさん、おはようございます。
「花柱基部」に書き換えました。ありがとうございます。この部分を何と書いたらいいのかわからずにいました。
ビロードスゲもシイナが多かったですか?どんなそう果なのかしら?と思って検索したら・・・昨日歩いた熊本の湿地に「これはサツマスゲのちいさいのかな」と見過ごしたスゲが・・・サツマスゲは暗い林道にあったことを忘れていていました。みっちゃん先生から「明るい湿地ではビロードスゲが出ることに注意して」とコメントを頂いていたのに、マツモムシさんたちがビロードスゲで盛り上がっていたのに、シンクロニシティになるかもしれなかったのに…注意が足りませんでした。また、来年行くことがあると思うので、その時は必ず・・と思うのですが個体数は少なくてまた出会えるかどうかわかりません。
それで、匐枝があるかどうかで悩んでいたカミカワスゲは確認して匐枝がありませんでした。また植え戻してきました。
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit

2015.06.07 Sun 06:39  ★こまつなさんへ★

こまさん、おはようございます。
シオクグとは違うところに生えていました。シオクグは干潟に群生していますが、これは海につながる淡水の池でテツホシダ、アンペライ、ヒトモトススキ、ウキヤガラ、アンペライなどと混生していました。なんだか沖縄にもありそうな環境ですね。でも分布は九州までになってるから、見つけたらこまさん凄いですよ。
それから、こまさん達と訪ねた湿地はまた姿をかえてユウスゲが咲き始めていました。ツルじゃなかったからね。
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2095-6d22c9d8

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

最近であった花

memoφ(。・・。 )memo

リュウキュウイチゴを食べた!
美味しかった
リュウキュウイチゴとリュウキュウバライチゴを食べ比べ、どちらが美味しいか?好みは2分されそうなくらい甲乙つけがたかった・・・

コメントありがと!

TBありがと!

ブログ内検索

最近うまく拾ってくれません<(_ _)>

<< Archives >>

お気に入りの散歩道

カテゴリー

参考文献

Panda

Author:Panda
花の分類・内容については
平凡社
 日本の野生植物草本1-3
 日本の野生植物木本1-2
 日本の野生植物シダ 
 日本の帰化植物
日本帰化植物写真図鑑(全農教)
日本のシダ植物図鑑1-8
     (東大出版)
しだの図鑑(保育社)
日本のスゲ(勝山輝男)
カヤツリグサ科入門図鑑(全農教)
イネ科ハンドブック(文一総合)
日本の水草(文一総合)
日本のテンナンショウ(北隆館)
増補改訂新版日本のきのこ(山溪)
検索入門きのこ図鑑(保育社)
長崎県植物誌(中西弘樹)
長崎県植物誌(外山三郎)
長崎県シダ植物誌(松林文作)
対馬の花ⅠⅡ(邑上益朗)
九州の野の花 春夏秋
日本の野菊(山溪)
樹に咲く花1~3(山溪)

Flora of japan
その他
から引用しています

参考にしているサイト
撮れたてドットコム
大阪南部の自然シダ植物
日本のシダ植物
西宮の湿生・水生植物

「虫えい同好会」の掲示板


ブログ中の風景画像は自生地保護のため、一部修正してあります。

あしあと数

2007.12.19 統計開始

リンク


アマゾンさんから本の画像を借用させて頂いていますので、広告を載せています。

只今修行中φ(。・・。 )

まだ駆け出しの植物好きです。間違いも多々あるかと思います。その際はご指摘いただけると幸いです。どうぞよろしくお願い致します。また、個人的なメールも下記より送信してください。

メールフォーム

画像が「not found」になる場合

拡大する画像が 「not found」や「404エラー」の場合。再読み込みしても表示されない場合
http://blog-imgs-42-origin.fc2.com/n/a/n/nannjyamonnjya/IMG_0084.jpgの中の-originを抜いたURLだと表示されることがあります。 ネット上には画像があるのですが…

Top