花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
野の花山の花
  • ミミガタテンナンショウ

  • お!

    登山道の入り口に、50cmくらいのかわいいテンナンショウ属
    よく見ると「ミミガタ??」と、あんまり耳がはっきりしません・・・

    後ろから

    でも、後ろから見ると耳タブがはっきりわかりました。
    きっと花の盛りの頃は、耳形に開出していたんじゃないかなぁ・・・
    もう、しおれかけのようです。
    これより先、花が残っているものに会えませんでした。待っててくれてありがとう。
    4月25日の写真です。

    付属体

    付属体は棍棒状で、先は円く、

    葉

    葉は2個、小葉は7-11枚で卵形~楕円形

    登山客が多くて、ゆっくり写真を撮ることができなかったので
    写真はこれだけでした。残念

    -----------------------------------------------------------
    ミミガタテンナンショウ
    別名  オキノシマテンナンショウ
    分類  サトイモ科 テンナンショウ属
    分布  本州(東北 関東) 高知 大分
    撮影地 関東

    クリックすると大きくなります。
    web拍手 by FC2

    2 Comments

    多摩NTの住人 says..."こんにちは"
    これはまだ見たことがない花です。これが耳形ですか。とても勉強になりました。
    2015.05.30 20:40 | URL | #rId1tC1Q [edit]
    panda says..."★多摩さんへ★"
    多摩さん、こんばんは
    これは多摩さんには簡単に会えそうです。
    でも、どこにでもあるものなのかは分りません。ただ、登り始めたとたんに出会いました。来年はマムシグサを見つけたときは、耳状になっているか見てくださいね。長崎のマムシグサに比べると、半分くらいの高さでけっこう小さめでした。
    2015.05.31 00:20 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2092-b5a61b0d
    該当の記事は見つかりませんでした。