花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
シダ・コケ
  • ハチジョウカグマ考察

  • コモチシダ?

    コモチシダ、ハチジョウカグマ、オオカグマが混生しているところで

    最下羽片

    羽片の感じはコモチシダに似ていますが、ちょっとイビツなところが気になって
    サンプルAと名づけて、これは何かな?と調べてみました。

    小羽片

    今の時期は子どもはついていないので、春に確認することにして

    ソーラス

    ソーラスは2-4mm、葉脈は網目状です。

    胞子

    包膜を破って、胞子嚢を一つ取りだしてみてみました。
    胞子の大きさはそろっているようですが、黄色い胞子39個 白い胞子19個でした。
    網目状の葉脈はハチジョウカグマに似てるけど、コモチシダと区別しにくいタイプ?


    ハチジョウカグマに似ている

    比較になるかもと裏山のハチジョウカグマも見てみることにしていたのですが

    羽片

    ハチジョウカグマと思い込んでいたので、写真も撮らず羽片だけもらってきたので
    昔の写真を引っ張りだしてきました。サンプルBとします。

    表

    葉表

    葉裏

    ソーラスは2-4mm、葉脈は網目状です。

    包膜

    中には胞子嚢が弾けているものもあります。

    胞子

    包膜を破って、胞子嚢を一つ取り出してつぶしてみました。
    不ぞろいな黄色い胞子が53個、白っぽい胞子が3個!
    これは・・・アイコモチシダでしょうか?

    小浜のハチジョウカグマを見てきました。

    ハチジョウカグマ

    相変わらず崖一面にはえたハチジョウカグマは見ごたえがあります。

    真ん中ごろの羽片

    裏山Bと比べて、葉の色や凸凹感は変わらなく見わけることは難しいです。

    葉裏

    ソーラスは2-4mm、葉脈は網目状です。

    胞子

    胞子の大きさは大小がありますが、全体的にはそろっているように見えます。
    また、白っぽい胞子の混ざる割合が多い胞子嚢と少ない胞子嚢が同じ羽片の中にありました。

    比較

    比較するために、カメラのズームなしで撮り、縮小倍率を同じにしました。
    胞子の大きさは変わらないのですが、形はOよりイビツに凹んでいます。

    胞子

    (訂正×100としていますが×400です。)
    Bの大きい胞子とOの胞子の大きさはほとんど変わらないようです。
    Bも胞子の形がイビツに見えます。

    ランタン

    少し春らしくなってきた長崎です。

    ---------------------------------------------------------
    Aの胞子
    クリックすると大きくなります。 クリックすると大きくなります。

    Bの胞子
    クリックすると大きくなります。 クリックすると大きくなります。

    Oの胞子(ハチジョウカグマ)
    クリックすると大きくなります。 クリックすると大きくなります。
    web拍手 by FC2

    4 Comments

    光田 重幸 says..."ご無沙汰しました"
     どうやら校務を乗り切りました。今月はまだ講演が一つ残っていますが、これまでよりはずっとラクです。
     このハチジョウカグマの胞子、とくに後のものには仰天しますね。中味があるのか、生えるのかが問題です。大きさにバラツキがあるといっても、大きいものと小さいものにはっきり分かれています。まるで減数分裂を省略したものがあるかのように…
     でも、ハチジョウカグマ(2倍体)もコモチシダ(4倍体)も、有性生殖のはず。すると雑種なら3倍体となり、ろくな胞子はできないというのがセオリー。だから仰天なのです。小浜のものと比べるときに、同倍率で胞子の大きさを比較するのもおもしろいでしょう。
     荷物、ありがたくいただきました。無性に眠いのは春のせい? でもレッドデータブックの校正がどっさり残っており、そうも言っていられません。
    2015.02.22 21:32 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda says..."★みっちゃん先生へ★"
    おはようございます。お仕事おつかれさまです。

    初め雑種かなと思ったAの胞子は凹んでいるで、こんな形なのかイビツなのか知りたくて裏山のハチジョウカグマの胞子を見てみました。が、なんと言うこと・・・こっちのほうが雑種なの?と。もう少し丁寧に観察してみます。
    同倍率大きさも比較してみます。胞子も数えることができるようになったので、今年は保留にしていた雑種のようなシダを見てみることにします。
    3月4月とお仕事も忙しい季節ですが、頑張ってくださいね。
    2015.02.23 08:15 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    光田 重幸 says..."ご苦労さま"
     小浜のものは胞子の大きさが揃っていて、60個前後ですね。この胞子の大きさと裏山のものの大きな胞子がほぼ同じ大きさだとすると、裏山のものは寒さなどの生理的障害で、一部の胞子が小さくなってしまった可能性もあります。Aには中味のないものやいびつなものが多く見られ、雑種の可能性が高くなったといえるかもしれません。
    2015.02.25 20:03 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda says..."★みっちゃん先生へ★"
    みちゃん先生、こんばんは。
    小浜のものはハチジョウカグマとしてもいいですよね。たくさんみていくうちに、コモチシダとハチジョウカグマの境界がわからなくなってしました。もしかしたら、コモチシダの胞子をみたらスッキリするかもと期待して、コモチシダやオオカグマまで胞子の確認をしてみます。

    それにしても、胞子の大きさがそろっていない=雑種と思ってしまいがちですが、春にもう一度芽だしの色を確認してみます。鱗片の色もハチジョウカグマとコモチシダは明るさが違うのかと思っていましたが、一概には言えないということもわかりました。もう少し頑張ってみますね。おやすみなさい。
    2015.02.26 01:31 | URL | #- [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2058-e7203da2
    該当の記事は見つかりませんでした。