花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
…イネ科イグサ科
  • タツノヒゲ

  • タツノヒゲ

    もう一つ、お正月の間に強そうな名前の植物です。
    といっても、名前に似合わない繊細さ・・・見た目も写真と同じくらい。

    全体

    こんな感じで、地味なんだけどなんだかいいなはーと_s
    名前を調べなくちゃ、と思ったのでした。

    1本の姿

    こんな感じのシンプルなイネ科なのですが、ピントを合わせるのが大変。
    運よく一属一種類だったのでタツノヒゲだと思います。

    小穂

    小穂は1~2個小花がついていました。(図鑑では1-4個)
    穎果は大きくて、熟すと頴の間から飛び出しています。
    でも、すぐ落ちるのかな?

    葉

    イネ科って葉裏がみえているもの多いですね。表裏わからないくらいきれいです。

    節

    節がぷくんと膨れて無毛。

    根っこ

    匐枝をだしていました。

    地味なんだけど、なんだか心引かれるタツノヒゲでした。

    --------------------------------------------------------
    タツノヒゲ
    分類  イネ科 タツノヒゲ属
    分布  北海道~沖縄
    web拍手 by FC2

    8 Comments

    平家蟹 says...""
    竜でも蛇でもなく龍の髭か。
    漢字で書くと龍の方が強そうだけどなんともか弱そうな存在。
    誰がこんなのに龍なんて付けたんだ(^^;)
    もっともイネ科は見かけだけでは分からないけどね。
    このブログなら辰年の正月にアップするのがよかっただろうけどとてもそこまで待てないか(笑)。
    2015.01.06 15:32 | URL | #- [edit]
    ha-chan says...""
    こんばんは^^
    おもしろい名前だなぁと興味をそそられました。
    苔むした岩をバックに何とも雰囲気があります。
    イネ科の葉がよじれて表面が下を向くのって前から不思議でした。なぜ?
    そんなふうになる植物って他にあるのかなぁ???

    2015.01.06 23:23 | URL | #f4O6ifVo [edit]
    panda says..."★平家蟹さんへ★"
    平家蟹さん、こんにちは
    ヘビにヒゲがあるのを想像して笑ってしまいました。
    イヌノハナヒゲとかトラノハナヒゲとかカヤツリグサ科にはあるけれど、そんなのと比べても、全然繊細でした。ねずみのヒゲくらい。
    そうですね、辰年は過ぎたばっかりだし、次の辰年までイネ科に夢中か?というのもありますね。
    2015.01.07 08:24 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    panda says..."★ha-chanへ★"
    ha-chan、こんにちは
    植物の名前は面白いものが多いですよね。名前だけで得しているような気がします。イネ科の葉がひっくり返るのには意味があったような気がします。何処かで読んだような・・・あんまりまともすぎてはしょったような・・・^m^
    はて、これからボランティアに行ってきますので、また考えてみるね。物忘れのお年頃なもので、忘れちまった。(ToT)
    2015.01.07 08:30 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    マツモムシ says..."見つけたい"
     いいですね、タツノヒゲ、繊細で。まだ見たことがなく、憧れのイネ科だったりします。ミチシバ、ヒゲシバと並んで探査中イネ科3種に入っています。タツノヒゲはこの3種の中では特別に繊細な花序を持っていますね。ヌカキビの花序枝と小穂を極限まで省略した感じ。日本の山の渓流の岩場によく似合っています。タツノヒゲの名の由来は渓谷の岩を龍に見立てて、そこに生えているのでヒゲに見立てたのかと脳内妄想しております。
    2015.01.10 04:14 | URL | #7qQ58teA [edit]
    panda says..."★マツモムシさんへ★"
    マツモムシさん、こんばんは。
    シダで悩んでいて、なかなか更新できずにいます。まだハナワラビも悩まなくちゃいけないのに・・・v(^^*)
    ミチシバ、ヒゲシバを検索してみました・・・マツモムシさん、これを見つけるのって大変そう!イネ科はまだ見分けがついていないのでそう思うのかしら?似たのがいっぱいあるような気がします。
    タツノヒゲはほんとに繊細できれいでした。地味なんですが地味じゃなかった。
    >渓谷の岩を龍に見立てて
    ここの岩場も、もののけ姫が出てきそうな苔むした森。霧が出ていたのでいっそう映画のシーンと重なるようでしたよ。そんな中でタツノヒゲと出会いました。
    2015.01.10 18:24 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    光田 重幸 says..."これはわかりやすい"
     タツノヒゲは京都にもけっこう記録はあるのですが、私は一度も見たことがありません。というか、気にとめていなかった? 勉強になりました。こんな感じなら、わかりやすいですね。とくに葉が裏返るところが参考になりました。
     マツモムシさんのコメントにあるミチシバは、近畿でも稀です。京都では見つかっていなかったと思います。コメガヤの仲間ですが、見かけはまったく異なります。ただ、茎の下部に節が集中し、しかもそこが膨れるという特徴があるので、見たらわかるだろうと思います。ネットにはろくな画像がなく、しかも疑わしいものだったり、カゼクサやチカラシバ(ともに異名はミチシバ)だったりします。
     ヒゲシバはネズミノオの一年草バージョンみたいなもので、気合いが入っていないと気づかないでしょうね。京都ではもう50年も再発見されていません。私も十年以上探しているのですが…。
    2015.01.10 21:20 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda says..."★みっちゃん先生へ★"
    こんにちは、遅くなってすみません。
    今日は生物学会でした。男女群島のウミユリのお話はみっちゃん先生から化石のことを教えていただいていたので、楽しく聞くことができました。と言っても、ウミシダのお話だったんですけれど。それから学校のプールにミズカマキリやゲンゴロウ、タイコウチがいるという話は、マツモムシさんが喜びそうな内容でした。

    タツノヒゲは長崎も少ないようです。ミチシバやヒゲシバがわかるように、春になったらイネ科を頑張らなくては・・・昨年挫折したイチゴツナギ属からはじめます。さて、今日は頑張ってブログを更新しますね。
    2015.01.11 16:48 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2046-a637ec23
    該当の記事は見つかりませんでした。