花の日記

 山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録

オニガヤツリ

オニガヤツリ

そう果をみなくったってわかる!と思っていたものだから

これは・・・

たぶん、これはミズガヤツリかもねと細部も見ずに思い込んでいました。
近所の休耕田にはえる大き目のカヤツリさんです。

剛毛

花序軸には剛毛が密生。
(この写真で柱頭が3岐しているのに今頃気がついた)

確認に・・・

1ヵ月後、もう一度確認

小穂

うんうん、ミズガヤツリみたいなんて思うわけなんです。

数日後

田んぼの真ん中に、まばらに群落を作っていました。

あれ?

ピントが甘いのですが、花序の一部を拡大してみると
あれ?これって・・・もしかしたらオニガヤツリ?なんて

オニガヤツリ

急いで確認に行くと、やっぱり  r(^^;
鱗片は芒端ですし、オニガヤツリみたいです。

そう果

そう果、三稜形

根茎

根茎、長い匐枝がある。

9月の写真

基部の鞘は黄褐色と図鑑にはあるけれど、紫を帯びてます。
というわけで、花の時期にだまされてはいけないとわかりました。

----------------------------------------------------
オニガヤツリ
分類  カヤツリグサ科 カヤツリグサ属
分布  本州(東海地方以西)~沖縄

そう果が褐色の三稜形で、花序軸に剛毛があるのが特徴。

クリックすると大きくなります。 クリックすると大きくなります。

茎は鋭い3稜形、葉は幅4~10㎜、茎より短い。
苞は3~4個つき、花序より長い苞が2~3個ある。

クリックすると大きくなります。

鱗片は長さ2㎜くらい、中肋が緑色で果実期には褐色に色づいていました。先が短い芒端。
そう果は長さ約1㎜、三稜形。
web拍手 by FC2

Comment

2015.01.05 Mon 03:44  オニガヤツリ

 pandaさん、こんばんは。
 オニガヤツリに落ち着きましたか。解決してよかったですね。匐枝の先も少しミズガヤツリと違うようですね。私も今度掘って調べてみます。
 1枚目の花序にいる蝶は北限が北上中のタテハモドキですね。九州にいた頃はアオタテハモドキとともに南方の憧れの蝶でしたが、今では福岡県まで見られるようですね。グランドカバーに使われるヒメイワダレソウも食草となるようなので、今後も北上を続けるでしょう。翅の表のクリクリ目玉を生で見たいものです。
 ところで、前も気になっていたのですが、小穂の最下苞が糸状に長く伸びていますね。このような例は今まで見たことがありません。ここの集団の全個体に見られるのであれば面白い例だと思います。

2015.01.05 Mon 10:44  おっ!虫ネタ!!

って思ったら違ったぁ〜。
今年は、我が家のカラスウリも研究に来て〜。
すごい根っ子になってるから〜。

2015.01.05 Mon 13:41  ★マツモムシさんへ★

マツモムシさん、こんにちは
オニガヤツリで落ち着きました。一時はパニックでマツモムシさんの掲示板にお世話になりました。あの時「オニガヤツリかミズガヤツリ」と候補を挙げてくださってので、調べる範囲が狭くなりずいぶん気持ちが楽になりました。でも、調べる過程でいろんなカヤツリさんの特徴を知ったので、それもプラスになってくれるといいけれど・・・物忘れのお年頃なのでダメかな。

小穂の糸状に長く伸びた苞、ここの付近で2ヵ所オニガヤツリがあるのですが、どちらもありました。裏山にもあるのでその写真も見てみましたが、短い包があります。写真を貼ってみましょうか?マツモムシさんの掲示板にもって参ります。

タテハモドキは長崎でもけっこうみかけるのですが、アオタテハモドキは少ないです。でも12月の寒いときでも海岸の陽だまりに現れたりします。くりくり目玉かわいいですよね。
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit

2015.01.05 Mon 13:47  ★湖人さんへ★

湖人さん、こんにちは。
湖人さんがちょくちょく見てくだされば、虫も名前がついて喜ぶのにと思うのですが、来てくれないから虫ネタ少ないです。でも虫は好きで飛んできたら必ず撮るようにしています。こんどから、虫をアップした時は見に来てね~って誘いに来るからね。

カラスウリの根っこからでんぷん粉をとって・・・食べられるといいのにね。
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2043-37ee2ece

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

最近であった花

memoφ(。・・。 )memo

マルバグミが食べごろです マルバグミ
大きいので、味を楽しめますよ~!でもよく熟したものがおすすめ

コメントありがと!

TBありがと!

ブログ内検索

最近うまく拾ってくれません<(_ _)>

<< Archives >>

お気に入りの散歩道

カテゴリー

参考文献

Panda

Author:Panda
花の分類・内容については
平凡社
 日本の野生植物草本1-3
 日本の野生植物木本1-2
 日本の野生植物シダ 
 日本の帰化植物
日本帰化植物写真図鑑(全農教)
日本のシダ植物図鑑1-8
     (東大出版)
しだの図鑑(保育社)
日本のスゲ(勝山輝男)
カヤツリグサ科入門図鑑(全農教)
イネ科ハンドブック(文一総合)
日本の水草(文一総合)
日本のテンナンショウ(北隆館)
増補改訂新版日本のきのこ(山溪)
検索入門きのこ図鑑(保育社)
長崎県植物誌(中西弘樹)
長崎県植物誌(外山三郎)
長崎県シダ植物誌(松林文作)
対馬の花ⅠⅡ(邑上益朗)
九州の野の花 春夏秋
日本の野菊(山溪)
樹に咲く花1~3(山溪)

Flora of japan
その他
から引用しています

参考にしているサイト
撮れたてドットコム
大阪南部の自然シダ植物
日本のシダ植物
西宮の湿生・水生植物

「虫えい同好会」の掲示板


ブログ中の風景画像は自生地保護のため、一部修正してあります。

あしあと数

2007.12.19 統計開始

リンク


アマゾンさんから本の画像を借用させて頂いていますので、広告を載せています。

只今修行中φ(。・・。 )

まだ駆け出しの植物好きです。間違いも多々あるかと思います。その際はご指摘いただけると幸いです。どうぞよろしくお願い致します。また、個人的なメールも下記より送信してください。

メールフォーム

画像が「not found」になる場合

拡大する画像が 「not found」や「404エラー」の場合。再読み込みしても表示されない場合
http://blog-imgs-42-origin.fc2.com/n/a/n/nannjyamonnjya/IMG_0084.jpgの中の-originを抜いたURLだと表示されることがあります。 ネット上には画像があるのですが…

Top