花の日記

 山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録

イヌイワガネソウ

イヌイワガネソウ

イヌイワガネソウかもと持ち帰った標本をながめながら
昨晩は「これってイワガネソウなんじゃない?」と
イワガネソウとイワガネゼンマイをもう一度復習することになりました。

脈

側脈と見ると、連結しているのでイワガネゼンマイでないことはわかります。
イワガネゼンマイのもう一つの特徴は、側脈が鋸歯の中に到達することです。
これは、鋸歯の手前で止まっています。
羽片の数は5対、イワガネソウを否定する材料が無い・・・?
・・・・頭の中がごちゃごちゃになってきたので、一晩おくことにしました。

羽片の先端

羽片の先端を並べてみました。なだらかに細くなっています。
イワガネソウの特徴とほとんど一致します。これは一旦保留。
光田先生のアドバイスを受けて、裏山のイワガネソウの脈の連結を調べてみました。
イワガネソウは2-4回連結して網目構造を作っていました。これはまばらに連結しているので
イワガネソウ似のイヌイワガネソウのようです。




これは?

これもイヌイワガネソウではないかとみんなで話しあったものです。
羽片の数が7対と多いです。(イワガネゼンマイも羽片は5~8対で多い)

羽片の先端

でも側脈は鋸歯の手前で止まっています。

側脈


しかし側脈は一部連結しているくらいです。

イワガネソウの特徴は側脈が網目状で、鋸歯まで到達しない、羽片の数が3-5対なので
イヌイワガネソウとしてよさそうです。


久しぶり晴れたので、シダ散策に連れて行ってもらいました。
たくさんで行くと、いろんな植物が目に見えてきて冬でも楽しいですね。

-------------------------------------------------------------
イヌイワガネソウ
イワガネソウとイワガネゼンマイの雑種

両種の中間的な性質がある。

イワガネソウとイワガネゼンマイ

一例目の葉裏
クリックすると大きくなります。 
側脈が鋸歯に達していない。 葉裏に毛がはえている。

※下記の光田先生のコメントを読んでいただくと、イヌイワガネソウのことがよくわかります。
web拍手 by FC2

Comment

2014.12.26 Fri 12:57  問題ありません

 本物のイワガネソウの葉脈結合具合は、こんなハンパなものではありません。軸の両サイドにそれぞれ2-3列がきちんと並びます。葉片ももう少し細いのが一般的です。
 イワガネゼンマイの葉片の先端は急尾状。イワガネソウでは漸尖です。イヌイワガネソウには両タイプ(というか、中間タイプの両極端)があります。葉裏の毛もあるものとないものがあります。
 イワガネソウは、じつはやや稀です。イワガネゼンマイは、渓谷沿いなど、場所を選ぶ傾向があります。それに比べてイヌイワガネソウは、林下に普通にあります。とくにスギなどの植林地では、あきれるほど繁ることがあります。
 どちらか区別に困るようなときには、掘り上げて根茎を見ることです。イワガネゼンマイでは短く固まり、イワガネソウでは細長く伸びます。イヌはその中間です。日ごろから、その程度具合を見ておくとよいです。この関係はコバノカナワラビとホソバカナワラビ、オオヒメワラビとオオヒメワラビモドキでも同じで、胞子をつけていないような小さな個体でも使えることが多いです。慣れてくると、掘り上げないでも葉の出ている間隔で判断できるものです。
  • #UPCNk2uw
  • 光田 重幸
  • URL
  • Edit

2014.12.26 Fri 21:25  ★みっちゃん先生へ★

みちゃん先生、こんばんは。
「本物のイワガネソウの葉脈結合具合」「イヌイワガネソウは、林下に普通にあります。」この2つのことが気になってしかたなく、裏山へ確認に行ってしまいました。とりあえず、裏山のはイワガネソウのようです。2-4回網目を作って鋸歯へ向かっていました。そういう意味では1例目もイヌイワガネソウでいいのですね。
これからは、根茎の長さもどのくらいの間隔があいているかくらいはノギスを置いて図っておくことにします。2例目のイヌイワガネソウはまわりもみんなイヌでした。イヌの場合まばらに結合するということが一番目のチェックポイントでよさそうですね。
先生のアドバイスのおかげでイヌイワガネソウはばっちりわかった気がします。ありがとうございました。
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit

2014.12.26 Fri 22:48  追伸

今までイワガネソウとイワガネゼンマイを形で見わけることができなかったのですが、それもイヌイワガネソウが普通にあるということで納得しました。私にとってはスゴイ発見です。
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit

2014.12.27 Sat 00:49  

pandaちゃん、こんばんは。
葉脈でみわけるのですか、見た目は同じく見えますよね。私も勉強させて頂きました。

そういえば昨年山口県で見かけたものでイワガネゼンマイと思ったらウラゲイワガネとみっちゃん先生に教えて頂いた事を思い出しました。
沖縄にイワガネソウがあるかなぁ~と植物誌をみたら、どうやら奄美や沖永良部島まで見たいです。残念。
  • #YPF4kFnU
  • こまつな
  • URL
  • Edit

2014.12.27 Sat 08:35  ★こまさんへ★

こまさん、おはようございます。
そうなんです、イワガネゼンマイのほうが大きいと思っていたんだけど、イワガネソウも大きいのがあるしとあいまいにしていました。でも、そういうのってたいがいイヌなのかもしれない。脈をよーく診てみます ^m^

沖縄のシダはこちらでは見ることが出来ないものが多くて面白いです。でも、こまさんからしてみると、こちらでしか見ることの出来ないシダの話題は、遠征に来たとき思い出すには多すぎますね。北のほうのシダも見てみたいけれど、遊びには行っても植物観察はなかなかできません。それにクマがいるし・・・^m^
いまから、今年最後のボランティアです。行ってきま~す。
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2041-420a022d

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

最近であった花

memoφ(。・・。 )memo

リュウキュウイチゴを食べた!
美味しかった
リュウキュウイチゴとリュウキュウバライチゴを食べ比べ、どちらが美味しいか?好みは2分されそうなくらい甲乙つけがたかった・・・

コメントありがと!

TBありがと!

ブログ内検索

最近うまく拾ってくれません<(_ _)>

<< Archives >>

お気に入りの散歩道

カテゴリー

参考文献

Panda

Author:Panda
花の分類・内容については
平凡社
 日本の野生植物草本1-3
 日本の野生植物木本1-2
 日本の野生植物シダ 
 日本の帰化植物
日本帰化植物写真図鑑(全農教)
日本のシダ植物図鑑1-8
     (東大出版)
しだの図鑑(保育社)
日本のスゲ(勝山輝男)
カヤツリグサ科入門図鑑(全農教)
イネ科ハンドブック(文一総合)
日本の水草(文一総合)
日本のテンナンショウ(北隆館)
増補改訂新版日本のきのこ(山溪)
検索入門きのこ図鑑(保育社)
長崎県植物誌(中西弘樹)
長崎県植物誌(外山三郎)
長崎県シダ植物誌(松林文作)
対馬の花ⅠⅡ(邑上益朗)
九州の野の花 春夏秋
日本の野菊(山溪)
樹に咲く花1~3(山溪)

Flora of japan
その他
から引用しています

参考にしているサイト
撮れたてドットコム
大阪南部の自然シダ植物
日本のシダ植物
西宮の湿生・水生植物

「虫えい同好会」の掲示板


ブログ中の風景画像は自生地保護のため、一部修正してあります。

あしあと数

2007.12.19 統計開始

リンク


アマゾンさんから本の画像を借用させて頂いていますので、広告を載せています。

只今修行中φ(。・・。 )

まだ駆け出しの植物好きです。間違いも多々あるかと思います。その際はご指摘いただけると幸いです。どうぞよろしくお願い致します。また、個人的なメールも下記より送信してください。

メールフォーム

画像が「not found」になる場合

拡大する画像が 「not found」や「404エラー」の場合。再読み込みしても表示されない場合
http://blog-imgs-42-origin.fc2.com/n/a/n/nannjyamonnjya/IMG_0084.jpgの中の-originを抜いたURLだと表示されることがあります。 ネット上には画像があるのですが…

Top