花の日記

 山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録

メリケンガヤツリ

メリケンガヤツリ

8月の画像です。海岸近くの荒れた湿地にはえた大きなカヤツリグサ、
これは外来かな?との予想通り、メリケンガヤツリのようです。

メリケン・・・

メリケンという名のごとく、熱帯アメリカ産。
葉状の包は4-7個で、花序よりはるかに長く
これは花序枝が短いので、球状に集めた小穂が込み合っています。

花序枝が長い

これは花序枝が長いもの

小穂

小穂も若い頃は短いのに

長くなる

だんだん伸びて

比較

3倍くらい長くなってます。

葉

葉はV字型。

根茎

抜こうとしたけれどビクともせず、根茎は短くはっているようです。

巷はクリスマスイブなのに、そっけないクリスマスを過ごしています 
   
洗濯物が乾かないので靴下を並べて干しているけど、サンタさんまちがえてくれないかな・・・ 

-----------------------------------------------------
メリケンガヤツリ
分類  カヤツリグサ科 カヤツリグサ属
原産地 熱帯アメリカ

河川や溝など水辺にはえる多年草。

クリックすると大きくなります。 クリックすると大きくなります。
web拍手 by FC2

Comment

2014.12.25 Thu 05:47  利用価値は?

 私の立場からすると「外来種は抜き捨てるべし」ということになるのですが、メリケンガヤツリは一時栽培していたことがあります。水草のための水質安定植物としてです。
 在来の水草を育てる場合、水質の安定は大切な問題です。富栄養化するとアオミドロなどの緑藻が湧くし、貧栄養すぎると水草そのものの育ちがわるい。水素イオン濃度の維持も重要です。アオミドロなどが一気に腐ると、水素イオン濃度は中性化します。弱酸性を好む水草にとっては大敵です。
 こんなことを起こさないためには、ふつう切り藁を少量入れます。その滲出液は弱酸性を保ち、かつ切り藁は窒素分に乏しいからです。ミジンコなどの餌にもなります。
 ただ、その程度具合が難しい。そこで熟練者はパピルスやシュロガヤツリ、マコモなどを一緒に植えます。すると水中に広がった根が窒素分を吸収し、枯れ葉は弱酸性を保ってくれるというわけです。
 メリケンガヤツリは寒さに強く、常緑なので葉は少しづつ枯れます。水質に敏感なムジナモなどを、この方法で栽培していたというわけ。
 それでもときどき水槽の掃除をしたり水を入れ替えたりする必要があり、忙しくなってからはムジナモの栽培はしばらくお休みしています。
  • #UPCNk2uw
  • 光田 重幸
  • URL
  • Edit

2014.12.25 Thu 17:39  ★みっちゃん先生へ★

今日はよいお天気だったのでシダの調査に連れて行ってもらいました。一気に充電、元気です。山を歩くことが出来ただけでも楽しかった!
それはそうと、私も外来種がはびこるのは嫌だけど、「熟練者はパピルスやシュロガヤツリ、マコモなどを一緒に植え」とこんなふうにきちんと計画されているのならいいですよね。何も知らないで外来種は云々と言ってはいけないのだとわかりました。シュロガヤツリもメリケンガヤツリもあちこちに見かけるけれど、他の植物を押しのけてまで繁盛するというわけでもなさそうです。パピルスも見てみたいです。
先生はいろんな植物を栽培されるのですね、ムジナモを調べてみたらタヌキモみたいな食虫植物、そうかタヌキとムジナでほとんど同じなんだ^m^私はタヌキモも上手く育てられません。今年はタヌキモのバケツの中にヒメカンガレイを植えました。今枯れた葉が水没中です。タニシちゃんもいっぱい生まれて、けっこう大きくそだったものもあります。来年は大きくなってくれるかしら?
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit

2014.12.25 Thu 19:25  どんどん

pandaさん、こんばんは!
内容が難しくてコメントしづらいやん。
どんどん理解先生に近づいてる?
そろそろこちらでも補習授業を受けないとあかんかなぁ。

靴下はたくさんありすぎて
どれに入れていいかわからんかったわぁ。

2014.12.26 Fri 02:02  ★湖人さんへ★

湖人さん、こんばんは
クリスマスはどこで過ごしましたか?美味しい手作りのケーキ食べたのかなぁ、なんて思いながら私もケーキをつくりました。でもあすかママさんのように美しくは出来なかったけど、息子は美味しいとホールの半分食べてくれたよ。赤い靴下も干してたのに♪

前みたいになかなか教室の再開をお願いしたいのですが、なかなかさんも忙しそうですね。うすのきさんも、ブリさんも、かえでさんも、とんちゃんもみんな得意分野でレベルアップしてるのは、なかなかさんのお陰なのですよね。
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit

2014.12.30 Tue 13:06  

pandaさん、おはようございます。
pandaさん、タヌキモをそだてておられるのですか。
いいなぁ
タヌキモのお花みてみたいなぁと思っています。
タヌキモのバケツに今はヒメカンガレイの枯れた葉が
水没しているのですか。
いろんな子が身近でみられていいですね。

水没といいますと、11月末に小さな山水をためた池で
水没した草を見かけました。
その際ミズハコベをpandaさんのところで調べさせてもらいました。
ありがとうございます。
結局わからず、最近アワゴケかもと思ったのですが、
葉がもっとアオイスミレのような葉なんですよね。
外来種もいろいろあるみたいで、そのうちわかるだろうと
ほって・・いえおいてあります^^

今年もいろいろとお世話になりありがとうございました。
pandaさん、無理なさらずに、
来年もますます植物の道を究めていかれますように!

2014.12.31 Wed 01:29  ★ブリさんへ★

ブリさん、こんばんは
私の庭は標本に連れてきたものや種子が元気に生きています。今はこんな寒い中、イヌノフグリが我が物顔に庭じゅう芽を出しています。
アオイスミレのような葉の水没した植物、なんだろう?思い浮かぶのはアマゾントチカガミくらいです。

ブリさん、今年はブリさんとねこちゃんの元気な姿にまたお会いできたのがとてもうれしかったです。ときどきのぞいては、ブリさんのやさしい口調にいやされています。いつもありがとうございました。来年もよろしくお願いします。
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2040-f3dbb533

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

最近であった花

memoφ(。・・。 )memo

春のムクノキ 雄花
ムクノキの雄花を確認・・・

コメントありがと!

TBありがと!

ブログ内検索

最近うまく拾ってくれません<(_ _)>

<< Archives >>

お気に入りの散歩道

カテゴリー

参考文献

Panda

Author:Panda
花の分類・内容については
平凡社
 日本の野生植物草本1-3
 日本の野生植物木本1-2
 日本の野生植物シダ 
 日本の帰化植物
日本帰化植物写真図鑑(全農教)
日本のシダ植物図鑑1-8
     (東大出版)
しだの図鑑(保育社)
日本のスゲ(勝山輝男)
カヤツリグサ科入門図鑑(全農教)
イネ科ハンドブック(文一総合)
日本の水草(文一総合)
日本のテンナンショウ(北隆館)
増補改訂新版日本のきのこ(山溪)
検索入門きのこ図鑑(保育社)
長崎県植物誌(中西弘樹)
長崎県植物誌(外山三郎)
長崎県シダ植物誌(松林文作)
対馬の花ⅠⅡ(邑上益朗)
九州の野の花 春夏秋
日本の野菊(山溪)
樹に咲く花1~3(山溪)

Flora of japan
その他
から引用しています

参考にしているサイト
撮れたてドットコム
大阪南部の自然シダ植物
日本のシダ植物
西宮の湿生・水生植物

「虫えい同好会」の掲示板


ブログ中の風景画像は自生地保護のため、一部修正してあります。

あしあと数

2007.12.19 統計開始

リンク


アマゾンさんから本の画像を借用させて頂いていますので、広告を載せています。

只今修行中φ(。・・。 )

まだ駆け出しの植物好きです。間違いも多々あるかと思います。その際はご指摘いただけると幸いです。どうぞよろしくお願い致します。また、個人的なメールも下記より送信してください。

メールフォーム

画像が「not found」になる場合

拡大する画像が 「not found」や「404エラー」の場合。再読み込みしても表示されない場合
http://blog-imgs-42-origin.fc2.com/n/a/n/nannjyamonnjya/IMG_0084.jpgの中の-originを抜いたURLだと表示されることがあります。 ネット上には画像があるのですが…

Top