花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
シダ・コケ
  • オオバヤリノホランsp

  • ヤリノホ?

    沖縄でヤリノホクリハランが上手く撮れなかったので、こんなところで出会えてよかった~♪
    と、喜んでいた私ですが

    脈が・・・

    ヤリノホクリハランにしては脈がはっきりしすぎているのです。
    図鑑を見ても似たのがなく、相談してみました。

    根茎

    木を登っていたので、根のようすがわかりやすいです。

    地面から

    地面からもでています。

    葉柄

    近くにはオオイワヒトデの群落もあるので、ヤリノホクリハランとの雑種シンテンウラボシと

    単葉

    単葉ばかりなので、オオバヤリノホランも候補の一つ

    ソーラス

    ソーラスは途切れ途切れ、細脈が模様みたいで面白いですね。
    オオイワヒトデもこんな細脈ですから、胞子を確認するまで保留ということにしました。


    ----------------------------------------------------------
    オオバヤリノホランsp
    分類   ウラボシ科  イワヒトデ属
    撮影地  鹿児島

    参考ページ:Colysis henryi (Baker) Chingオオバヤリノホラン
    web拍手 by FC2

    4 Comments

    光田 重幸 says..."Posing the problem!"
    慎重ですね。
    オオバヤリノホランやColysis leveilleiが雑種性のものかどうかは、いまひとつよくわかっていません。情報が足りないのです。ヒトツバイワヒトデもシンテンウラボシも、胞子は不定形。ぜひ顕微鏡で胞子観察を。
     ちなみに、ウラボシ科の胞子は冬を中心に熟します。ということは、今が適期かも…
    2014.12.13 07:00 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    こまつな says...""
     おはよ~ 先日いつかのヤリノホクリハランを見て来ました。
    ソーラスは線形でしたが、こんな風にとぎれとぎれも。。
    でも葉柄がとても長く葉身も全然ちがいますね。後で画像をお持ちしますが、今日はこれから実家にでかけて明日帰ってきます。

     これは根が這っている所が特徴的ですね。私もさがしてみよ~~。
    2014.12.13 08:09 | URL | #YPF4kFnU [edit]
    panda says..."★みっちゃん先生へ★"
    みっちゃん先生、おはようございます。
    問題ありということは、胞子をみてもはっきりしないかもしれないのですね。胞子が正常であることを願いたいのですが、なんだかヨレヨレでいかにも雑種とか雑種起源とか三倍体とか・・・で、不明のまま終わりそうな気がします。冬に熟すといっても、鹿児島に行くのは大変です。春には行く予定があるのですが、ちょうどシダを見るのには夏と冬の入れ替わりの頃かもですね。家族と温泉旅行にでも行かねば・・・
    2014.12.13 09:42 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    panda says..."★こまさんへ★"
    こまさん、おはようございます。
    いつも忙しいですね。ヤリノホクリハランのことをあれこれ調べてみて、細脈のことがわかってきました。今度は西表でぜひ会いたいものです。その時はばっちりソーラスも写しますね。
    いつもありがとう、楽しみに待っています。
    2014.12.13 09:58 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2035-681cc5fe
    該当の記事は見つかりませんでした。