花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
…イネ科イグサ科
  • ヤマアワ

  • ヤマアワ

    もうすっかり枯れ野原で、ヤマアワもこのとおりです。
    ヤマアワというくらいだから、アワの仲間かと思っていたらノガリヤス属、
    アワに外形がすこし似ているかもね  r(^^;

    夏のヤマアワ

    7月の下旬、日当たりのいい湿地の一画にヤマアワが小さくまとまって出ていました。
    草丈は私の視線の高さくらいだから・・・1-1.5mくらいかな。
    よく見ると葉が裏返るところなど、ノガリヤスに似たところもありました。

    黄色い小穂

    花が咲いているときのヤマアワの花序、淡緑色で直立し、このくらい開いています。


    クリックすると大きくなります。

    小穂は密集して、花序枝に半輪生。
    苞穎は線形で、芒は小穂から出ていません。

    小穂

    芒がはっきり写っていませんが、写真の右上をみると護穎の背からでているようです。
    苞穎はだいたい同じ長さ。

    鞘

    葉舌が長くて、着物の襟を合わせているようで面白いですね ^m^

    葉表

    葉表、ざらついています。

    葉裏

    葉裏のほうがきれいで、

    裏返る

    見えているのは葉裏でした。

    8月31日

    8月末、湿った草原にヤマアワが風にそよいでいました。

    イネ科も数を増やさなくては、まだまだ回りには見ず知らずのお方ばかりです。

    ------------------------------------------------------------------
    ヤマアワ
    分類  イネ科 ノガリヤス属
    分布  北海道~九州

    クリックすると大きくなります。 基毛は小花の1.5倍長で苞穎より短い
    web拍手 by FC2

    2 Comments

    光田 重幸 says..."京都では希少種です"
     駆け出しのころは、よくクサヨシと間違えたものだけど。葉が裏返る性質や独特の葉舌に注意すると、花期以外でも間違えるはずがないほどわかりやすいもの。このページは入門者の参考として多大の貢献をしそうですね。
     葉が裏返るといえば、やはり駆け出しのころ、葉が裏返るヘンなノガリヤス?に出会い、はて? 後日再訪したら穂が出ていて、チカラシバと判明。なあんだ。でもチカラシバも葉が裏返ることがしっかり頭に入りました。
    2014.11.26 13:05 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda says..."★みっちゃん先生へ★"
     おはようございます。
     長崎でもどこにでもあるわけではないと思います。やはり自然な湿地に行かなければ。ただ、となり山ではけっこう見かけます。種子が飛んでいるのかな?
     先生、クサヨシで検索してみたら、もしかして私が名前にたどりつけていないものがクサヨシかもしれません。いまから調べてみます。葉が裏返るイネ科はけっこうあるのかもしれません、春にイチゴツナギ属を調べたときも裏返っていました。今年の春はイチゴツナギ属を何とかしなくちゃ・・・
     私がイネ科入門なので、このくらいしか書けません。でも具体的にはマツモムシさんのHPがあるので、ずいぶん助かっています。
    2014.11.27 08:57 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2030-3cdb250d
    該当の記事は見つかりませんでした。