花の日記

 山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録

ヤマラッキョウ

薩摩富士

薩摩富士と名がつくくらい、シルエットが富士に似ています。
この付近にはナンゴクヤマラッキョウのタイプ産地があるのでよってみました。

ナンゴクヤマラッキョウ

ヤマラッキョウは難しいですね、
葉が中実で、雌しべの基部の蜜腺をおおう帽子状の覆いが発達しないのがナンゴク。

サイズ

花数は少数のものから丸くなるものまで

花

草刈をされた公園に咲く、小さな可愛いナンゴクヤマラッキョウは20cmくらい
日陰のヤブに入ると、草丈も40cmくらいまで見かけました。

葉

葉の幅は2mmくらいでうすく、葉裏には稜がみえるので中実の三角形のようです。
見かけだけでは判断できなくて、難しいです。

-------------------------------------------------------
ナンゴクヤマラッキョウ
分類  ユリ科 ネギ属
分布  鹿児島県(タイプ産地のもの)


クリックすると大きくなります。 クリックすると大きくなります。

葉は中実ですが、帽子状の覆いと歯牙について論文と一致しません。ここには2種類のヤマラッキョウがそんざいするのかもしれません。

※分類体系は平凡社「日本の野生植物Ⅰ-Ⅲ」に従っています。
web拍手 by FC2

Comment

2014.11.17 Mon 12:37  なんて可愛い(^^♪

先日旭川の北邦野草園に立ち寄ったら鉢植えでこれとそっくりの子がいました
思わず尋ねてみたら
ヒメネギ、っていうお返事

今思い出して検索したけど ヒメネギという野草はないみたい
鉢植えだったし ヤマラッキョウかもしれませんね
こちらの山野では見られないのが残念です
  • #7PUYXG.I
  • yuuko
  • URL
  • Edit

2014.11.17 Mon 12:48  ヤマラッキョウの迷宮

 このナンゴクさんは、タイプ産地のSのものですか? それならナンゴクで良いのでしょうが、通りすがりに写したくらいでは、なんとも言えません。それより、こんな特徴をもったものは、送っていただいたタマちゃん群の中にもあるように思います。
 タマムラサキには同質4倍体と異質4倍体のものがあって、一部は交雑していることを意味します。その相方として常識的にはヤマラッキョウが挙げられますが、イトラッキョウの線も考慮に入れるべきでしょうね。キイイトラッキョウとして報告された長崎県Iの草原のものは、ヤクシマイトラッキョウである可能性もあります。甑島のイトラッキョウはかつて栽培しましたが、イトラッキョウとしてもよいものでした。ただ、ヤクシマイトラッキョウは栽培したことがなく、葉の形状(花茎へのつきかたを含めて)についての変異は不明です。
 キイイトラッキョウもイトラッキョウ群のものではなく、ヤマラッキョウ群あるいは交雑起源のものだと思います。雑種起源であっても、複二倍体となれば種子は正常で、独立種として扱われます。ただ、浸透交雑すると、明確に区別することができなくなります。フィールドワーカーとしては、生葉の断面や花弁基部の歯牙の形や有無、蜜腺を覆う帽子状の付属物などをチェックしておくことが、仕事の中心になるでしょう。
  • #UPCNk2uw
  • 光田 重幸
  • URL
  • Edit

2014.11.17 Mon 20:20  ★yuukoさんへ★

yuukoさん、こんばんは
北海道はすっかり冬になってしまいましたね。
ヤマラッキョウは北海道でも咲くのかしら?ヒメネギなんてなんとなくわかるよ、雰囲気。もしかしたらこの仲間では一番小さいイトラッキョウだったのかもしれません。小さな鉢でいじめるようにギュウギュウに植えるとたくさん花を咲かせるみたい。プランターに植えると葉ばかり茂ってしまいます。

yuukoさんの冬の窓辺で咲くといいんだけど・・・
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit

2014.11.17 Mon 21:15  ★みっちゃん先生へ★

 みっちゃん先生、こんばんは
 このナンゴクさんはタイプ産地のSのものです。先生、今回は詳しく書かなかったのは、長崎でタマムラサキと思っていたものも似て、よくわからなくなったからなんです。
 きっかけは福江島の断崖絶壁でみたタマムラサキでした。葉の幅は広く扁平、今まで見たタマムラサキと葯の色が違い黄色でした。次に見たのは平戸島の草地にはえるタマムラサキ、葉は平べったいのですが2-3mmと細いのです。それから、野母崎のガレ場にはキイイトラッキョウのようなものがタマムラサキと混生しています。いったいどれがタマムラサキなのでしょう?
 タマムラサキには同質4倍体と異質4倍体のものがあるということは、全部ふくめてタマムラサキなのでしょうか。ヤクシマイトラッキョウもみてみたいですが、これ以上見ても迷宮にはまっていくばかりのような気がしてきました。ヘラオモダカのような迷宮です ((((^^;
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit

2014.11.18 Tue 10:32  イトラッキョウ

検索してみました
多分これですね
すっごく可愛い~~( *´艸`)
他の植物が生えられないような場所に生えてぎゅうぎゅう詰めになって花を咲かせるのかな?
愛おしい植物ですね
  • #7PUYXG.I
  • yuuko
  • URL
  • Edit

2014.11.18 Tue 12:27  

こんにちは^^
3年くらい前に園芸店でシマラッキョウの苗を買いました。
その年は花数も少なく寂しかったのですが、植えっぱなしの今年は
たくさんの花を付けました。きっとプランターの中は根っこでぎゅうぎゅうだと思います。
ただ、ちょっと草丈が小さくなったような気がします。
ヤマラッキョウと何処が違うのか見比べたくて 育て始めたのですが、
肝心のヤマラッキョウが近くで咲いていません。ニラならあるのに。
いつも何かが足りない・・・・(T_T)
  • #f4O6ifVo
  • ha-chan
  • URL
  • Edit

2014.11.18 Tue 21:24  ★yuukoさんへ★

yuukoさん、こんばんは
イトラッキョウでしたか?可愛いですよね、私の庭にもあります。
イトラッキョウは岩の割れ目などから生えていて、花がブーケみたいに咲いて好きです。
それがプランターにきれいに並べて植えたら、ネギ畑みたいになりました。花は咲くのだけど・・・葉が茂っているんだ。でも 球根は増えたよ。
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit

2014.11.18 Tue 22:37  ★ha-chanへ★

ha-chan、こんばんは
ちょっと転寝してしまいました。コタツを出すと気持ちよくて・・・ZZZ
シマラッキョウてなんだ?と検索してみました。
眠いです。。。とても。書きながら寝ているかんじ。思考回路がとぎれているみたいなので、また明日書きます。おやすみなさい

2014.11.19 Wed 08:09  こんにちは

この薩摩富士は去年屋久島から帰る時に見ましたが、ちょうど日没と重なってとても綺麗でした。今でも会社のパソコンの壁紙になっています。ヤマラッキョウは先日見ましたが、既に果実になりかけていました。
  • #rId1tC1Q
  • 多摩NTの住人
  • URL
  • Edit

2014.11.19 Wed 08:18  ・・・

pandaさん 
春になったら球根をほんの少し分けていただけますか?
  • #7PUYXG.I
  • yuuko
  • URL
  • Edit

2014.11.19 Wed 14:22  こんにちわ!

★ha-chanへ★
ha-chan、夕べは失礼しました m(_ _;)m
花はイトラッキョウに似ているけれど、その正体は?気になる。
ヤマラッキョウは私の近くにもありませんん。ヤマラッキョウのことがわからないから、迷宮なのかもなぁ・・・よし、山へ登ってみよう。

★多摩さんへ★
多摩さん、こんにちは
屋久島に行かれたのですね、私も一度行ってみたい屋久島。そして夕焼けの薩摩富士にも会うことができてよかったですね。薩摩富士は標高が1000m足らずだけど、きれいな富士山形ですよね。登るのは0mかららせん状に登るのだそうです。標高差900mって。今の私には死にそう・・・登りは体力だけど下りは足が変になりそうです。


★yuukoさんへ★
了解 v(^^*) 園芸種があるのでそれを送ります。おうちの中でyuukoさんを楽しませてくれると思います。
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2025-17e8c4e7

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

最近であった花

memoφ(。・・。 )memo

マルバグミが食べごろです マルバグミ
大きいので、味を楽しめますよ~!でもよく熟したものがおすすめ

コメントありがと!

TBありがと!

ブログ内検索

最近うまく拾ってくれません<(_ _)>

<< Archives >>

お気に入りの散歩道

カテゴリー

参考文献

Panda

Author:Panda
花の分類・内容については
平凡社
 日本の野生植物草本1-3
 日本の野生植物木本1-2
 日本の野生植物シダ 
 日本の帰化植物
日本帰化植物写真図鑑(全農教)
日本のシダ植物図鑑1-8
     (東大出版)
しだの図鑑(保育社)
日本のスゲ(勝山輝男)
カヤツリグサ科入門図鑑(全農教)
イネ科ハンドブック(文一総合)
日本の水草(文一総合)
日本のテンナンショウ(北隆館)
増補改訂新版日本のきのこ(山溪)
検索入門きのこ図鑑(保育社)
長崎県植物誌(中西弘樹)
長崎県植物誌(外山三郎)
長崎県シダ植物誌(松林文作)
対馬の花ⅠⅡ(邑上益朗)
九州の野の花 春夏秋
日本の野菊(山溪)
樹に咲く花1~3(山溪)

Flora of japan
その他
から引用しています

参考にしているサイト
撮れたてドットコム
大阪南部の自然シダ植物
日本のシダ植物
西宮の湿生・水生植物

「虫えい同好会」の掲示板


ブログ中の風景画像は自生地保護のため、一部修正してあります。

あしあと数

2007.12.19 統計開始

リンク


アマゾンさんから本の画像を借用させて頂いていますので、広告を載せています。

只今修行中φ(。・・。 )

まだ駆け出しの植物好きです。間違いも多々あるかと思います。その際はご指摘いただけると幸いです。どうぞよろしくお願い致します。また、個人的なメールも下記より送信してください。

メールフォーム

画像が「not found」になる場合

拡大する画像が 「not found」や「404エラー」の場合。再読み込みしても表示されない場合
http://blog-imgs-42-origin.fc2.com/n/a/n/nannjyamonnjya/IMG_0084.jpgの中の-originを抜いたURLだと表示されることがあります。 ネット上には画像があるのですが…

Top