花の日記

 山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録

オオバボンテンカ

ヒロハボンテンカ

オオバボンテンカの花期は8月なので、もう咲いていないかもと思っていました。
でも、まだまだ蕾はたくさんあります。が・・・朝に咲いているようで2時にはしぼんでいました。

広げてみた

ごめん、もう一回咲いてねと花びらを広げてみると・・・
2cmくらいの、小さくてもハイビスカスのようなかわいさでした

大葉?

オオバと名前がつくのですが、花が開いて2cmくらいなので比べてみても4-5cmで大きいとは思えません。
ボンテンカの葉が切れ込んでカエルの手みたいなのに対して「オオバ」なのかな。

葉腋に

葉腋に数個花が咲くようで、蕾の先に柱頭がちょこっと見えています。
「明日咲くからね」って言ってるのかも

果実

茎にもガクにも葉柄にも果実にも、星状毛がいっぱい。
果実は開いていないもので8mmくらい、かぎ状毛の先端には逆向きの小さな刺
くっつき虫だったのですね・・・

分果

5分果で、

種子

中に1個の種子が入っていました。長さ4mmくらい。

オオバボンテンカは60-200cmの低木状の多年草で、ここには大きいものもありましたが
今回は地面を這うようにはえたものに花がさいていました。
たくさん花が咲いたところを見てみたいな ^m^

---------------------------------------------------
オオバボンテンカ
分類  アオイ科  ボンテンカ属
分布  九州南部~沖縄

クリックすると大きくなります。  種子
web拍手 by FC2

Comment

2014.11.13 Thu 15:08  オオバボンテンカの花

数年前1株分けていただいたヤノネボンテンカが庭のあちこちに増え、まだ花を咲かせています。
ヤノネボンテンカは私のブログの最初の記事でしたが、その頃は検索もそこそこで、ボンテンカやオオバボンテンカの存在も知らぬまま記事にしていました。

でもヤノネボンテンカはボンテンカ属ではなく、フヨウ属なのですね。
オオバボンテンカの花はむしろアニソドンティア・ピンククイーン(アニソドンテア属)に似ています。この花もまだ健在で開花中です。

オオバボンテンカのイガイガの果実に驚きました。
ヤノネボンテンカは夏の初めに閉鎖花がたくさんつきますが、アニソドンティアの果実は未だに一つも見ていません。

2014.11.13 Thu 17:38  ★夕菅さんへ★

夕菅さん、こんばんは
まだ5時過ぎたばかりなのに、薄暗いのです。そちらはもう真っ暗ですね。

ボンテンカの閉鎖花については、なかなかさんから教えていただいて、ちょうどその頃夕菅さんのことも知りました。花を好きだという共通点があるのに、こうしてお話できるようになるまで随分月日がたったものですね。あの頃も今も、夕菅さんのブログは内容が濃くて好きです。

アニソドンティアの一年を読ませてもらいました。可愛い花ですね、オオバボンテンカはそれより野生的というか雑草みたいな感じです。種子ができないのは、自家受粉をしないからなのでしょうか?それとも園芸種で何かと掛け合わせているとか・・・アオイ科の種子はけっこう面白くて、どれも種子まで追いかけたくなります。形は違うけれどキンゴジカやイチビの種子も尖ってました。アニソドンティアの種子が見てみたいですね。
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit

2014.12.03 Wed 22:32  アニソドンテアの種子

4年目にして初めてアニソドンテアに種子ができました。
まるでpandaさんの念力にかかったようです。
ヤノネボンテンカのように単純明快な5分果ではなくて不思議な形をしていました。
でも私はこの花の本名がわからなくなって悩んでいます。

2014.12.03 Wed 23:24  ★夕菅さんへ★

夕菅さん、こんばんは
アニソドンテアの記事読みましたよ、私も調べてみたのですが、どうも似たのがいっぱい出てきてよくわかりません。アオイ科はウサギアオイとナガエアオイのように、見わけるのを挫折したものもあります。写真では無理かなぁとあきらめてしまいました。でも、可愛い花でしたね。たくさん咲いて見事でした。それに種子も面白かった。アオイ科の種子は風散布、海流散布、くっつき虫と七変化、アニソドンテアはいったいどんな散布のされ方をするのか、いろんな空想をしました。風に吹かれて運ばれて、そのうち石や土が穴につまって大地に根を下ろすとかね^m^ そして南アフリカはお花畑みたいな国なのかなぁと思いを馳せていました。
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2023-215adf1a

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

最近であった花

memoφ(。・・。 )memo

春のムクノキ 雄花
ムクノキの雄花を確認・・・

コメントありがと!

TBありがと!

ブログ内検索

最近うまく拾ってくれません<(_ _)>

<< Archives >>

お気に入りの散歩道

カテゴリー

参考文献

Panda

Author:Panda
花の分類・内容については
平凡社
 日本の野生植物草本1-3
 日本の野生植物木本1-2
 日本の野生植物シダ 
 日本の帰化植物
日本帰化植物写真図鑑(全農教)
日本のシダ植物図鑑1-8
     (東大出版)
しだの図鑑(保育社)
日本のスゲ(勝山輝男)
カヤツリグサ科入門図鑑(全農教)
イネ科ハンドブック(文一総合)
日本の水草(文一総合)
日本のテンナンショウ(北隆館)
増補改訂新版日本のきのこ(山溪)
検索入門きのこ図鑑(保育社)
長崎県植物誌(中西弘樹)
長崎県植物誌(外山三郎)
長崎県シダ植物誌(松林文作)
対馬の花ⅠⅡ(邑上益朗)
九州の野の花 春夏秋
日本の野菊(山溪)
樹に咲く花1~3(山溪)

Flora of japan
その他
から引用しています

参考にしているサイト
撮れたてドットコム
大阪南部の自然シダ植物
日本のシダ植物
西宮の湿生・水生植物

「虫えい同好会」の掲示板


ブログ中の風景画像は自生地保護のため、一部修正してあります。

あしあと数

2007.12.19 統計開始

リンク


アマゾンさんから本の画像を借用させて頂いていますので、広告を載せています。

只今修行中φ(。・・。 )

まだ駆け出しの植物好きです。間違いも多々あるかと思います。その際はご指摘いただけると幸いです。どうぞよろしくお願い致します。また、個人的なメールも下記より送信してください。

メールフォーム

画像が「not found」になる場合

拡大する画像が 「not found」や「404エラー」の場合。再読み込みしても表示されない場合
http://blog-imgs-42-origin.fc2.com/n/a/n/nannjyamonnjya/IMG_0084.jpgの中の-originを抜いたURLだと表示されることがあります。 ネット上には画像があるのですが…

Top