花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
…カヤツリグサ科
  • シカクイとその雑種

  • シカクイ?

    まだ小穂が出始めたばかりの頃ですが
    四角い茎と丸い茎のがありました。シカクイと丸いのは何だろう?

    変なのが・・・

    数週間後訪ねてみると、丸いものには芽生したものがあります。
    もしかしたらこれがイヌシカクイかしら?でもまだそう果が熟していません。

    シカクイ

    その数週間後、もういいかもと小穂をもらって帰ることにしました。
    まず、茎が四角いもの

    齧ってないけど・・・

    パンダが齧ったと言われそうなので、小さな画像で m(_ _;)m
    茎の断面は四角形。稜のひとつは発達していなかったり
    (マシカクイは稜が均等にはりだしている)

    そう果

    刺針状花被片の小刺毛が密生しています。ということで、これはシカクイ。



    イヌシカクイ

    こちらは芽生しているもの、

    パンダが齧った・・・ r(^^;

    茎は細く、断面は円形~楕円形。はっきりしない稜があるものもありました。

    そう果

    シカクイのそう果と似ていますが、イヌシカクイのほうが刺針状花被片の小刺毛が短いそうです。
    イヌシカクイに似ているけれど・・・茎の形態で見わけてもいいのかしら・・・
    シカクイと鱗片やそう果の形の差は、ほとんど感じませんでした。

    マツモムシさんにコメントを頂いて、もう一度考えてみました。
    茎が丸いものには、結実しているものと、ほとんど結実していないものがありました。

    結実していない

    結実していない小穂が残っていたので拡大してみました。
    小穂の長さは1cm、よれて先のほうが細くなっています。
    また、葯が開いていないのも気になります。もしかしたら、雑種なのかもしれませんね。
    ということで、イヌシカクイは取り下げようと思います。
    このシカクイの周りにはハリイがありましたが、他のハリイ属がなかったか確認していません。
    何との雑種なのかは、来年もう一度調べてわかればいいですが・・・

    カヤツリグサ科も90種を超えました。今年中に100種を目指しま~す (^.^)>

    ------------------------------------------------------------
    シカクイ
    分類   カヤツリグサ科 ハリイ属
    分布   北海道~沖縄
    web拍手 by FC2

    5 Comments

    光田 重幸 says..."こいも、ちと順序が…"
     セトヤナギのときもそうでしたが、ミツカドシカクイよりも普通なシカクイやイヌシカクイが、後から出てくるなんて…。この二つは混生したり近くに有ったりするので、慎重になっていたのでしょうね。
     「茎の形態で見わけていいのか…」これは重要な指摘です。昔の鑑別分類の匂いがします。これを確かめるには種子を多量に蒔いて育て、形質が安定しているか見るのが早道なのですが、言うは易しで、シカクイ類を多量に育てるのは気が重いです。
     マツモムシさんのご意見を待ちましょう。
    2014.11.06 19:46 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    マツモムシ says..."混生しているとは・・・"
     こちらで私が見た限りでは、シカクイとイヌシカクイが混生している例はいまだ見たことがありません。今のところ兵庫県内ではシカクイ、マシカクイ、イヌシカクイは地域的な棲み分けがきっちりしているという印象です。唯一ミツカドシカクイとイヌシカクイが同所的に生えていたことがありましたが、そこでは雑種らしきものは見当たりませんでした。
     シカクイとイヌシカクイが混生しているのならば、茎の丸いイヌシカクイとしている方を慎重に見極めるべきかと思います。周囲にハリイの仲間がないか注意したほうがいいでしょう。一つの小穂の結実率も調べたほうがいいと思います。結実率があまり良くなかったならハリイ類との雑種である可能性があります。結実も正常であれば混生の稀な例だと思います。
    2014.11.07 00:43 | URL | #7qQ58teA [edit]
    panda says..."皆さま、おはようございます。"
    みっちゃん先生、ミツカドシカクイは瓢箪からこまみたいな・・・
    シカクイやマシカクイは時々出会っているのですが、この丸い茎のにも2ヵ所で出会っています。どちらもオオミズゴケがはえるような湿地です。オオハリイは前に群生していたのを見たことがあるのですが、そんな感じじゃなくて、サンプルに持ち帰ったものをミニ湿地に植えてみました。それが、シカクイのそう果に似ていたのでイヌかな?と思ったのです。また来年出てくると思うので確認してみますね。

    マツモムシさん、同じところにハリイがはえていました。2回目に訪ねたときそう果を見つけることができなかったので、ハリイとこのサンプルを持って帰りました。それで、家のミニ湿地で育ったものにはそう果ができていました。ハリイのほうは枯れてしまいました。でも、よく結実したものと、まったく結実していないものがありました。
    イヌハリイは混生していないところで見つけて、そう果を比べてみますね。もしかしたら、違いをみつけることができるかしら?

    追伸
    ただいま~♪ボランティアから帰ってきました。茎の太さは、シカクイもイヌシカクイspも同じくらいで、今計ったら約1mm、すっかりぺしゃんこになっていました。それから、残っていたのがそう果ができていない小穂だったので、追加して画像を載せてみます。雑種といったほうがいいですね。近くにはハリイはあったのですが、他のハリイの仲間がなかったとも言い切れませんので、ハリイとの雑種とは決められないので来年の課題にします。
    2014.11.07 07:58 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    マツモムシ says..."イヌシカクイについて"
     オオミズゴケのある湿地で、地質が流紋岩質や花崗岩質で貧栄養気味になりやすい場所では、こちらではイヌシカクイが出てくる傾向が高くなります。
     で、そういう場所でイヌシカクイとハリイ類が混生していると、茎が丸いため悩ましいことになります。シカクイ類とハリイ類の雑種は草丈も茎の太さもほとんど変わらないため、1株1株確認していくしかありません。
     今回のシカクイsp.は葯が開いていなかったとのことですが、切開して中の花粉を調べてみてはどうでしょうか?粒の大きさが不揃いであればほぼ雑種と考えてよいと思います。
    2014.11.08 00:36 | URL | #7qQ58teA [edit]
    panda says..."★マツモムシさんへ★"
    マツモムシさん、おはようございます。
    花粉を調べてみるのですね、了解しました。いまから鹿児島へ行ってきま~す。月曜までしばらくお休みします。
    2014.11.08 03:37 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2018-3970841c
    該当の記事は見つかりませんでした。