花の日記

 山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録

ミツカドシカクイ

ミツカド?

セイタカハリイとオオハリイはどんなに違うのかな?と連れてきたサンプルが・・・
ミツカドシカクイみたいです。
茎が三角だからミツカドシカクイなのですが

断面

三角になり方はいろいろで、角は3つだけれど四角に見えるものもあります。
3つ角があるから、ミツカドシカクイ? ^m^

茎の太さは1mm

茎は1mmでも、しゃんとしているので

全体

ぐにゃぐにゃに折れ曲がるということはないみたいです。

小穂

細い小穂は不稔のものが多く、そう果はふっくらしているほうに入っていました。

そう果

柱頭は3岐、そう果は約1mm、茶褐色で広倒卵形~円形。
刺針状花被片はそう果の2倍長、小刺は羽毛状で下向きに密についています。
柱基の幅はそう果と同じくらいで5角形、
鱗片は鈍頭で長さ4mmくらい。

根茎

ゆるく叢生して、短い根茎をのばしていました。

※横断面が鋭三角でないのは、地域変異なのか?雑種になった可能性はないかとコメントを頂きました。

-------------------------------------------------------
ミツカドシカクイ
分類  カヤツリグサ科  ハリイ属
分布  北海道~九州

シカクイの品種。低山地の湿地にはえる。

クリックすると大きくなります。 そう果の拡大
web拍手 by FC2

Comment

2014.11.04 Tue 19:31  

三角(←みつかどで変換するな)なのに四角とはこれいかに。
自己矛盾満々な命名ですな~。
それでなくてもカヤツリグサ科は面倒なのにもはやお手上げ(^^;)

2014.11.04 Tue 19:42  茎の変化がおもしろ~い

 刺針状花被片が羽毛状で、鱗片が円頭にちかい鈍頭、茎の断面が三角とくれば、もう迷いようなし。しかし、これほど茎の断面が変化するとは、私も知りませんでした。シカクイには5-6角のものを見たことがあるのですが(昔のことで、雑種かどうかまでチェックしていませんが)、ミツカドシカクイはきれいな鋭三角とばかり思っていましたね。
 平家蟹さんの指摘の通り、これは苦し紛れの命名。サンカクイはすでに別種で命名されていますから、使えなかったということ。いっそのことプリズムイとでもしたほうが…。でも植物名には見えないかな。
  • #UPCNk2uw
  • 光田 重幸
  • URL
  • Edit

2014.11.04 Tue 20:35  ★平家蟹さんへ★

平家蟹さん、こんばんは。
シカクイの横断面が三角なのをミツカドシカクイというらしいのですが、これはまだミツカドシカクイになる途中?標本の横断面を見ると四角のもあるのです。シカクイの品種だからいいのかな?
めんどうだけど、面白いですよ平家蟹さん。1年我慢して調べると少しわかってきました。でもまだ100種になっていないから、目指せ100種!
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit

2014.11.04 Tue 23:49  ヘンゲンシカクイ

 痩果の柱基の大きさからみてもミツカドシカクイでしょうね。しかし、こちらのものは横断面は常に3稜形で安定しているのですが、地域変異でしょうか。注意すべきは、まわりにハリイの仲間があれば雑種をつくることがある点。
 こちらではイヌシカクイ、ハリイ、エゾハリイ、オオハリイが混生する湿地があって、妙に結実率が悪い細めのイヌシカクイのようなものがあって、もう一方の親がどうしても解りません。交配実験でもやれば解るのかもしれませんが、今のところ放置しています。

2014.11.05 Wed 01:59  ★みっちゃん先生へ★

みっちゃん先生、こんばんは。
「茎の断面が三角」そこが微妙なのです。ネット上には「ミツカドシカクイはきれいな鋭三角」ということが書かれているものもありました。
上にマツモムシさんからもコメントを頂いているのですが、典型的なミツカドシカクイではないのかもしれません。そこのところが、これからミツカドシカクイを見つけたら断面がどうなのか確認してみます。でも、ハリイの仲間はどれも茎が細いから、似たのが多すぎです。気がつがついた片っ端から確認しないといけませんね。見えるかなぁ・・・
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit

2014.11.05 Wed 02:21  ★マツモムシさんへ★

マツモムシさん、こんばんは。
やはり、茎の横断面にシャープさがないですね。この日はハリイを気に止めていなかったのでよくわかりません。でも、ハリイの仲間はどこにでもいるから、それとの雑種なのかもしれませんね。細い小穂は結実していないけれど、丸い小穂の中からはたくさんそう果が出てきました。茎も小穂もばらばらにしてしまったので、茎の3稜になりかたと関係がるのかよく観察しておけばよかったです。
一応、その旨本文中に書き加えてみます。いつもありがとうございます。
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2017-bca7cec8

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

最近であった花

memoφ(。・・。 )memo

マルバグミが食べごろです マルバグミ
大きいので、味を楽しめますよ~!でもよく熟したものがおすすめ

コメントありがと!

TBありがと!

ブログ内検索

最近うまく拾ってくれません<(_ _)>

<< Archives >>

お気に入りの散歩道

カテゴリー

参考文献

Panda

Author:Panda
花の分類・内容については
平凡社
 日本の野生植物草本1-3
 日本の野生植物木本1-2
 日本の野生植物シダ 
 日本の帰化植物
日本帰化植物写真図鑑(全農教)
日本のシダ植物図鑑1-8
     (東大出版)
しだの図鑑(保育社)
日本のスゲ(勝山輝男)
カヤツリグサ科入門図鑑(全農教)
イネ科ハンドブック(文一総合)
日本の水草(文一総合)
日本のテンナンショウ(北隆館)
増補改訂新版日本のきのこ(山溪)
検索入門きのこ図鑑(保育社)
長崎県植物誌(中西弘樹)
長崎県植物誌(外山三郎)
長崎県シダ植物誌(松林文作)
対馬の花ⅠⅡ(邑上益朗)
九州の野の花 春夏秋
日本の野菊(山溪)
樹に咲く花1~3(山溪)

Flora of japan
その他
から引用しています

参考にしているサイト
撮れたてドットコム
大阪南部の自然シダ植物
日本のシダ植物
西宮の湿生・水生植物

「虫えい同好会」の掲示板


ブログ中の風景画像は自生地保護のため、一部修正してあります。

あしあと数

2007.12.19 統計開始

リンク


アマゾンさんから本の画像を借用させて頂いていますので、広告を載せています。

只今修行中φ(。・・。 )

まだ駆け出しの植物好きです。間違いも多々あるかと思います。その際はご指摘いただけると幸いです。どうぞよろしくお願い致します。また、個人的なメールも下記より送信してください。

メールフォーム

画像が「not found」になる場合

拡大する画像が 「not found」や「404エラー」の場合。再読み込みしても表示されない場合
http://blog-imgs-42-origin.fc2.com/n/a/n/nannjyamonnjya/IMG_0084.jpgの中の-originを抜いたURLだと表示されることがあります。 ネット上には画像があるのですが…

Top