花の日記

 山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録

サンカクホタルイ(カンガレイ×ホタルイ)

サンカクホタルイ

湿地の調査に参加させていただきました。
いつも一人では入って行けそうにない山奥深くまで連れて行ってもらえるので楽しみにしています。
楽しみなんですが、今回はいろんな悩み事が山積 r(^^;
わからん、わからん・・・∞ と沈没していました。
その中で、ひとつだけわかったものがサンカクホタルイです。

それ!なんだか変です!

サンカクホタルイは一株ではなく、この株の周辺に数株あり根茎は短く横にはっていました。

三角

茎はカンガレイのように稜はなく、太った三角形。

断面

これが断面で、茎の径が3mm。

そう果

そう果はほとんど正常に結実して約2mm。刺針状花被片はそう果より少し長く

そう果表面

そう果表面の横皺はあまり目立たず、三稜形。

小穂

小穂は多くなく1~5個。ほとんどが2~3個で長くても1cmでねじれるということはありませんでした。

そばにカンガレイ、ヒメカンガレイ、ホタルイ、イヌホタルイがありましたが、
そう果の長さが2mmより大きめであることや、横皺が目立たないことなどから、
カンガレイとホタルイの雑種、サンカクホタルイではないかと思います。

------------------------------------------------------
サンカクホタルイ(カンガレイ×ホタルイ)
別名  シカクホタルイ
分類  カヤツリグサ科 ホタルイ属
分布  本州~九州

クリックすると大きくなります。 よく結実する。

クリックすると大きくなります。 混生していたホタルイ


※サンカクホタルイはカンガレイとホタルイの雑種、シカクホタルイはカンガレイとイヌホタルイの雑種とされていましたが、Yリストによると標準和名をシカクホタルイ別名がサンカクホタルイとなっています[Hayas. in J. J. B. 87: 184 (2012)]。シカクホタルイを使うとややこしいのでサンカクホタルイとしました。また、イヌホタルイとカンガレイの雑種は未記載であり、標準和名はまだないということです。

※分類体系は平凡社「日本の野生植物Ⅰ-Ⅲ」に従っています。
 現在はフトイ 属
※2012年の論文で、カンガレイやホタルイの仲間はフトイ属(Schonenoplectus)から分かれてホタルイ属(Schonenoplectiella)となったそうです。
web拍手 by FC2

Comment

2014.10.28 Tue 14:12  

こんにちは^^
おやおや・・・これはまた難しい。
雑種があるから難度が高くなっているのか
別名があるからややこしいのか・・・・
一回読んだだけでは理解できず最後は声に出して読んでしまいました。
カヤツリグサの▲の茎がかっこよく思えるこの頃です。
  • #nqmDjNZ.
  • ha-chan
  • URL
  • Edit

2014.10.29 Wed 01:49  ★ha-chanへ★

ha-chan、こんばんは
最近自分で書いてて、これでわかるかな?と思うことしばしば。主語をぬく癖があるので、何度も読み返すのですが。。。ごめんね。
別名のところを、もう少し書き加えました。これだとわかる?ha-chanがコメントしてくれて、よかったです。またよろしくね。
カヤツリグサの▲の中身が膨れたみたいで、面白いね。
おやすみ~♪
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit

2014.10.29 Wed 23:04  

いやいや、私の理解力&カヤツリグサの知識が乏しいのがイカンのです。
pandaさんに余計な作業をさせてしまいました。ごめんなさい。

先日いった公園で大きなカヤツリグサ科を見つけました。
茎の太さが・・・どう表現したら・・・・あっ!シュロの葉柄くらい、それよりもう少し太いかも。
なぜ、カヤツリグサ科とわかったかと言うと、ちゃんと名前と説明文の看板があったから。
ちゃんとした(正確な内容の)看板があると助かります。
道端や山の中にもこんな看板があるといいなぁと思ったのはほんの数分。
植物はずっと同じ場所にはいないということと、かくれんぼするように咲いているモノにとっては迷惑以外他にないでしょうね。
見つけることも楽しみですし…。
  • #f4O6ifVo
  • ha-chan
  • URL
  • Edit

2014.10.30 Thu 08:50  ★ha-chanへ★

ha-chan、おはようございます。
いえいえha-chanに解らなかったら、この文章はほとんどの人に理解してもらえないと思います。そんな日記は書きたくないので、やっぱり私の言葉で私のようなカヤツリグサ初めての人間にもわかるように書きたいと思うのです。

シュロガヤツリとかあったと思うのですが、これが河口に逃げ出して群生していました。けっこうきれいなカヤツリさんなので庭に植えてあったのが逃げ出したのかも。カヤツリグサはどこにでもあるので、楽しみがどこにでも落ちてる感じがします。わざわざ遠くへ行かなくてもねv(^^*)
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2013-47d49752

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

最近であった花

memoφ(。・・。 )memo

マルバグミが食べごろです マルバグミ
大きいので、味を楽しめますよ~!でもよく熟したものがおすすめ

コメントありがと!

TBありがと!

ブログ内検索

最近うまく拾ってくれません<(_ _)>

<< Archives >>

お気に入りの散歩道

カテゴリー

参考文献

Panda

Author:Panda
花の分類・内容については
平凡社
 日本の野生植物草本1-3
 日本の野生植物木本1-2
 日本の野生植物シダ 
 日本の帰化植物
日本帰化植物写真図鑑(全農教)
日本のシダ植物図鑑1-8
     (東大出版)
しだの図鑑(保育社)
日本のスゲ(勝山輝男)
カヤツリグサ科入門図鑑(全農教)
イネ科ハンドブック(文一総合)
日本の水草(文一総合)
日本のテンナンショウ(北隆館)
増補改訂新版日本のきのこ(山溪)
検索入門きのこ図鑑(保育社)
長崎県植物誌(中西弘樹)
長崎県植物誌(外山三郎)
長崎県シダ植物誌(松林文作)
対馬の花ⅠⅡ(邑上益朗)
九州の野の花 春夏秋
日本の野菊(山溪)
樹に咲く花1~3(山溪)

Flora of japan
その他
から引用しています

参考にしているサイト
撮れたてドットコム
大阪南部の自然シダ植物
日本のシダ植物
西宮の湿生・水生植物

「虫えい同好会」の掲示板


ブログ中の風景画像は自生地保護のため、一部修正してあります。

あしあと数

2007.12.19 統計開始

リンク


アマゾンさんから本の画像を借用させて頂いていますので、広告を載せています。

只今修行中φ(。・・。 )

まだ駆け出しの植物好きです。間違いも多々あるかと思います。その際はご指摘いただけると幸いです。どうぞよろしくお願い致します。また、個人的なメールも下記より送信してください。

メールフォーム

画像が「not found」になる場合

拡大する画像が 「not found」や「404エラー」の場合。再読み込みしても表示されない場合
http://blog-imgs-42-origin.fc2.com/n/a/n/nannjyamonnjya/IMG_0084.jpgの中の-originを抜いたURLだと表示されることがあります。 ネット上には画像があるのですが…

Top