花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
…カヤツリグサ科
  • ツクシテンツキ

  • クリックすると大きくなります。

    温泉が湧き出すような場所や、「地獄」と呼ばれるような
    育つのには厳しい環境にはえている、ツクシテンツキ。

    強いのか?弱いのか?

    高い地温や硫化水素、酸性の強い土にも育つことができる植物は
    強いのか、弱いのか・・・?

    クリックすると大きくなります。

    地獄の最前線で生きている

    イオウの塊

    イオウのすぐそばのは20cmくらい

    群生

    地獄から少し離れると、60cmくらい高く育ち、マット状に群生しているところも。

    ツクシテンツキ

    柵があり、特徴をうまく撮れないのです。

    そう果

    時期的にもう少し早いほうがよかったですね。
    温泉噴気孔付近だけに生育するツクシテンツキは、少し離れると他の植物に負けてしまいます。

    --------------------------------------------------
    ツクシテンツキ
    分類   カヤツリグサ科 テンツキ属
    分布   九州

    温泉噴気孔付近の草地にはえる。

    クリックすると大きくなります。 そう果にばらつきがありました。

    クリックすると大きくなります。 クリックすると大きくなります。  そう果
    web拍手 by FC2

    8 Comments

    平家蟹 says...""
    地獄の最前線に生えているのか(^^;)
    でもこういうのやコケ類が生えてくるから他の植物も後から進出出来るんだろうな。
    そういうのが生えてきたらご苦労さんとばかり追いやられるんだろうな。
    やっぱし弱い植物か。
    悪環境には強くても他の生物との競争力は弱いというのはいるよね。
    2014.10.03 15:27 | URL | #VD0bvtlU [edit]
    光田 重幸 says..."強い弱い"
     念願のツクシテンツキ、楕円形に近い格子紋がきれいですね。見た感じイソヤマテンツキに似ています。局所的に生えるものとして知られていますが、調べると九州以外でも出てくるような気が。愛媛の保内町の記録は真偽不明らしいですが、火山の噴気孔付近とか、有馬温泉あたりの源泉は要注意かも。
     生態学では、強い・弱いという言葉は使わないのが原則です。人間の価値観を持ち込みがちだからです。しいて言うなら、「競争力に優れる・適応力に優れる」といいます。つまり、競争力に優れるものは、適応力に劣る。適応力に優れるものは、競争力に劣る。両方を兼ね備えたものは、まず無いと思ったほうがいいです。もっと正確に言うと、恵まれた環境で力を発揮するのが競争力に優れるもの。過酷な環境で力を発揮するのが、適応力に優れるもの。もちろん、ツクシテンツキは後者です。
    2014.10.03 20:29 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda says..."★平家蟹さんへ★"
    平家蟹さん、こんばんは。
    そうね、植物の生き方をみていると適応力や競争力や、人の生き方にもつながるものがあると思います。ひとつひとつが大切な役割を果たしているのよね。
    それびしても、ツクシテンツキの地獄の中でも育つことができる力には感激しました。
    2014.10.03 22:21 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    ha-chan says...""
    こんばんは^^
    おお!硫化水素のにおいがこちらまで してきそうな場所ですね。
    厳しい場所であろうと想像するのは そこで生きているものにとっては
    余計なお世話なのかも知れませんね。ついつい、自分の尺度で考えてしまいます。
    草津温泉に行った時のイデユコゴメのことを思い出しました。
    酸性の環境で生きることができる仕組みは何なのか気になりました。
    いったい何が違うのか・・考えるとワクワクしませんか?
    2014.10.03 23:29 | URL | #f4O6ifVo [edit]
    panda says..."★みっちゃん先生へ★"
    みっちゃん先生、こんばんは。
    ツクシテンツキはこれと言って特徴がなく、ぱっと見た目はテンツキやイソヤマテンツキに似ています。じっくり見れば葉の様子など違いがみえてくるのかもしれませんが、地獄の中にあるからツクシテンツキだろうという判断をしてしまいます。そして、ツクシテンツキは適応力はあるけれど競争力はない植物なのですね。植物は住み分けたり、遷移をくりかえしたりして命をつないでいるけれど・・・
    私もツクシテンツキは全国の火山の近くにありそうな気がするのですが・・・
    2014.10.03 23:38 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    panda says..."★ha-chanへ★"
    ha-chan、こんばんは
    もう、そろそろ思考回路が切れそうです。
    イデユコゴメって、イネ科なのかしら?と思って調べてみたのですが藻なんですね。それもコロコロと丸くて可愛い藻。というより細胞だけのような変なやつ^m^ 小さくても、武装して生きている。そうね、住めば都で余計なお世話なのかも。他の植物に乗っ取られたら、また何処かに地獄ができて繁殖するとか・・・
    その仕組みを知るのは面白そうだけど、今日はとにかくおやすみなさい。
    台風に気をつけてね。何事もありませんように…(。-人-。)
    2014.10.04 00:07 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    マツモムシ says..."見逃すところだった!"
     ツクシテンツキ、おめでとうございます。このところシーズン真っ盛りで夜の作業が多くて、危うく見過ごすところでした。
     ツクシテンツキの決定版ですね。 見た目はほんとにイソヤマテンツキにソックリ。酸性土壌によく適応している植物は沢山あるけれど、硫黄のすぐそばというのはやはり驚きですね。有馬の源泉、家からそう遠くないので今度チェックしてみましょうか。
    2014.10.05 01:07 | URL | #7qQ58teA [edit]
    panda says..."★マツモムシさんへ★"
    マツモムシさん、こんばんは
    ツクシテンツキはたくさん生えていました。もうすこし時期的に早かったら小穂の形もきれいに撮れたのですが。また、来年きちんと写真にしてみます。雨も降っていたのできれいな写真ができませんでした。
    テンツキの仲間もみんな似ているような気がしてきました。ハリイも、ホタルイも・・・カンガレイも、わからないことだらけで、今年はわかるのだけアップしますね。
    ツクシテンツキはほんとに地獄の中に生えていて、ビックリしました。
    2014.10.05 03:08 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2003-20d89806
    該当の記事は見つかりませんでした。