花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
湿地・水田の植物
  • スブタ

  • スブタ

    スブタの種子です。スブタの仲間では一番カッコいい!
    両端の尾状突起の長さは、長崎のは短いのかな?
    10個くらい果実を開いてみたけれど、みんなこんな感じでした。
    お髭の長いスブタの果実も見てみたい!

    花

    いつもくちゃくちゃした花なのに、花弁が3枚きれいに開いてると思ったら・・・
    写真で拡大してみると雌しべが長く伸びていて、やっぱり細い花弁がぴろぴろ ^m^

    あれもこれも

    細いほうが花弁なんですよ~♪
    100mくらいある休耕田の脇の水路に、スブタがいっぱい!
    でも下段の田んぼが作られなくなってしまったら、水が止められてここも消えてしまうのかな。

    スブタとセトヤナギスブタ

    スブタの仲間が混在していて、悩ましいのだけどおもしろくて

    比較

    葉の幅や鋸歯など、あっちこっち調べたのですが

    鋸歯

    一ヶ月前はもっと鋭かった鋸歯も、流れでとぎれとぎれでした。
    その中で比較的はっきりしたところを撮っています。

    --------------------------------------------------------
    スブタ
    分類  トチカガミ科  スブタ属
    分布  本州~沖縄

    ため池や水田、水路など浅い水域にはえる一年草。
    茎は伸びず、多数の葉が根生。
    葉の長さは10-30cm(それ以上長いのもあり)、幅3-9mm

    クリックすると大きくなります。

    大きなものには一つの包鞘の中に花が2つついているものあり、どちらも果実ができていました。

    クリックすると大きくなります。

    種子の大きさは1.5mm。乾燥すると稜がはっきりします。

    セトヤナギスブタ ヤナギスブタ
    web拍手 by FC2

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1994-8366be98
    該当の記事は見つかりませんでした。