花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
湿地・水田の植物
  • ガマ

  • ガマの双子

    ガマで忘れられないのは、やっぱりこの双子。二度目の登場です。

    一番よく見るガマ

    ガマの仲間では、いちばんよく見かけます。
    ガマ一面になった休耕田を見ると、刈ってしまいたい心境に・・・^m^

    でっかいよ~♪

    写真では伝わらない大きさを、私の手と比べてみてくださいね。

    クリックすると大きくなります。 クリックすると大きくなります。 クリックすると大きくなります。

    採寸の結果 ^m^
    果穂は径23mm以上、全体が同じ幅
    葉の最大幅10mm以上
    果穂のすぐ下の茎径は6mmもあり、がっしりしています。(径4mm以上がガマ)

    止葉の脈拡大
     
    止葉の基部から上に10cmあたりの幅は7mm(幅5.2mm以上がガマ)
    葉の縦脈は規則感なく多数並んでいます。

    花穂

    ガマにもこんなに爽やかな頃があるけれど ^m^

    ガマの群生

    ガマとヨシが休耕田を埋め尽くしてしまいそうなのです。
    鳥や虫にはよい住処かもしれないけれど、植物の種類が少なくなってさみしい。

    -----------------------------------------------------
    ガマ
    分類  ガマ科 ガマ属
    分布  日本全土

    ガマの特徴は「花粉は4個ずつ合着する」そうで、他のガマは単粒で合着しない。

    コガマ ヒメガマ

    参考ページ:ガマ属 図入り検索表
    web拍手 by FC2

    4 Comments

    平家蟹 says...""
    1枚目の写真なんだかセクハラしているようなヾ(^^;)
    3枚目はとてもデッカイw(゚o゚)w、特大サイズのウインナーw

    ガマは「花粉は4個ずつ合着する」とは聞いていたけど顕微鏡でもないと無理無理。
    さすがpandaさん、詳しく採寸してますね。
    参考にはなるけど現地で見る頃には忘れているだろうなヾ(^^;)

    こちらでも先日アップしたガマ(多分)の生えている場所はヨシで占領されています。
    しかも下がベチャベチャで近づけない。
    刈り取ればもっといろんな湿生植物が生えてくるかもしれないけど
    結局競争力の強いヨシとかガマが生えてくるんだろうな。
    2014.08.24 14:40 | URL | #- [edit]
    panda says..."★平家蟹さんへ★"
    平家蟹さん、こんばんは
    ガマをみるとき、これは何ガマかな?なんて考えないで見ていたから、あちこち測ってみました。ヒメガマはすぐわかるけど、コガマもなんとなくわかるけど、中途半端なのが出現したんです。それで、その中途半間なのが何か知りたくて・・・^m^

    湿地もおもしろいのだけど、ガマばかりになってしまったから、ガマを調べるしかなかったりして・・・
    2014.08.24 20:30 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    ha-chan says...""
    こんばんは^^
    双子のガマってよくあるものなんでしょうか?
    かわいいから 見つけてみたいって思ってます。
    近くの調整池はガマと葦が茂りに茂って、サギたちの居住区に
    なっています。何年かに一度は重機が入って堆積土砂とともに
    撤去されます。その後の復活がまた凄まじく早い!!
    生命力を感じます。
    2014.08.24 22:53 | URL | #EnBiJh6A [edit]
    panda says..."★ha-chanへ★"
    ha-chan、こんばんは
    縦にお団子状の双子はたまに見かけるけれど、横に並んだ双子のガマは初めてです。誰かがガマを2つに裂くというような環境ではなく、獣道しかないような山奥の湿地。茎が二つに裂けたから双子なのか、双子になったから裂けたのか。なにしろ雌花の部分が裂けていないところが不思議なんです。
    ガマって撤去しても復活するんですね。このガマの湿原に穂綿が飛ぶ頃行くと、あたり一面ふわふわ飛んでいるんです。きっと無数の種が湿地の中にも埋もれているのかな・・・
    2014.08.25 00:21 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1974-9948b65a
    該当の記事は見つかりませんでした。