花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
湿地・水田の植物
  • コガマ

  • コガマ

    ガマの仲間で、コガマは小さくて可愛くて好きです。
    これは2段になっていて、人差し指と比べたつもりなのですがボケてしまいました。
    小さいのわかりますか? 写真の半分くらいの大きさでした。

    コガマたち

    コガマはガマやヒメガマと比べて少なく、出会ったときはうれしくなります。

    包

    長い包葉の中に白緑色の若い花穂が透けています。
    ガマの花穂って、こんなふうに生まれるんだなぁ・・・

    小さな包

    長い包葉が落ちたあと、雄穂を包んでいた小包が残っているものもみかけます。

    クリックすると大きくなります。 クリックすると大きくなります。 クリックすると大きくなります。

    採寸の結果、
    葉は1cm以内、
    雌花群の長さ約6~10cm、(これより大小あり)。熟したときの径も1~2cmと幅がありまた。
    また、果穂の形も下方が細い傾向にあり、ガマとの区別を径2.3cm以下としたものもあります。

    断面

    止葉の基部から上に10cmあたりの断面です。葉幅は3mm。
    縦脈は「太・細・中太・細・太」と規則的に並んでいます。

    コガマだけ

    ↑ここの湿地はコガマしかはえていませんが、背が高いので写真にするとガマとも思えます。
    下の写真は、ガマの中にコガマが入り込んでいたので大きさの違いがよくわかります。

    ガマとコガマ

    こんなに細かく見ているのは、近くにアイノコガマのようなものがあるため ^m^
    来春花粉まで確認しないとわからないので、とりあえずガマの仲間をまとめてみます。

    ------------------------------------------------------
    コガマ
    分類  ガマ科 ガマ属
    分布  本州~九州

    ガマに似ているが、茎の高さは1-1.5m。花粉は合着していない。

    ガマ ヒメガマ

    参考ページ:ガマ科 ガマ属(Typha)図入り検索表(1)
    web拍手 by FC2

    4 Comments

    ha-chan says...""
    こんばんは^^
    縦脈って?それが大事だってことが分かりました。
    葉に違いがあるとは思ってもなくて 詳しく見てなかったです。
    花ばかり見てた・・・。
    そんなことわざがあったなぁ~
    2014.08.24 22:31 | URL | #EnBiJh6A [edit]
    panda says..."★ha-chanへ★"
    ha-chan、ここにもありがとう。
    ガマはなれてくると遠くからでも見わけられるんですが、一つだけ見ると紛らわしいのもあったりして・・・それから、混生地ではどっちかな?と思うものもあって、それが見わけられるといいなと思いました。
    それで、脈にも特徴があるとわかったんです。私も調べてみて今わかったんだ。ところで、ha-chanうれしいニュースがあったの うふふ
    2014.08.25 00:30 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    ブリ says...""
    pandaさん、おはようございます。
    昨日コメント入れようと思っていましたのに、
    pandaさんに先を越されてしまいました。
    コガマはだいぶ前にみかけて、
    pandaさんのところで調べさせてもらいました。
    うちの子は短いけれど、もう少し太っちょな感じで、
    またコガマのお仲間でいこうと思っています^^

    いえ、ちがうんです。
    コメントしようと思っていましたのは、メドハギのことです。
    昨日ガソリンスタンドのそばで会うことができたお花です。
    またいつものように調べさせていただいていましたら、
    エゾミソハギの記事のところで、
    お盆の花のお話をされていて、登場していました。
    pandaさんのところではメドハギがお盆の花だったのですね。
    2014.09.24 10:01 | URL | #- [edit]
    panda says..."★ブリさんへ★"
    ブリさん、こんにちは。
    今頃雨が降り始めたのではないですか?
    コガマの大きさは、太いの長いのけっこうばらばらです。でも、葉が細いのがポイントです。
    メドハギはなぜか、ごく限られた部落単位での盆花です。それも、花が咲いていない時期に葉だけかざります。迎え花でなく15日の夜だけ飾る送り花なのです。なぜなのか???理由を義母にたずねたのですが、昔からの習わしとのことでよくわかりません。調べようにも、あまりにもごく一部の地域過ぎて記録もなく・・・夏の世のミステリー?
    2014.09.24 16:30 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1973-dfbb0efb
    該当の記事は見つかりませんでした。