花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
…イネ科イグサ科
  • ツクシケカモノハシ

  • ここにもある♪

    海岸で、ここにもケカモノハシがある♪と見てみると
    なんだか、毛深くなくてちょっと気になりました。

    雌性期

    こんな感じ

    節

    節には毛が密生しているし、葉の表裏とも毛がはえています。
    そういえば、ケカモノハシはいろんなのがあったなぁと思い出し

    雄性期

    これは雄性期

    花後

    そして花後。
    もっとアップにして毛の様子を見てみます。

    毛

    第1苞穎は翼があり、まばらに短毛がはえています。
    また、花序に毛がないわけでなく、割ると中軸には毛がはえています。

    根元

    「ケカモノハシの葉や葉鞘の毛が疎らな型」とされているツクシケカモノハシなのかなと思いました。

    -------------------------------------------------------------
    ツクシケカモノハシ
    分類  イネ科 カモノハシ属

    ケカモノハシとしていいのかな?
    追記
    光田先生からタイプ標本についておもしろいコメントを頂きました。読んでみてくださいね。

    クリックすると大きくなります。 芒

    クリックすると大きくなります。 葉鞘
    web拍手 by FC2

    10 Comments

    光田 重幸 says..."こいが学名のタイプらしい"
     Ylistではツクシケカモノハシがケカモノハシの異名になっていますね。変異の多い種類なので分けない意見もありえますが、京都ではこんな型は見たことがありません。九州には点々とあるようですが。
     長田氏によれば、現行のケカモノハシのタイプ標本は、じつはツクシケカモノハシなんだとか。和名と学名がクロスする場合混乱しがちです。私はツクシとケとのちがいは品種程度と思いますので、手続き上はケカモノハシがツクシケカモノハシの品種ということになりましょう。しかし両者に生態上のちがいが認められれば、変種である可能性も残ります。観察をつづけられますよう。
    2014.07.29 14:37 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    平家蟹 says...""
    えっケカモノハシにツクシがあるんですか、だからツクシってでーきれーだヾ(^^;)
    毛の生え具合からするとケカモノハシとカモノハシのちゅうかんくらいなんでしょうか。
    光田さんのコメントによると今のところ品種レベルの違いのようであまり深く考えないようにしよう(^^;)
    最近はあまり近所の海岸にも行ってないからケカモノハシも見てないな。
    2014.07.29 15:26 | URL | #VD0bvtlU [edit]
    panda  says..."★みっちゃん先生へ★"
     おはようございます。
     タイプ標本のみかけはツクシケカモノハシで名前はケカモノハシ。ということはこのカモノハシはケカモノハシと標本と照らし合わせて模範的なケカモノハシとなるのですね。そして、普通にあるのが毛の多いタイプ。
     生態上の違いというのは、生えている場所や気候などの違いのことでしょうか? ケカモノハシとツクシケカモノハシは似たような海岸の砂地に生えていました。野母半島と西彼杵半島なので地質的にも似ています。内海か外海かとの視点からも外海に面しています。あとは分布の違いですね。海岸を歩きながらケカモノハシを見かけたら毛の量を確認してみますね。
    2014.07.30 07:52 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    panda  says..."★平家蟹さんへ★"
    平家蟹さん、おはようございます。
    >だからツクシってでーきれーだヾ(^^;)
    北海道にはエゾとつくのが多いし、沖縄にはリュウキュウとつくのが多いし、九州にツクシとつくのが多いのはしかたない・・・残念なことにエゾとリュウキュウに縁がないから、ツクシで我慢して一緒に頑張ろう、平家蟹さんv(^^*) 山口も九州にいれてあげるから・・・
    え?嫌だって、そうですよね歴史ある長州藩ですもの。また行ってみたいなぁ山口・・・

    それで、山口のケカモノハシはどんなのか見させてもらったら、2つとも毛の多いタイプでしたね。ありがとう!タイプ標本からいえば、多毛タイプの品種でケカモノハシ。わからないなぁ~ヾ(^^;)
    2014.07.30 08:02 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    マツモムシ says..."生態的な違い"
     やはりツクシでしたか。
     このタイプはこちらでは見たことがありません。
     生態的な違いですが補足すると、例えば開花時期がツクシのほうが2週間ほど早いとか、茎下部が倒伏する傾向があって、節から発根するとか、生えている場所の土壌・水分条件が微妙に違うなどなどが挙げられると思います。ニョイ・アギ・ヒメアギの違いみたいなもので、これらは変種関係となっています。
    2014.07.30 22:19 | URL | #7qQ58teA [edit]
    panda  says..."★マツモムシさんへ★"
    マツモムシさん、おはようございます。
    ツクシって微妙な立場にあるのですね^m^
    それから、形態的な違いの補足をありがとうございました。開花時期は写真を撮ったのが10日ほど違いますが、ケカモノハシが咲き始めだったことを考えると、ほとんど同じのようです。茎下部が倒伏する傾向については確認してみますね。もう少し数をこなさないとはっきり言えないですものね。ニョイ・アギ・ヒメアギの関係でなんとなくわかりました。
    今日も暑い一日が始まりそうです。
    2014.07.31 06:43 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    多摩NTの住人 says..."こんにちは"
    カモノハシって、植物でしたっけ。
    初めて知りました。
    これは見てみたいですね。
    2014.07.31 08:01 | URL | #rId1tC1Q [edit]
    panda  says..."★多摩さんへ★"
    多摩さん、こんにちいは。
    暑い日が続いています。元気ですか?
    カモノハシはやっぱり変な動物ですよね。画像検索してもそれしか出てきません。カヤツリグサのカモノハシは・・・私も期待していたのだけど「カモの嘴」でカモノハシには似ていないかも ^m^
    2014.07.31 13:31 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    マツモムシ says..."イネ科ですよ~"
     今日も暑くてヘバリそうでした。
     カモノハシはカヤツリグサ科じゃなくて、イネ科ですね。
     ケアレスミスですね~
    2014.07.31 19:52 | URL | #7qQ58teA [edit]
    panda  says..."★マツモムシさんへ★"
    こんばんは、ありがとうございます。
    イネ科とカヤツリグサ科、わかっているようでまだ混乱したりしています。
    また、間違えていたら教えてくださいね。
    2014.07.31 22:27 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1957-28446211
    該当の記事は見つかりませんでした。