花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
…カヤツリグサ科
  • ウキヤガラ

  • どこかで見たことがある・・・

    湿地の向こうは海ですが、真水の湿地です。
    見たことあるような・・・こまさんのブログで見たウキヤガラの仲間かな?

    向こうは海

    調べてみると、ウキヤガラでよさそうです。それに京都でピチピチのウキヤガラを見ていました!
    こんなところで、また出会うなんてうれしい!

    5月

    これは5月のウキヤガラ

    トリミング

    湿地で近づけなかったので、トリミングしてみました。
    図鑑では2-4個の包葉をつけて、小穂は花序枝の先に5-8個集まってつくのですが
    まだ若くてよくわかりませんね。

    枯れてるけど

    枯れたのでも小穂の数が少ないですが、

    そう果

    柱頭が3岐して3稜形のそう果をつけていました。
    (コウキヤガラは柱頭が2岐)

    山側

    花序が枯れてしまったあと

    葉

    花序のつかない茎が花茎より高くなっていました。
    画像が足りなくてアップできなかったウキヤガラに出会えてよかった。

    「ヤガラ(矢幹)」はまっすぐな茎のかたち、冬に枯れて水に浮かぶようすからウキヤガラ
    なんだかステキな名前ですね・・・と思うは、今、時代ものにはまってるから?^m^

    ------------------------------------------------------
    ウキヤガラ
    分類  カヤツリグサ科  ウキヤガラ属
    分布  北海道~九州

    水辺や湿地にはえる。横走する根茎があり群生する。

    クリックすると大きくなります。 小穂

    クリックすると大きくなります。  そう果
    web拍手 by FC2

    2 Comments

    光田 重幸 says..."やっほー!"
     京都(本当は高槻市…大阪府?)での画像が日の目を見て、良かったです。ピチピチ個体だけでは絵にならないというのは、私の持論でもありますし。
     うちの畑にも、淀川の工事で移植せざるをえなかったウキヤガラの根茎の残りを貰って植えていますが、球状の根茎がつらなった、おもしろい形です。その生長速度の速いこと! いまでは隣りの畑にまで侵入しています。
     こういうわかりやすいものも、カヤツリグサ科にはけっこうあるのですよね。しかも汀に生える生態学的にも重要な種類です。攻略せざるべからず(時代劇ふうになりました)。
    2014.07.12 15:37 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda  says..."★みっちゃん先生へ★"
    こんばんは、ウキヤガラに出会えてよかったです。根茎も見てみたかったのですが、抜けません・・・。画像検索してみるとクワイのような球根なのですね、可愛かったです。どうせなら、美味しかったらいいのに・・・畑では大群生すると大変そうです。この湿地には他にもなにかありそうだと思ったのですが、長靴くらいでは入れません。とくに一人のときは両足取られたら・・・どうやって脱出していいか・・・そろそろ、スゲは終わり、カヤツリグサとイネ科が目立ちます。
    2014.07.12 23:28 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1945-60e0757c
    該当の記事は見つかりませんでした。