花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
…カヤツリグサ科
  • ヒメシラスゲ

  • ヒメシラスゲ

    有花茎の高さは15~25cmくらいの可愛いスゲです。
    前回シラスゲで悩んだので、すぐヒメシラスゲは候補にあがってきました。

    小穂

    頂小穂は雄性で、すぐ下の雌小穂より短く
    小穂は茎の上のほうにかたまってついていました。

    クリックすると大きくなります。

    匐枝を出して、まばらにはえていました。

    まばら

    基部の鞘は淡い色で、葉の幅は5-7mmくらいあり
    包は葉身が長くて無鞘

    小穂

    雌鱗片は淡い緑色で、果胞より短く

    果胞

    そう果は3稜形。

    台風の実況中継、長崎に接近しているはずなのに風も雨も気になりません。

    ---------------------------------------------------------
    ヒメシラスゲ
    分類  カヤツリグサ科 スゲ属 ヒメシラスゲ節
    分布  北海道~九州

    山地の落葉樹林内にはえる。

    クリックすると大きくなります。 葉裏の乳頭状突起
    web拍手 by FC2

    4 Comments

    光田 重幸 says..."御意にて候"
     なんの問題もござりませぬ。エナシヒゴクサに似ているといわれることもありますが、こんなに葉幅が広いのですから、現実には間違えませんね。
     ヒメシラスゲの葉裏は、「シラスゲ」というのが詐欺にあたるほど。写しておくほうがいいかなぁ。4枚目の写真に見えているシダは、ヤマドリゼンマイでしょうね。ヒメシラスゲも、同じように湿地を好みます。
     この写真のものは、雌鱗片の先がかなり芒状になりますね。変異の範囲内ですが、そうならない系統もあります。
    2014.07.10 04:06 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda  says..."★みっちゃん先生へ★"
    おはようございます。
    台風はいずこへ上陸したのでしょう?雨も風も吹いていなければ空も明るい、カラスが鳴いています。

    ヒメシラスゲとの太鼓判ありがとうございました。雌鱗片は芒状に「ならないものもあるのですね。葉裏の写真撮って追加してみます。それから、ヤマドリゼンマイにはいつも何かしら?と悩まされます。枯れた胞子葉が残っていたので気がつきましたが、いつも初めてかもと思って近づいてしまいます。夕べはイトスゲのようなヌカスゲのような仲間で葉の細いスゲに悩まされて、結局一つしかアップできませんでした。
    2014.07.10 06:50 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    マツモムシ says..."ヒメシラスゲ"
     ヒメシラスゲ、正解です。ヒメシラスゲはどちらかというと分かりやすいスゲのひとつですね。いろいろな場所でよく見かけます。光田先生が仰るようにエナシヒゴクサとは雰囲気が全く違うので、エナシヒゴクサを見つけたらすぐに判ると思います。

     イトスゲのようなヌカスゲのようなスゲに悩まされていますか。私もクジュウスゲとすべきか、キイトスゲとすべきかとても迷っているスゲがあります。キイトスゲなら兵庫県新産なのですが。
    2014.07.10 20:34 | URL | #7qQ58teA [edit]
    panda  says..."★マツモムシさんへ★"
    マツモムシさん、こんばんは。
    ヒメシラスゲも鬼に金棒になりました。ありがとうございます。
    昨日はイトスゲみたいに細いスゲと、アイノコシラスゲなのかもというスゲで彷徨いました。アップしてみっちゃん先生とマツモムシさんに伺うのが早道なので、何度もbssに載せてみようと思いましたよ  r(^^;
    今日のマツモムシさんのヒントで考えると、果胞が2mmくらいで嘴が短いからクジュウスゲではないし、キイトスゲも黄色い部分があるかしら?と思うし・・・頭を冷やして、また別の日に考えてみます。
    シラスゲのところに、アイノコかな?と思うものを今から追加してみますので、見てくださいね。

    http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/blog-entry-1941.html
    2014.07.10 21:17 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1944-54161c56
    該当の記事は見つかりませんでした。