花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
シダ・コケ
  • オオクボシダ

  • オオクボシダ

    オオクボシダは見たかったシダですが、ブナの森で出会いました。
    え~!こんなに小さいの? が第一印象。

    樹皮に・・・

    登山道沿いの樹皮にあちらこちら見ることができたので、この森の妖精かも。

    指と比較すると

    ソーラスはついているの?とめくってみた指と比べてみると大きさがわかりますか?

    ソーラス

    ソーラスは羽片の基部ちかくに並んで、葉の両面には硬い毛がはえています。

    一番大きいので・・・

    オオクボシダは可愛いので、こんな登山道沿いなら連れて帰られることも多いのかな
    ほとんどが目にかからないくらい小さく、5cmくらいのが一番大きいものでした。
    そっとしておいてほしい、妖精さん・・・

    2017/07/10
    ソーラス

    屋久島でたくさんのオオクボシダに出会いました。
    ソーラスを撮りなおしたので、貼ってみます。


    --------------------------------------------------------------------
    オオクボシダ
    分類   ヒメウラボシ科  オオクボシダ属
    分布   本州(関東以西)~九州
    撮影地  熊本

    山地の樹幹や岩上につく。
    web拍手 by FC2

    2 Comments

    光田 重幸 says..."え~、みつけたの…"
     いいな、いいな。もう何年会ってないだろう…(こちらの出無精はさておき)。
     オオクボシダは暖帯上部のものですが、ときにはブナ帯まで達するようですね。京都府にも一度だけ記録があります。その後の音沙汰はありません。
     生長が遅いシダですから、一枚の葉が二年にわたって生長することも珍しくありません。最初の写真で、葉がくびれているように見えるところがあります。そこが冬(まさか、夏? 私の宿題で、未解決)かもしれませんね。
    2014.07.09 09:08 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda  says..."★みっちゃん先生へ★"
    こんにちは、みっちゃん先生。
    オオクボシダに会えましたよ!ほんとは「ホテイシダ、ホテイシダ」と呪文を唱えながら、樹幹をみていたのですが、思いもかねぬオオクボシダ!最初はナニコレ?と思うくらい小さかったです。でも、けっこうたくさんあちこちにくっついていました。一枚の葉が二年にわたって成長するのですか?そういわれてみれば、先端のほうはまだ若草色で成長中ですね。それにしても、こんなに小さなシダなのに成長が遅いなんて・・・

    台風で明日まで何にもできないから、スゲの名前をどこまで探し出せるかやってみます、採点してくださいね。
    2014.07.09 14:34 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1943-261a3078
    該当の記事は見つかりませんでした。