花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
野の花山の花
  • カラムシ

  • よま

    昨日は公民館講座の「よまつくり」のお手伝いをしました。
    「よま」って長崎弁なんですか?タコ糸のような太い糸のことです。
    子どもの頃から、「ハタあげのよま」「コマをまわすよま」と使っていたのに
    いつの間にか「タコ糸」と呼ぶようになって忘れていました。

    おばあちゃんたちは大喜び

    これで作ります

    植物の茎の皮で作ります。

    カラムシ

    使った植物はカラムシ・・・おばあちゃんたちは「パンパングサたい」と言います。
    カラムシやナンバンカラムシなどを「苧麻」ともいうそうで
    苧麻 ちょま ちょま ちょま よま・・・と、なまったそうですが定かではありません。
    ほんとは、もっときれいな繊維にして作るのですが。

    白い葉裏

    白い葉裏が特徴で、どこにでもあります。
    あるときはオレンジ色の頭の毛虫が大発生して悩まされました。

    ラミーカマキリ

    パンダ?キョンシーみたいなラミーカミキリもよく見かけます。

    花

    イラクサ科なので、地味な花が咲いてこれは雄花。
    林道など放置されたところでは、私の背丈をこえるものもあります。

    そろそろ、このカラムシ属もまとめなくちゃ・・・^m^

    ---------------------------------------------------------
    カラムシ
    別名  マオ  クサマオ
    分類  イラクサ科 カラムシ属
    分布  本州~沖縄

    カラムシは、繊維をとるのにカラ(茎の幹)を蒸して皮をはいだから。

    (カラムシの仲間は葉が互生)
    葉裏の青いものをアオカラムシ
    カラムシより大きく、荒い毛が密生するものをナンバンカラムシ
    さらに大きいものをラミー。

    ※写真のものは茎の毛などが開出しているのでナンバンカラムシとの中間タイプかなとも思いました。
    web拍手 by FC2

    6 Comments

    光田 重幸 says..."これは楽しい!"
     カラムシの繊維は、麻よりつやがあって美しいといいますね。イラクサ科では、グリム童話にイラクサの繊維で王子のベストを織る話も(白鳥の王子様でしたっけ?)。日本でもカラムシ織りは高級民芸品です。
     野宿の旅を続けていたころ、いろんな植物で縄を作りました。ポンチョ二枚を使った簡易テントの設営や、煮炊きの鍋を吊るすのに重宝したものです。でも私は、撚りをかけて綯うのは苦手。もっぱら三つ編みでした。今でもその素早い手さばきを披露すると、「女性の髪で覚えたの?」なんて冷やかされます。実家は男の双子ぽっきり。誤解もいいところです。
     カラムシ類には、フクラスズメの幼虫がよくつきます。触ると激しく体を震わせるのでびっくりしますが、その手の虫はたいてい無毒です。
    2014.07.05 07:21 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda  says..."★みっちゃん先生へ★"
    みっちゃん先生、こんばんは。
    カラムシで作った糸や布を見て、きれいだなぁと思いました。たかがカラムシと思っていたのに評価が変わりましたよ ^m^ そして、グリム童話に出てくる王子のイラクサのベストも空想できました。きっとカラムシより繊細なのじゃないかなぁ・・・と思ったりもして。
    京都で伺った野宿のお話と植物の縄のこと、どんな修行だったのか想像できます。荷物が多いと大変だけど、ナイフ一本から現地でいろんなものを調達して作ってそんな旅だったのかしら。髪を三つ編みしているみっちゃんも空想してみました ^m^ 
    フクラスズメは気持ち悪いですね、大発生した道脇は背筋が凍りつきそうです。

    今回はカラムシとナンバンカラムシの境界がわからず、この画像もナンバンカラムシ?と思ったのですが・・・交雑も多いと聞いたことがあるので「よま」というタイトルにしました。
    2014.07.05 20:50 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    かえで☆ says..."ラミー"
    pandaさん 今晩は~★
    カラムシの皮で作る太い糸の よま~?
    公民館で「よま作り」の講座ですか~楽しそう!
    何と言っても 地域のお年寄りが生き生きするでしょうね。
    最近ではすっかり、お年寄りの仲間になったかえで☆~
    こう言うお話はとても素敵だなぁ~と思います。

    でも…一番先に反応したのはラミーカミキリ (≧m≦)ぷっ
    まだしっかり出逢った事はないんだけれどね…!

    カラムシ<ナンバンカラムシ<ラミー なの?
    明治の初期に中国大陸から輸入された、そのラミーに付いて
    入って来たのがラミーカミキリだったなんて…今知りました。
    panda模様のラミーカミキリ(キョンシー似)写したい。
    カラムシへ~!-=≡ヘ(* - -)ノ
    2014.07.06 00:13 | URL | #mn6gys/M [edit]
    panda  says..."★かえでさんへ★"
    かえでさん、こんばんは。
    よまつくりは手先を使うので、おばあちゃんたちにはいい作業みたいです。私も一緒に楽しみました。ラミーカミキリは関東には少ないのかしら?長崎は多いですよ。小さくて可愛いラミーカミキリ、見つかるといいですね。

    カラムシの仲間は難しいです、名前もごちゃごちゃしててよくわからない。一つ一つ片付けていかないと、こんがらがってしまいそうです。
    2014.07.06 20:42 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    ha-chan says...""
    こんにちは^^
    よま??って思ったけど なんだかかわいい名前!
    イラクサで思い出すのは 私も「白鳥の王子」です。
    トゲだらけのイラクサで声を出さずにベストを編まなければいけなかった・・・
    イラクサが分からなくてバラのような棘を想像していた子どものころはとにかく痛かっただろうと想像していました。

    撚って縄を作るときには棘はどうとるのでしょう?
    私も挑戦してみようと思います。 
    ちょっと白鳥の王子の世界にひたりながら・・・・ナンテネ。
    2014.07.07 18:10 | URL | #f4O6ifVo [edit]
    panda  says..."★ha-chanへ★"
    ha-chan、こんばんは
    7月になり、蒸し暑いと感じるようになりました。

    よまって言いませんか? 四国と長崎には言葉のつながりはないかしら?ゆこうとゆうこうみたいに・・・
    イラクサで編んだベストってどんなベストだったのでしょうね。イラクサを熱湯にくぐらせてから繊維をとれば、鉤編みでできないかしら? カラムシは葉の節があっても、長く繊維がとれました。なんて。私もha-chanに乗せられて考えてみました。
    2014.07.08 01:16 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1940-f941616a
    該当の記事は見つかりませんでした。