花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
…カヤツリグサ科
  • ヒメカンスゲ

  • ヒメカンスゲ

    4月に出会ったのですが、ヒメカンスゲじゃないかな?と決めかねています。
    ヌカスゲ調べをしている時、図鑑を見ながヒメカンスゲをみてみたいなぁと思っていました。

    赤い鞘

    目印は包の鞘が赤いこと。これかもと思ったのですが
    まだ、そう果が熟していません。わかるかしら?

    頂小穂

    頂小穂は雄性、棍棒状で紫褐色。

    側小穂

    側小穂は雌性、互いに離れてついています。
    苞は有鞘で紫褐色を帯び、葉身は目立ちません。

    ヒメカンスゲ

    大きな株はなかったのですが、匐枝を伸ばしているようです。
    かわいかったので、これがヒメカンスゲだといいなぁ

    --------------------------------------------------------
    ヒメカンスゲ
    分類  カヤツリグサ科 スゲ属 ヌカスゲ節
    分布  北海道~九州

    丘陵から山地まで、やや乾いた樹林内や岩場に普通にはえる。

    クリックすると大きくなります。 鞘

    クリックすると大きくなります。 叢生し匐枝をのばす。白いのが匐枝?鞘は紫褐色

    クリックすると大きくなります。 クリックすると大きくなります。 果胞とそう果と鱗片

    鱗片は凹頭芒端なんだけど凹頭じゃないのもある、果胞はやや有毛。そう果はまだ熟していませんでした。

    クリックすると大きくなります。 葉表 基部のほうがざらつく。
    web拍手 by FC2

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1921-62bac323
    該当の記事は見つかりませんでした。