花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
…カヤツリグサ科
  • シラコスゲ

  • 小穂がひとつ

    小穂が1個のスゲは数が少ないので、わかるかもと思って撮ってきました。
    検索表をたどってみるとシラコスゲ節で、この節にはシラコスゲしかなかったので
    シラコスゲかな?

    クリックすると大きくなります。

    標高が1000m付近の沢にはえていました。有花茎は20cmに満たないくらい
    葉は光沢があり、やわらかく、葉幅は2-4mm。
    鹿に食べられているのか、地面にぴったりはりついていました。

    小穂

    小穂は雄雌性で雄花部は短かく、雌花部は熟しても開出していません。

    果胞

    雌鱗片は淡緑色で、鋭頭、果胞より短く
    果胞は写真では無毛に見えるのですが、マイクロスコープではちょっと毛があるように見えます。
    果胞の長さは5-6mm(写真はちょっと短い)

    茎

    果胞の口部は長く切り形
    茎の3稜ははっきりして、稜上には下向きの小さな刺が並びざらつきます。

    根茎

    根茎はミズゴケを取ってみると、こんな感じで叢生してるみたいなのですが
    葉がないのです・・・(~_~;A

    ----------------------------------------------------------
    シラコスゲ
    分類  カヤツリグサ科 スゲ属 シラコスゲ節
    分布  北海道~九州
    撮影地 熊本

    平地~丘陵地の樹林内の水辺や湿地にはえる。
    和名は埼玉県白子(現、和光市)で採集したから。
    web拍手 by FC2

    2 Comments

    光田 重幸 says..."しらこさん"
     そうそう。丹後でも見てきましたよ。
     スゲを始めたころは、「こんなハリスゲ類あったっけ?」などと思ったものでした。意外に目立たないことが多く、気をつけはじめると、山の湿地にはかなり普通に生えていました。
     こういうわかりやすいものがスゲにもけっこうあるのですから、楽しまない手はありませんよね。
    2014.06.04 09:25 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda  says..."★みっちゃん先生へ★"
    こんにちは、空があけてきました。
    しらこさん、ありがとうございました。葉がけっこう広いし多いのでハリスゲの仲間とは思いませんでした。でも、花茎だけ見るとハリスゲの仲間ですよね。シンプルだけど、見分けにくいハリスゲの仲間。もっとよく観察してみます。草原なので今からハリガネスゲを見てきますね♪
    2014.06.04 10:42 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1917-96a71bea
    該当の記事は見つかりませんでした。