花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
…カヤツリグサ科
  • タガネソウ

  • タガネソウ

    鏨「たがね」とは何だろう?初めて聞く言葉なので調べてみました。
    たがねは金属加工をするときの切断する道具で、画像検索をしてみると・・なるほど
    スゲの仲間では葉幅が1-3cmと広いので、葉の形を「たがね」に見立てタガネソウなのですね。
    花友さんがみたら「これ何?ラン?」なーんて言うかも。うふふ

    タガネソウ

    根茎は匍匐してまばらにはえていました。

    小穂

    小穂はすべて雄雌性で、柄があって、一節に一個づつ茎に沿うようについています。

    拡大してみると

    雌鱗片は卵形で鈍頭、果胞とほぼ同じ長さ、果胞も鱗片も淡緑色。
    タガネソウは花が咲いていれば、見分けることができそう!
    九州に分布はあるみたいだけど、いつかもう一度出会って「わかった!」と言いたいな。

    -------------------------------------------------------------
    タガネソウ
    分類  カヤツリグサ科  スゲ属  タガネソウ節
    分布  北海道~九州
    撮影地 兵庫

    乾燥した林内や草地にはえる。

    クリックすると大きくなります。

    包は葉身が短く、幅が広く、有鞘。

    クリックすると大きくなります。

    基部の鞘は赤みを帯びる。

    クリックすると大きくなります。

    花期には前年葉は枯れる。有花茎の葉は退化して包と同形。
    web拍手 by FC2

    2 Comments

    多摩NTの住人 says..."こんにちは"
    10連発とは、力が入っていますね。
    私もカヤツリグサ科を少しずつ勉強しようと思っていますが、なかなか時間が無くて(言い訳です)、進みません。
    こちらでしばらく勉強させていただきます。
    2014.06.03 08:03 | URL | #rId1tC1Q [edit]
    panda  says..."★多摩さんへ★"
    多摩さん、こんにちは
    カヤツリグサは見ているだけでは、よく解らないというのがわかりました。
    多摩さ~ん、今がスゲの観察適期ですよ~♪葉っぱだけでは解らないから、この時期を逃すと1年待つことになります。始めるなら今でしょ! r(^^;
    もう古いかな?
    2014.06.03 10:22 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1915-11cf04b0
    該当の記事は見つかりませんでした。