花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
山の木
  • コジキイチゴ

  • コジキイチゴ

    花友さんのおかげで、今年は念願のコジキイチゴを3度見ることができました。
    となり山にあるという情報をもとに、この2年間探しまわること10数回。空振りばかりだったのでうれしかった。
    でも、探し回ったおかげでお初のシダやお花に会えたわけで、それはそれで、ラッキー♪

    クリックすると大きくなります。

    グーンと伸びた前年枝から、花の咲く枝がにょきにょきと伸びています。
    離れていてもわかる、赤い腺毛。
    他のキイチゴ属とおなじように、数年前伐採された林縁に芽を出していました。

    花の咲く枝

    腺毛は刺と同じくらい長い。

    花

    この細~い、花びらを見たかったのです。

    2日前

    約一か月後、果実ができてるかもとたずねたらまだでした。

    食べたいなぁ

    もう一回どこかで会いたいなぁ・・・黄色に熟した果実に出会えるのは今度はいつかな?

    --------------------------------------------------
    コジキイチゴ
    分類  バラ科 キイチゴ属
    分布  本州(関東、中部以西)~九州

    高さ1-1.5mの落葉小低木。
    クリックすると大きくなります。 クリックすると大きくなります。 葉

    葉は互生し奇数羽状複葉、2~4対の小葉がつく。小葉には不揃いの重鋸歯があり葉質は薄い。

    クリックすると大きくなります。 クリックすると大きくなります。 長い腺毛

    ※花のない時期よく間違えられるオオバライチゴも腺毛が多いです。でも腺毛の長さがオオバラは短い。
    クリックすると大きくなります。 オオバライチゴの腺毛
    web拍手 by FC2

    9 Comments

    こまつな says...""
    コジキイチゴの花、見せていただいて有難う!
    蕾にまで赤い線毛があるんですね。
    2014.05.31 15:59 | URL | #YPF4kFnU [edit]
    panda  says..."★こまさんへ★"
    こまさん、兵庫では茎の腺毛だけしか撮れなかったけれど、一目でコジキイチゴとわかりましたね。全然違うのにコジキイチゴを見るまで、オオバライチゴの腺毛が紛らわしくて、だまされてばかりでした。だから、沖縄でリュウキュウバライチゴを見てビックリ、長崎のと全然ちがうんだもの。花も豪華だった。やっぱりいろんなところの植物をみるのはおもしろいです。
    長崎のオオバライチゴも見てみてくださいね。
    2014.05.31 16:11 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    yuuko says..."こじきですか~!"
    (◎_◎;)

    でも花が可愛い♡
    面長な実のイチゴって初めて見たような・・・
    これは熟すと食べられるの?

    それにしても、どうしてこの名前???
    2014.05.31 18:54 | URL | #7PUYXG.I [edit]
    平家蟹 says...""
    アレッ以前ここでアップしてなかったっけ。
    ここでコジキイチゴの名前を知ったような気がする。
    検索してもこの記事しか出てこなかったけどさ。

    腺毛特に萼片の腺毛が凄いですね、これなら見分けられそう。
    コジキイチゴもオオバライチゴもないけどさ(^^;)
    2014.05.31 20:20 | URL | #VD0bvtlU [edit]
    panda  says..."こんばんは♪"
    ★yuukoさんへ★
    そうなんです。乞食と思ってはじめは「どんなに貧相なイチゴなんだろう?」と想像していたのですが。果実の形が「甑」に似ていいるから「こしき」→「こじき」になったと書いてありました。ホウロクイチゴって大きなイチゴがあるんだけど。これも「焙烙鍋」みたいな果実の形からついたようです。
    熟すと食べられるけれど、あんまり美味しくないと聞いています。でも食べてみたいんだな、ここから2時間車で走らないと見ることができないから無理かも。


    ★平家蟹さんへ★
    平家蟹さん、こんばんは
    もう何年も前から「コジキイチゴが見たい」とつぶやいています。たぶんかえでさんのところでつぶやいたんじゃなかったかな?
    山の作業道を作った数年後くらいに、最初にキイチゴの仲間がでてきます。長崎はクマイチゴとナガバモミジ、ビロード、フユ、オオフユが同じくらい多くて、地域によってホウロクやオオバラ、コジキなどが出てきているみたい。裏山はホウロクが、となり山はオオバラが、すーと離れてコジキが・・・って感じです。きっと平家蟹さんのすぐ近くにも出てるんじゃないかなぁ・・・頑張ってね。
    2014.05.31 20:44 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    マツモムシ06 says..."コジキイチゴの味"
     pandaさん、こんばんは。
     コジキイチゴは何度か食べたことがあります。小核果自体が小さく、ほとんど種子がしめるので、味わう部分は少なくて「無味」という印象が強いです。わざわざ食べるようなものではないなぁと感じました。
    2014.05.31 21:58 | URL | #7qQ58teA [edit]
    panda  says..."★マツモムシさんへ★"
    マツモムシさん、こんばんは。
    コジキイチゴは美味しくないですか?ほとんどが種、ザクザクしているかしら?でも、食べてみたマツモムシさんと同じで、ちょっと興味があります。もし、食べる機会があったら「マツモムシさんが言ったとおり!」と思うかしら ^m^ それとも会えなくて、「マツモムシさんがわざわざ食べるものでもない」と言ったから、いいやと強がっているのかしら?
    2014.06.01 00:56 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    とんちゃん says..."コジキイチゴ"
    念願だったコジキイチゴに会えてよかったですね~
    この腺毛! ハンパない!
    棘と同じように触ると痛い?それともべたべただけ?
    どんな感じなのか触ってみたいです
    細い花びら♪ これがいいですね 付け根でキュッとしまってフリルもちょっとあり♪
    味見はさらっと思っていると案外ひょいっと!ということになるかもしれない・・・
    2014.06.01 07:42 | URL | #- [edit]
    panda  says..."★とんちゃんへ★"
    とんちゃ~ん、コジキイチゴに会えましたよ^m^
    遠いから、食べに行くことはできそうにないけれど、でもこの目でみることができてうれしかったです。紆余曲折の事情があったけれど、それで樹木の先生ともお友達になれたし、とても思い出深いコジキイチゴでした。この腺毛、もっとすごいのはエビガライチゴ、とんちゃんに見せてあげたいなぁ。腺毛は触るとぺたぺたします。たぶん虫から身を守っているのだとおもうのだけど、その割には数が少ないです。どうしてかな?

    案外ひょいっと出会いたい果実、いつかの楽しみにとっておきますね。
    2014.06.01 18:12 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1912-28e802b2
    該当の記事は見つかりませんでした。