花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
野の花山の花
  • シライトソウ

  • いっぱい・・・( ̄_ ̄|||)

    シライトソウも蕾だったりしおれていたり・・・まともなの見たことがないのとつぶやいたら
    こんなところに連れて行ってもらいました。咲きすぎ・・・

    シライトソウ

    冷静になって、シライトソウの観察、根生葉よし、茎葉よし
    試験管洗いのような花よし、何が「よし」なんだか・・・^m^ 面倒くさいので省略

    花!
     
    見たかったのは花のつくり、白い糸状の花被片の下はどうなっているのかな?

    花のつくり

    雄しべ6個、雌しべの柱頭3裂、花被片は4枚が長い。
    残りの2枚が短いのがシライトソウだったのだけど、しべの下に隠れているのかな?
    いろんな角度から撮ってきたけれど、写っていなかったので、花を分解しないと見えないのかも。
    ちょっと残念、また次にあったときの課題。

    咲き始め

    これは咲き始め、これがシライトソウとは思わず調べまくりました。
    ナツカシイ…標高が高い草原なので咲くのが遅いです。

    蕾

    これはまだ蕾。

    半日陰

    花穂の長さは、ここのは20cmくらいと大きいものが多かった。

    チャボシライトソウ

    チャボシライトソウはシライトソウに比べて小型。
    と言っても花茎の高さは20cm以上ありました。花被片がまばらで糸状に細く4枚。

    クリックすると大きくなります。

    手が届くところになかったので、これが精一杯。

    まばら

    これはチャボシライトソウの変種
    もっとしゃきっとした姿のもあるのかなぁ、雨上がりだったのでくたびれたご様子。
    この写真で比べるとさらに花がまばらで、チャボとは見た目も違うようようだけれど
    花友さんのお話では、個体差があるようです。

    ----------------------------------------------------------
    シライトソウ
    分類   ユリ科 シライトソウ属
    分布  本州(秋田県以南)~九州


    チャボシライトソウ
    分類   ユリ科 シライトソウ属
    分布  本州(愛知県 紀伊半島)四国 九州

    ※分類体系は平凡社「日本の野生植物Ⅰ-Ⅲ」に従っています。
       現在はメランチウム科(シュロソウ科 )
    web拍手 by FC2

    5 Comments

    平家蟹 says...""
    うわっなにこれ、と言いたくなるような光景(^^;)
    こういうのは2,3株が密やかに咲いているのがいいんだよね、これは咲きすぎ
    と思いつつ見てみたいヾ(^^;)

    以前はユリ科に分類されていた植物があちこちに移動していますがこれはユリ科にとどまっているんですか。
    以前のユリ科だとユリで納得という花が多かったけどこれはとてもそうは思えないな。
    2014.05.28 09:20 | URL | #VD0bvtlU [edit]
    panda  says..."★平家蟹さんへ★"
    平家蟹さん、こんにちは
    久しぶりの更新でしたが、忘れられてなくてよかった。ありがとう。
    植物好きには「なにこれ?」ですよね、よほどこの場所が気に入ったのでしょう、道路沿いの土手に20mくらいシライトソウの群生でした。でもそれより先も後も生えていないというのが面白いですね。

    ユリ科のことはすっかり忘れていました。新しい分類を追加したので見てね。そして、平凡社の図鑑をもとに書いているので、平家蟹さん気がついたら教えてください。まだ私把握していないのです。
    2014.05.28 12:07 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    とんちゃん says..."シライトソウ"
    車道の山の斜面一帯にシライトソウが咲いているのね!!!
    すごいことになってる~
    シライトソウって随分昔に見たことがあるようなないような・・・
    あんまりよく覚えていない
    つぼみから咲き始め全開とそれぞれの状態で別の花みたいに見えました。
    花の造りがいいですね こういうの大好き!
    それにしてもぜいたくすぎる眺め~~
    2014.05.28 13:06 | URL | #- [edit]
    ha-chan says...""
    すごい!!なんでこんなに咲くことができるのでしょう。
    どの花を撮ろうかなぁ~、どの子が良いかなぁ~と
    モデルさんを決めるだけでも困ってしまいそうです。

    花の構造もおもしろい。
    チャボシライトソウの透明感が魅力的です。
    2014.05.28 23:23 | URL | #- [edit]
    panda  says..."こんばんは♪"
    ★とんちゃんへ★
    とんちゃん、もうすぐ梅雨ですね、季節が過ぎるのが早すぎです。
    土手に群生したシライトソウは見事でした。薄暗い中で白い花が目立ってしました。花のつくりがおもしろいですね、ユリ科だから花弁はどうなったのかな?と気になっていたのです。こんなふうに変化したわけは何だったのだろう?
    撮影中に大きなハナバチがきたのだけど、花がぐらりと揺れてとまれなかった。もっと小さな虫に花粉を運んでもらっているみたいです。


    ★ha-chanへ★
    ha-chan、ごきげんよう。
    どの花を撮ろうか?と考えた末、一番シンプルに咲いているのを選んでしまいました。どうも試験管洗いのブラシにしか撮れなくて・・・
    チャボシライトソウは、チャボとつくくらいだから小さいのかな?と思っていたら、そうでもなくてかえって花穂の幅は広かった。どこにでも咲いていそうで、長崎にはないのです。
    そうそう、ギンランの追加のコメントをもらいました。「どこに書いたら良いか 」というタイトルです。難しいね、私も勉強になったよ、ありがとう。
    2014.05.29 00:04 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1909-04a3e068
    該当の記事は見つかりませんでした。