花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
…カヤツリグサ科
  • 河川撹乱地の自然 2

  • アゼナルコ

    先生「これは何でしょう?」
    花友さん「あ、pandaちゃんがアップしたのに似てる」・・・^m^
    二人ともまんまと引っかかってしまいましたが
    ヒメゴウソをアップした時教えていただいた、アゼナルコです。
    頂小穂が雌雄性(基部に雄花が着くものを雌雄性)
    雄雌性か雌雄性か考えていたら、頭がこんがらがってきました
    小穂が垂れているからワカラナインダ!!プンプン

    よく見ると。。。

    よく見ると2・3番目の小穂にも基部にちょこっと雄しべが見えます。
    雌鱗片は淡緑色で凹頭芒端

    全体

    あちこちに叢生したかたまりがありましたが、日当たりがよすぎて見にくいですね。
    アゼナルコ、早速クリア♪
    --------------------------------------------------

    カサスゲ

    次は「アキカサスゲに似てるね」、と言った花友さんの印象どうりのカサスゲでした。
    でも有花茎は40-100cmと長いですね、頂小穂は雄性、側小穂は雌性。

    全体

    根茎は横走して群生していました。果実の形など一致したのでよかったけど、
    カサスゲに似たのって・・・他にないのかな?ちょっと気になっている私です。
    というのは、花の時期に見たスゲに似たのがあるのです。確認しなくては・・・


    マスクサ

    これはちょっと風変わりなスゲ、名前はマスクサ^m^
    葉状の包が長~~いのが特徴です。
    茎を裂くと枡形になるからマスクサらしいのですが
    カヤツリグサは蚊帳を吊った形になるのだから同じ意味のようです。

    先端

    頂小穂も、側小穂も雌雄性で、雌花の基部にちょこっと雄花があります。

    真ん中

    似たものにヤブスゲ節があるようですが、また出てきたときに考えよう。

    -------------------------------------


    2014/05/28
    ミコシガヤ

    葉状の包が長~~いといえば、ミコシガヤもです。
    ミノボロスゲ節の中では、包の長さだけでも区別できそう。
    上部の包は鱗片のようになっています。

    小穂

    花序は柄のない小穂を密につけて、ひとつを見るとバラの花のようできれいです。
    小穂は雄雌性で頂部に少数の葯がついているのが見えますか?
    (下の詳細の中に拡大した写真を入れています)

    ミコシガヤ

    でも、どうしてミコシガヤというのかな?
    花序が太くて短ければお神輿に見えなくもないけれど・・・

    ------------------------------------

    ヤガミスゲ

    長い包はないけれど、小穂のつきかたがミコシガヤにも似ているヤガミスゲ
    まだ咲きはじめなので細いけれど、熟してくるとふっくらしてミコシガヤに似てくる。
    でも、小穂は雌雄性で、基部に葯が見えています。(ミノボロスゲ節は雌雄性)

    ヤガミスゲ

    よく似た外来種があるけれど、
    ヤガミスゲは花序の長さが3-6cmと長く、熟すと果胞がやや開出するようです。

    クリックすると大きくなります。

    ヤガミスゲの分布は北海道~九州まであるので、どこかでまた出会えるかな?
    観察会のカヤツリグサの仲間をまとめてみました。

    ------------------------------------------------------------
    アゼナルコ
    分類  カヤツリクサ科  スゲ属  アゼスゲ節
    分布  本州~西南諸島

    湿地河川敷にはえる。

    クリックすると大きくなります。 包は葉状で無鞘

    クリックすると大きくなります。 基部の鞘は葉身がなく褐色、竜骨があり少し糸網を生じる。

    ※似たものにツクシナルコがあるので注意。
      区別点・・・ツクシナルコは雌鱗片が鉄錆色で凹頭にはならず、芒が短い。


    カサスゲ
    分類  カヤツリグサ科 スゲ属 ミヤマシラスゲ節
    分布  北海道~九州

    湖畔や湿地にはえる。

    クリックすると大きくなります。 基部の鞘は赤紫を帯び、糸網を生じる。

    クリックすると大きくなります。 クリックすると大きくなります。 クリックすると大きくなります。

    雄花雌花の鱗片には赤紫色の部分があり、鋭頭。
    果胞はあまり膨らまず、乾くとやや褐色になる。

    マスクサ
    分類  カヤツリグサ科 スゲ属 マスクサ節
    分布  本州~トカラ列島

    平地~低山地の樹林内、草原、路傍に普通。

    クリックすると大きくなります。 根茎は短く叢生

    クリックすると大きくなります。 雌鱗片は果胞より短く、帯白色で中肋は緑色。先端は短い芒。

    クリックすると大きくなります。 根茎

    クリックすると大きくなります。



    ミコシガヤ
    分類   カヤツリグサ科 スゲ属 ミノボロスゲ節
    分布   本州 伊豆八丈島

    河川敷などの湿った草地に生える。

    クリックすると大きくなります。  小穂は雄雌性

    クリックすると大きくなります。  根茎は短く叢生する。


    ヤガミスゲ
    分類  カヤツリグサ科 スゲ属
    分布  北海道~九州

    河川敷など湿った草地に生える。

    クリックすると大きくなります。 果胞には狭いけれど翼があり、ざらつく。

    クリックすると大きくなります。 雌雄性、小穂の基部から花糸が出ている。
    web拍手 by FC2

    6 Comments

    光田 重幸 says..."男性上位、女性上位"
     なんていうから、こんがらがるのですね。ここはpandaちゃんの言うとおり、「基部に雄花群、先端部の雌花群」というべきですね。アゼナルコはあるところにはたくさんあります。しかし河川敷以外で見ることは稀になりました。先日ひさしぶりに山間湿地でハリガネスゲなどと一緒に生えているのを見ました。近くにはオタルスゲもありましたよ。
     カサスゲの類似種はいくつかあり、近畿地方では山間部に生えるキンキカサスゲに要注意です。違いはマツモムシさんのページをご覧ください。
     マスクサの類似種はヤブスゲやタカネマスクサが有名。しかしこれは雌鱗片が幅広いので、ヤブスゲではありえません。タカネは小穂が丸く、なかなか可愛いもの。それと、もうひとつホザキマスクサ(環境省VU)というのが淀川水系に点々とあります。小穂はたくさん先端部にまでつくのが特徴で、河川攪乱地のものです。三川合流部には日本一たくさんあるのですが、あの日は出ませんでしたね。これもマツモムシさんが取り上げています。
     
    2014.05.23 22:03 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    ha-chan says...""
    こんにちは^^
    あれれ!と先週の散策で「頂小穂がおもしろい!」と思って撮ったものにそっくり。
    アゼナルコっていうのかぁと思いつつpandaさんの写真と比べると
    ちょっと違う。何かがちがう・・
    ヒメゴウソってどんなの?と検索したら、ますますこんがらがっちゃいました。
    結局分からず仕舞い。小穂のとこしか見てこなかったのがいけなかったのです。こうやって、カヤツリグサ科にはまってしまうんじゃないかと
    思いつつ、私にはまだ早い。と自分にストップをかけるように逃げるのでした。
    2014.05.25 15:31 | URL | #f4O6ifVo [edit]
    panda  says..."★みっちゃん先生へ★"
    こんにちは、朝の雨が上がり気温も上がり、蒸し暑い夏の日がきたようです。
    小穂が上を向いていいなければ、立てて順に雌雄性と言えばいいのですね。アゼナルコが垂れ下がる小穂のスゲの中で、頂小穂が雌雄性というたった一つのポイントで見分けられるというのが好きです^m^
    カサスゲやマスクサの類似種も一緒におぼえようと欲張るからわからなくなるのかもしれません。今はひとつひとつ丁寧に見ていくことを頑張ります。
    今回の遠征で、ハンカイソウの中でヤブスゲみたいなスゲに出会いました。それから、ミコシガヤに似たのもありました。何かに似ているということがわかってきただけでも、調べやすくなってきたのかもしれません。その点では、不十分な観察だったのですが、この観察会で見たカヤツリグサの仲間たちは役立ちそうです。一つ一つのことはマツモムシさんのページを見ながら進めてみます。
    2014.05.26 15:53 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    panda  says..."★ha-chanへ★"
    ha-chan、こんにちは
    今頃、長崎の雨がそちらのほうへ移動しているのではないかしら?だんだん梅雨に近づいているような気がします。
    カヤツリグサの仲間たちは、根茎と小穂と包や鞘などパーツを撮ってくれば、それをパズルみたいに当てはめて名前を見つけることができるよ。漠然とみてると何が何だかかわからないということがわかった (~_~;A 
    みんなイネ科カヤツリグサ科は難しいというけれど、見た目で判断できないからだと思います。とはいえ、身近にあるものだけも見分けられるようになりたいくらいの気持ちではじめた私です。おもしろいのだけでもね!
    2014.05.26 16:04 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    多摩NTの住人 says..."こんにちは"
    今年はカヤツリグサ科を少し覚えていこうと思っていましたが、いまだ手付かず。アゼナルコらしきものは見ましたが、同定できずに素通りでした。pandaさんを見習わなければいけません。
    2014.05.27 08:20 | URL | #rId1tC1Q [edit]
    panda  says..."★多摩さんへ★"
    多摩さん、こんばんは。
    カヤツリグサの仲間は見ただけではわからないので手を出そうか迷ってしまいますよね。私も全体を把握できていないので、まだまだ迷走しています。私を見習うだなんて、多摩さんわかりやすいのから一緒に考えてくださいね<(_ _)>
    2014.05.27 20:53 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1908-51b5696c
    該当の記事は見つかりませんでした。