花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
シダ・コケ
  • オオベニシダ

  • オオベニシダ

    オオベニシダは長崎にもあるのに見分けることができないシダでした。
    だから、教えてもらってとてもうれしかった。
    新芽のときはベニシダのように赤くならず黄緑色、ベニシダの中に混ざってはえていました。

    若いけど・・・

    まだ展開したばかりで、葉の色は明るいですが
    成葉ではやや硬い草質で、もう少し濃い緑色。ベニシダのような光沢はなかったです。

    最下羽片

    最下羽片の下向き第一小羽片は、やや短いものから同長のものもあり
    ベニシダより切れ込んでします。

    羽片

    羽片には柄があり

    羽軸裏

    羽軸裏には小さな袋状の鱗片は少なく、

    ソーラス

    ソーラスは小羽片の中肋よりについて、中心がちょっとピンクかな。

    葉柄基部の鱗片

    葉柄基部の鱗片は褐色~暗褐色で光沢があります。

    オオベニシダ全体の感じは、ベニシダより大きいわけではなく鱗片が少なめという感じでした。
    色は淡黄色を帯びた緑色で光沢はないのですが、
    周りは薄暗くなっていたので、本来の色が出ていないような気がします。
    長崎でぜひ見つけたいです 待っててくださいね~♪
    ----------------------------------------------
    オオベニシダ
    分類  オシダ科 オシダ属
    分布  北海道~九州
    撮影地 兵庫県

    2回羽状複生、葉身は卵形から3角状広卵形、鋭尖頭。
    web拍手 by FC2

    4 Comments

    こまつな says...""
    見たかったオオベニシダ、ベニシダとの区別が知りたかったんですが、
    地元には無くて、今回はとても勉強になりました。
    長崎のベニシダも見つけて見せて下さいね~。
    2014.05.17 22:40 | URL | #YPF4kFnU [edit]
    panda  says..."★こまさんへ★"
    ベニシダがない・・・( ̄_ ̄|||) すごーい。半分うらやましくもあります。
    私が沖縄に行ったときみたいです。与那覇岳でベニシダに会わなかったですね。オシダ科が少なかったような・・・
    オオベニシダのとなりに写っているのがベニシダだったのですが、こちらには普通にあるからこまさんに言わなかったね。長崎のベニシダはこれも、これも、これもベニシダ?と、みっちゃん先生に何度たずねたことでしょう・・・ない方が幸せかも・・・なーんて r(^^; でも、今回でオオベニシダはわかるかもとうれしくて・・・こまさん、今度はベニシダとイノデとカナワライビとヤブソテツの仲間のことを、みっちやん先生に習いに行こうね。
    2014.05.17 23:54 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    hnd says...""
    1980年代に地元で採集したことがある(県内の先輩に教えていただきました)にもかかわらず,よく理解できていません.
    確か,標本が数点あったはずなのですが.

    近年の分子系統ではナガバノイタチシダのグループに入れられており,ベニシダのグループではない可能性があります.
    何とかして地元のオオベニシダを再確認し,その特徴をしっかりととらえたいものです.
    2014.05.18 05:51 | URL | #dao85L4E [edit]
    panda  says..."★hndさんへ★"
    おはようございます。
    関西から帰って、山の中へ入ったとき早速「これオオベニシダかも!」と思いました。が、よくよく見るとナガバノイタチシダでした。そのときは「ああ、やっぱりもう一回オシダ属を復習しなくちゃ」と思ったのですが、hndさんのコメントを読んで、なんだか失った自信がすこーし癒された感じです。
    hndさんのオオベニシダは長崎と離れているので、少し違うかしら?見つけますから、待っててくださいね。
    2014.05.18 07:50 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1905-861deaae
    該当の記事は見つかりませんでした。