花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
ボランテァ日記
  • イボタロウ

  • 草刈

    市内の山なのに、四季折々の花が花畑を作っていた草原だったのです。
    それが草刈が途絶えて3年でカヤが茂り、とうとう花が咲かなくなってしまいました。
    希少種もいくつかあるので、楽しみの森つくり隊が出動 v(^^*)
    「イボタロウだよ~♪」

    イボタロウ

    駆けつけたのは、ヒカリさんと私
    イボタロウ? 疣太郎???私にはサッパリわかりません。

    カイガラムシ

    イボタロウと言えば、最高級品の蝋でそろばんのすべりをよくするのだそうです。
    「イボタノキにつく蝋」で「イボタ蝋」
    なんだかこれ、カイガラムシがついたんじゃ?と思っていたら
    イボタロウムシ(カイガラムシ)が作ったのだと教えてもらいました。ふむふむφ(・・。)ゞ
    こんなのが好きな私のハートを捉えた「イボタロウムシ」
    どんな虫なんだろう?見てみたい…

    蝋と言っても・・・

    蝋といっても、触ると粉々に崩れてふわふわです。
    これをすべりの悪くなった障子や襖の敷居につけると、よくすべるとか。
    そろばんも障子や襖もなくなったご時世では、イボタロウはどこで活躍するのでしょう?

    カヤネズミの巣だよ~♪

    次は「カヤネズミの巣だよ~♪」と呼ぶ声

    これ

    巣は空っぽでしたが、二人で分解してみると
    糞や餌のこぼしもなく、とてもきれいな巣です。
    みんなが一生懸命草刈している中、女性軍二人は特別待遇で遊んでしまいました。

    サッパリ

    それでも丸一日草を刈ると、何とか終了
    もしかしたら、ネズミモチもヒサカキもツツジも坊主になるくらい剪定したので
    「こんなに刈ってしまったのは誰だ!」という声が上がるかもしれないけれど
    ちゃんと長崎市や地主さんの許可もいただいての作業だったので
    この秋のお花畑を楽しみに、勘弁してくださいね。
    web拍手 by FC2

    12 Comments

    平家蟹 says...""
    (゚゚)(。。)(゚゚)(。。)ウンウン
    イボタロウと言われれば疣太郎くらいしか思いつかないよね(^^;)
    イボタ蝋か、そう言えばイボタノキを見始めた頃イボタロウムシの事も探していたけど近頃すっかり忘れてた。
    しかしこんなにビッシリつくのか、見かけたら見逃すことないだろうけど少々気持ち悪いな(^^;)
    ロウムシの蝋に品質の差があるのか、確かに近頃では使い道が無いかもしれないけど
    代替品がないというのもありそうな気もする。
    2014.05.03 19:41 | URL | #- [edit]
    panda  says..."★平家蟹さんへ★"
    平家蟹さん、おはようございます。
    イボタノキというと庭木ではみたことがあるのですが、自然の中ではまだ区別できません。ネズミモチがやっとわかるかな?って感じ。庭木でイボタロウがこんなにたくさんつくまでほっとくわけないし、庭のモクセイについてくれれば一番いいんだけど。
    平家蟹さんの代替品がないというコメントで蝋のことを調べてみたら、今でもイボタ蝋が売ってるんで、これでなくてはならない何かがあるのでしょうね。すごいね・・・
    2014.05.04 06:52 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    かえで☆ says..."イボタの木"
    直ぐ傍の、川辺近くに有るのよ~イボタノキ。 
    こんな粉ふいているのも 見たような気がするわ?
    真剣に考えてなかった、そんな大事な役目があったんだ!
    ボランティアご苦労様~!
    しかし…どこでもしっかり~勉強出来て素敵なpandaさん。
    2014.05.04 09:53 | URL | #mn6gys/M [edit]
    panda  says..."★かえでさんへ★"
    かえでさん、こんにちは
    イボタノキが近くにありますか?こんなに粉が吹いているの私も見たことがあると思う。ただ気に留めていなかったんだ。ボランティアをしていると、いろんなことを知っている人がいて、面白いのです。やっぱり、一人で歩くよりみんなのそばにいるほうが好きかも。いろんなことを教えてもらえて、楽しみが増えるよね。
    イボタロウなんて可笑しな名前の蝋も、この日の収穫でした。昔の人は植物をいろんなカタチで利用してきたんだね。
    2014.05.04 17:45 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    光田 重幸 says..."こいは珍しいものを"
     イボタロウは、グラム1000円が相場どす。京都の夏の名物ハモのお造りよりたこうおす。それでも、こんな素晴らしい蝋を見つけてくれはった昔の人は偉うおすなぁ。
     そろばんは廃れてなんかいてしまへん。そろばん教室は繁盛してますえ。イボタロウもおかげさまで作り続けられて、通販でも買うことができるご時世になったんどす。
     ついでに、錠前の滑りが悪うなったとき油をさす人がいますが、あれはあきまへんな。ほこりを呼んで、ますます硬うなりますさかい。いえ、イボタロウともちがいます。チョークの粉を使うんどす。いろいろ知恵はあるもんどすなぁ。
    2014.05.04 19:38 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    ha-chan says...""
    こんにちは^^
    あら、今日イボタノキを見つけたところです。
    まだ蕾でした。 
    カイガラムシはうちのバラについてます。
    擦り落としても落としてもつくんです。
    バラにつくものは「バラロウ」??バ
    付く木によって利用も違うのでしょうか?
    2014.05.04 23:13 | URL | #f4O6ifVo [edit]
    panda  says..."おはようございます。"
    ★みっちゃん先生へ★
    今日の長崎は雨が降っています。この雨を連れて行かないようにしなくちゃ・・・
    イボタロウは100g1000円ですか?けっこう高値なのですね。でも100gはかなりの量かもと思います。そろばんは祖母の時代は必須だったのに、イボタロウで滑りをよくしているところは見たことがありませんでした。5玉の大きなそろばんは私のおもちゃでした。(車にして遊ぶ)思い込みですが、そろばんは関西では切っても切れない縁があるようで、そろばん教室が繁盛するのかなと思います。
    トランクに鍵がついていますが、滑りが悪くなったら、チョークの粉ですね。それまで鍵を使うかな?
    2014.05.05 06:30 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    panda  says...""
    ★ha-chanへ★
    ha-chan、バラのカイガラムシで検索したら真っ白になった枝が出てきました。バラロウv(^^*)とれるかな?でも、気持ち悪いよね。このイボタロウも「イボタ蝋で高級品」と聞かなければ、単に気持ち悪い虫の巣でした。
    昔、ランについたカイガラムシを筆にタバコの浸し液をつけて一枚一枚落としたことがあります。何か薬をつけなければいけないのかな?きれいなバラには虫がつくというけれど、ほんとなのですね。がんばってha-chan!
    2014.05.05 06:36 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    yuuko says..."おはよ~♫"
    北海道にはイボタロウ君はいないのかしら・・・

    まだ見たことがないので意識して探してみるわね
    面白いわ(^^♪
    2014.05.05 07:18 | URL | #7PUYXG.I [edit]
    panda  says..."★yuukoさんへ★"
    yuukoさん、おはようございます。
    イボタロウ君、北海道にもいるかしら?
    虫こぶとは違うのだけど、ふっと南さんのことを思い出しました。
    虫の形が雄と雌では違うみたいなのだけど、カイガラムシだから貝殻みたいなのかな?カイガラムシを画像検索するとちょっと気持ち悪いけれど、イボタロウムシだと・・・やっぱり気持ち悪いのかな?( ´艸`)
    2014.05.05 08:19 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    多摩NTの住人 says..."こんにちは"
    疣太郎、もとい、イボタロウムシは私の宿題になっています。
    イボタノキを見ては、虫を探すのですが、いまだ見つかりません。
    そもそもこのように白くなったものがありませんね。
    2014.05.05 17:48 | URL | #rId1tC1Q [edit]
    panda  says..."★多摩さんへ★"
    多摩さん、こんばんは
    イボタロウムシを探しているのは私だけじゃないのですね。うれしいな!
    このイボタロウはネズミモチについていました。多摩さんとどっちが先に見つけるか、競争ですね。
    2014.05.05 19:06 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1899-81b17bec
    該当の記事は見つかりませんでした。