花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
…カヤツリグサ科
  • オキナワスゲ

  • オキナワスゲ

    そう果をみればすぐわかるオキナワスゲ、沖縄旅行の宝物にしていました。
    面白いですね、ひし形というか三角すいというか…
    この種子を、目で見て触ってみたかったんです。

    これよ

    「これがオキナワスゲよ」と教えてもらったときは
    けっこう大きなスゲですが、あんまり変わったところはなく
    ちょっと拍子抜けした感じはあるのですが

    果実

    花茎は葉の中に埋もれるように短いのが特徴と聞いて
    「ホウランスゲ」って「抱卵スゲ」なのかしらん?なんて思ったのでした。
    白い果胞の中に、黒いそう果が透けてみえます。
    花茎が埋もれているので、どれが頂小穂か側小穂かわからないですね。

    根茎

    考えてみれは、この枯れ葉をよけて撮ればもっとすっきしたのに気がつきませんでした。
    基部の鞘は脈が褐色で、少し繊維に分解していました。

    オキナワスゲ

    葉は硬くて長く伸び、表面はざらざらしています。
    葉っぱの時オキナワスゲとわかる自信はないけれど、沖縄のスゲをありがとう!

    -------------------------------------------------------------
    オキナワスゲ
    別名 ホウランスゲ
    分類 カヤツリグサ科 スゲ属 ヌカスゲ節
    分布 南西諸島 (徳之島以南)
    web拍手 by FC2

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1897-d29bab61
    該当の記事は見つかりませんでした。